日本中国伝統功夫研究会

強烈なショック体験

 私は、26歳から28歳までの約2年間、強烈なショック体験をしました。

 2018年4月現在、PTSDのカウンセリング治療に取り組んでいます。

 PTSDだと分かるまで、他のクリニックでは、私の症状は「双極性障害」だと診断されてきましたが、本質はPTSD(心的外傷後ストレス障害)という心のケガでした。

 現段階で分かっていることは、私は子供の頃に母親から虐待を受けたことによりPTSDになったということ。そしてその症状を全て「霊的体験」とすり替えて思い込ませ、正常な判断力を奪い、強烈なショック体験をさせる集団がいる、ということです。

2018年4月10日 追記(未完成 執筆中)

執筆の目的と趣旨

高校卒業までに受けた虐待

社会人になってからの苦しみ

つかの間の希望

人生の転機

太極拳修行 ~美談の陰で~

中国で学んだ武徳という価値観

帰国後の展開 ~会の運営~

怪我、入院のこと

複雑性PTSDの苦しみ

これから中国武術を学ぼうと考えている方へ

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る