自浄作用という法則

自浄作用のる中毒伝統武術思想

自然や人間には自浄作用という能力があります。

そして、太極拳に代表される中国の伝統武術は、その自浄作用を高める効果があります。

私が最近感じているのは、日本の多くのシステムに自浄作用が働いていないのではないか、ということです。

「いまさらそんな青臭いことを…」

と思ってしまったら、人間としての本来の生き方を放棄することになる、と私は思います。

中国の伝統思想には、

「万物は自然の法則によって存在し活動している」

という言葉があります。

太極拳の理論にも、

「生命在于運動」

という思想があります。

あまりにも整然とされている(ように見える)、現代日本の多くのシステムに、「過剰な自己防衛」と「麻痺」が存在していることを、最近よく感じます。

つまり、システムが大きくなりすぎると、自浄作用が働きにくくなる、ということだと思います。

このことに私は危惧の念を抱いています。

人間としての自浄作用をしっかり維持し、高めていくこと。

私が中国で学んできた、八卦掌や太極拳は、そういうものです。

一人ひとりが少しずつでも、より高い境地に向かって生きていくことで、自然の自浄作用の働きが活発になり、多くのシステムの能力が回復するのではないかと私は感じています。

中国の太極拳界には、「造福人类」(人類に幸福をもたらす)という標語があります。

社会を構築するシステムが、理想を放棄せずに、人々に幸福をもたらすものであって欲しいと私は願っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。