日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌と太極拳の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

当会について

当会の名称
 当会は、「日本中国伝統功夫研究会」といいます。
この名称は、当会の名誉会長である、中国伝統武術八卦掌第五代継承者 麻林城(ま りんじょう)老師が命名したものです。

名誉会長、名誉顧問、会長
(1)名誉会長:麻林城老師 (中国伝統武術八卦掌第五代継承者)
(2)名誉顧問:山口博永禅師
(3)会長  :横山春光
 ※名誉会長、名誉顧問、及び会長へは当会事務局を介して連絡することとします

活動の目的
(1)中国伝統八卦掌と太極拳の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を目指すこと。
(2)中国伝統八卦掌と太極拳の「思想・文化・心身の鍛錬方法」を日本に伝えること。
(3)中国伝統八卦掌の継承者を育成すること。
 ※武術性のみを追求する会ではありません

当会の主な活動
(1)中国伝統八卦掌の後継者育成
(2)八卦掌、太極拳、中国伝統気功・養生の教室を通じた普及活動
(3)執筆、広報活動

程派八卦掌とは

第五代 麻林城

横山春光(八卦掌・太極拳)

資料

中国伝統武術「八卦掌」「太極拳」の学習に役立つ資料

ページのトップへ戻る