2日間で回復 ~最短記録~

3日前に、PTSD治療のために病院に行ってきました。

事前に処方されていたカウンセリング用の薬が合わなかったので、今回のカウンセリングはスライドとなり、医師の診察のみ受けてきました。

初回のPTSDの診断テストの結果は70点(Max.100点)でした。正常値は30点未満なので、重症なのだそうです。

あとはPTSDに起因する2次症状の「うつ」がLevel.4(5段階)。重度のうつ症状だそうです。

Level.3で外出不能になるそうなので、Level.4とうことは、仕事どころか一人でコンビニに行くのもやっとの状態。

医師による正式な診断を受けて、心がホッとしました。

しかし、このような状態でも、診断結果で良かった点もありました。

私はもともと安定した心を持っていて、自分の能力への自信もあり、ポジティブな性格なのだそうです。

PTSDの治療をすれば、もとの自分に戻ることができると聞いて、まだ実感は湧きませんが、それでも少し希望が持てました。

ここまでの診察で、ドクターが繰り返しかけてくれる言葉があります。

「あなたは過去に、幼児期のトラウマ体験を乗り越えて、自己解決の方法を見つけて、そこにチャレンジしています。通常なら、そこで救われたり解決したりしたはずだったんです。でも、そこで信じられないような被害を受けた。そんな出来事に遭ったら、誰でももう2度と社会や人を信じられなくなる。それは当然なんです。そうなる前のあなたはまだ、辛い人生の中でも、社会に対する希望や期待、人を信じる気持ちを持てていた。だから、その頃のあなたにまず戻りましょう」

何度も言ってもらえると、少しずつ認識できるようになってきます。

不思議ですが、ずっと言えなくて苦しんでいたことを、やっと誰かに知ってもらえて、理解と共感を得られ、そして手助けを受けられるようになっても、しばらくはピンとこないのです。

これから、止まってしまった私の人生の時計が進みだすのだろうか?

今は、そんな気持ちでいます。

3日前、病院へ行った夜、予想通り過覚醒(過度の不安や緊張)の状態になりました。

いつもなら、1週間は日常生活に戻れないのですが、今回は2日間で回復しました。

自己最短記録です!

きっと、このブログを始めたことが心の支えになっているのだと思います。

そして、年末にパニック発作を起こして連絡した仲間が、いまでも連絡をくれること。

思えばもう長い期間、密室に閉じ込められたような精神状態でした。

「吐納」

古い気を吐き、新しい気を取り入れる。

自分の治癒力を信じたいと思います。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。