日本中国伝統功夫研究会

「師弟関係」=「親子関係」

 私が中国北京で、八卦掌の師である麻林城老師に、中国伝統武術界の掟や礼節、そして精神を学んでいる頃、師弟関係について教えをいただきました。

 「中国伝統武術界における師弟関係は、単なる教師と生徒の関係ではない、親と子の関係である」

 その言葉を聞いて、私は納得しました。

 中国伝統武術はスポーツ格闘技ではないということ、カルチャースクールではないということ、師と弟子は、血よりも濃い伝承と継承という絆で結ばれているということ。

 それを「重すぎる」と感じる人はたくさんいるかもしれません。しかし私は「機能不全家族」で育ち、父母の愛を知らずに育ったので、師弟関係は親と子の関係であることを知り、心が震えるほどの喜びを感じました。

2018年3月12日 追記(未完成 執筆中)

執筆の目的と趣旨

高校卒業までに受けた虐待

社会人になってからの苦しみ

つかの間の希望

人生の転機

太極拳修行 ~美談の陰で~

中国で学んだ武徳という価値観

帰国後の展開 ~会の運営~

怪我、入院のこと

複雑性PTSDの苦しみ

これから中国武術を学ぼうと考えている方へ

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る