日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

皆様へのごあいさつ
日本中国伝統功夫研究会 名誉会長 淺田美代子

日本中国伝統功夫研究会 名誉会長 淺田美代子  この度は当会の公式サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。日本中国伝統功夫研究会 名誉会長の淺田美代子と申します。

 私は幼い頃から武術を学んできたわけではありません、ましてや体も丈夫ではなく、実家の九州より上京し会社に勤めていた頃は、駅の階段も息が切れて昇れないほどの虚弱体質でした。

 体が丈夫でないということは、生きていく上でとても自信を失うものです。

 しかし私は、太極拳に出会い人生が変わりました。

 それまで嵐のように過ぎていた日々が変化しました、自然の力に従うことがとても心地良いことに気がついたのです。

 そして静かに自分自身に問いかけてみました、「自分が本当にやりたいことは何だろう?」  

 でてきた答えは「生命の意味を知ること」でした、そしてその実践方法が私にとって太極拳だったのです。

 その後中国へ渡り本格的に太極拳を学びました。しかし中国武術の本場に渡って初めて自分に合うもの合わないものを目の当たりにし、非常に悩んだ時期がありました。留学生活の焦りから一日8時間も闇雲に練習に取り組んだり、大会に出場するために自分に合わない動きを体に鞭打って練習したり、そのようなことを続け、終には体力と精神力の限界を感じ、行き詰った時期もありました。そして2007年の冬、もう武術を学ぶのは断念しようと諦めかけた時に出逢ったのが、本会の名誉会長でもある、八卦掌第五代継承者の麻林城老師です。

 麻林城老師は、方向性を失い無理な鍛練を重ね衰弱していた私に、こう教えてくださいました。

 「本物の練功とは、人を消耗させるものではない。練功すればするほど、さらにその奥が知りたくなり、精神と身体に幸せをもたらしてくれるものが、本当の練功法である」

 「現代の中国にまだ本物の伝統功夫はあるか? 答えは、ある。そしてそれは次の世代へ向けて伝承していかなければならない、それが私の継承者としての使命である」

 「そして中国伝統功夫とは、単なる武術における技術力を指すだけではなく、人間の智慧と魂が築き上げた天と人が合一する手段である。この中国武術の最高境地を次の世代に伝えなければならない」

 この麻林城老師のお言葉が、諦めかけていた私の心をもう一度奮い立たせてくださいました。

 伝統八卦掌は、決して無理な練習をして体を酷使するものではありません。それぞれの人がそれぞれの生活に適した練習を行うことができます。私は幼い頃から虚弱体質でしたが、今では子供の頃よりも元気な心身で毎日を過ごしています。

 過去を振り返り、あの崖っぷちに立たされていた自分を忘れず、健康の喜びと伝統八卦掌の智慧を学ぶ幸福を、武縁で結ばれた仲間と分かち合いたいという願いを抱き、『日本中国伝統功夫研究会』の日本における活動と共に、これからも自ら精進していきたいと思っています。

2009年、冬・北京
日本中国伝統功夫研究会 淺田美代子

代表紹介

日本中国伝統功夫研究会 代表 田中稜月 日本中国伝統功夫研究 代表・総教練
田中稜月(たなか りょうげつ)

1968年生まれ 青森県出身

プロフィール
役職代表、事務局長、ウェブマスター
武術歴八卦掌
愛読書論語
最終学歴東京大学大学院「中国教育史」
専門分野民法、会社法、行政法、教育法、スポーツ法など

代表から皆様へのごあいさつ

 人としてどう生きるべきか?

 それが、私の子供の頃からのテーマでした。

 そして、歴史学、宗教学、教育学と学び進み、法律学にたどり着きました。

 しかし現代社会は複雑で、私は、イデオロギーの対立、戦争、カルト教団、学校教育の迷走…と世界の袋小路に嵌ってしまいました。

 企業法務の仕事に携わりながらも、法律だけでは「生き方」の問題は解決しない、何かもっと高次の「法則」に依らねばならない、と悶々としていました。

 そのような私にとって、「この世界の法則と一体となる」八卦掌を極めようとされている淺田美代子会長とその八卦掌に出会えたのは幸運でした。

 残りの人生、死ぬまでに何をしたいか? 自分の答えは八卦掌でした。そして2014年6月に、当会の「天人合一」の言葉に導かれて門を叩きました。

 淺田会長は、董海川祖師から続く伝統八卦掌の正統な系譜に位置付く、中国武術界における重要人物です。

 等身大で人懐っこく、とことん優しい姿は太極拳の達人の風格であり、徹底的に合理的で孤高で誰にも到達できない麻林城老師の背中を追って八卦掌に励む姿はまさに八卦掌の伝承者です。

 ぜひ、皆様には、淺田会長の「留学記」や「ブログ」をご覧いただき、「この人だ!」という確信を持って、中国武術を学んでいただきたいと思います。

 私自身、会長の伝統八卦掌の修行に対する姿勢を目の当たりにするにつけ、また自分の年齢や立場を考えるにつけ、「今の自分が成すべきは、自分自身の鍛錬だけではない、成し遂げるべきは、会の理念を実現させ、次の世代へと会長が学んだ中国伝統武術の精神を伝えることなのだ」と思い至り、2016年9月に、当会の代表に就任しました。

 それこそが、先人方が代々受け継いできてくださった伝統八卦掌を学ぶ、自分にとっての本当の意味だと思っています。

 まだまだ未熟ではありますが、これからも継承と伝承の意味を深く見つめ、人生の「時」を見つめながら日々を大切に生き、代表の務めを果たしながら、弛むことなく精進して参りたいと思います。

当会について l  ごあいさつ l  当会のあゆみ

Teaching Kungfu

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

Ryogetsu's Kungfu Staff Blog

代表 田中稜月のスタッフブログ

Meidaizi's Stay in China

淺田美代子の中国武術留学記

八卦掌専門サイト「RASEN」

八卦掌ライフ

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

ページのトップへ戻る