空心菜の思い出

空心菜の思い出

最近は日本でも手軽に入手できるようになった空心菜ですが、私が30歳の頃に中国河南省で陳式太極拳を学んでいた頃は、まだ「空心菜」の存在を知りませんでした。

当時、河南省の野菜市場では夏になると「空心菜」だらけでした。

他にも数種類の野菜がありましたが、とにかく空心菜がメインと言っていいくらい、圧倒的に空心菜の割合が高かったです。

そして、安い。

仕方がないので、ほぼ毎日空心菜を食べることになってしまっていたのですが、なかなか上手に炒められなくて苦労しました。

何度目かの夏を迎えた頃、やっと中国語が流暢に話せるようになったので、太極拳仲間に空心菜の調理法を聞いたのですが、コツがあまりにシンプルだったので、なぜ自分で気づかなかったのだろう、と落胆しました。

そうです、茎がストローのような形状の野菜だから「空心菜」

水に浸して洗えば、当然のごとく空洞に水が浸入する。

だから、炒める前に勢い良く、

「バサッ! バサッ! バサッ!」

と水を切って炒めなければ、水っぽくなってしまって美味しくないのです。

少量であれば、そこまでしなくても普通に炒めて美味しく食べれるのですが、河南省では大量に空心菜を食べる事態になっていたので、丁寧な水切りが必要でした。

唐辛子で辛みをつけても美味しいし、ガーリック炒めも美味しいし、でも私が好きだったのは、シンプルに塩味と河南省特産の「ミックス香辛料」を振りかけた調理法でした。

今でも思い出すと食べたくなります。

日本のキッチンで大量の空心菜を振り回して水切りをしたら、部屋が大変なことになってしまうかもしれませんが、今年は夏になったら二袋くらい買ってきて、当時のように 、

「バサッ! バサッ! バサッ!」

と豪快に水切りしてみようと思っています。

まだ冬なので、ずいぶん先の話しですが、試してみたらまたレポートします!

Related post

  1. It's not my work,it'my passion.

    It’s not my work, it’s …

  2. 2019年の初日の出

    謹賀新年

  3. 43-birthday-asada

    Today is my birthday

  4. 湯シャンの効果で手荒れしなくなった

    湯シャンで手荒れしなくなった

  5. Study English

    英語学習 -Study English-

  6. 差し入れの御節料理

    御節料理

  7. グランドセントラルターミナル

    New York に行ってきました!

NEWS FEATURED POST
  1. killer-whale-redlist
  2. Study English
  3. ツシマヤマネコ
  1. Sky Qigong
  2. Taichi sword
  3. memory of chen master

ARCHIVES