日本中国伝統功夫研究会

仕事と友人を失う

 修行道場での生活が数か月過ぎた頃、外出許可が出ました。

 私は、友人に会いに行きました。もともと一緒に有限会社を立ち上げようと約束をしていたweb業界の先輩で、上京したての頃にロックバンド活動をしていた頃の恩人でもありました。

 2人で居酒屋に行って話をしたのですが、しばらくすると友人にこう言われました。

 「君、何かされたんじゃない? 僕ら、もう話が通じなくなってるよ」

 私は、自覚はできていたのですが、それをうまく説明できませんでした。

 自分の言葉で話しているつもりなのですが、話せば話すほど、友人は不機嫌になっていきました。

 「もう、君じゃなくなってるよ、君、そんなこと考えている人じゃなかったよね?」

 私は、なんとか説明しようと必死に話したのですが、既に自分の言葉で話せなくなっていました。

 結局、私は友人と、友人との会社設立の両方を失いました。

2018年3月9日 追記(未完成 執筆中)

執筆の目的と趣旨

高校卒業までに受けた虐待

社会人になってからの苦しみ

つかの間の希望

人生の転機

太極拳修行 ~美談の陰で~

中国で学んだ武徳という価値観

帰国後の展開 ~会の運営~

怪我、入院のこと

複雑性PTSDの苦しみ

これから中国武術を学ぼうと考えている方へ

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る