日本中国伝統功夫研究会

太極拳を学ぼうと思い立つ ~誰かに伝えたい~

 会社の休憩時間に、階段の踊り場から見上げた青空に「太極拳」の三文字が浮かんできたその日、私は早速インターネットで太極拳教室を探しました。

 太極拳を習える教室はすぐに見つかりました。1つは大きな団体、もう1つは個人の先生が主催していると思われる教室でした。

 私は何となく、大きな団体よりも、個人で責任をもってしっかりとした考えのもとに指導を行っている先生に習いたいと思ったので、個人の先生の教室を選び、さっそく見学の申し込みのメールをしました。

 返事は直接先生から来ました。「見学でもいいし、途中から体験したくなったらそれでも可能なので、体験に興味があれば上履きを持ってきてください」という内容でした。

 とても嬉しかったことを憶えています。

 それまでの自分の人生を通じて感じてきたたくさんの思い、会社勤めで気づいた「平安」という生き方、そしてその後の自己改革で知った「大いなる祝福」という境地。

 太極拳、という中国伝統思想と体系的な鍛錬法を学べば、その境地をもっと深めることができる、そしていつか人に伝えることができるかもしれない。

 私は、大きな希望をもって、その太極拳教室に体験受講に行くことにしました。

2018年3月11日 追記(未完成 執筆中)

執筆の目的と趣旨

高校卒業までに受けた虐待

社会人になってからの苦しみ

つかの間の希望

人生の転機

太極拳修行 ~美談の陰で~

中国で学んだ武徳という価値観

帰国後の展開 ~会の運営~

怪我、入院のこと

複雑性PTSDの苦しみ

これから中国武術を学ぼうと考えている方へ

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る