入院生活(頸椎後方固定術)

頸椎脱臼骨折「後方固定術」入院生活(横山春光)

2013年9月上旬。 私は、頸椎脱臼手術の後方固定術という手術を終え、一般病棟で退院に向けて日々色々な検査を受けていました。 徐々に痛みは減っていましたが、それでも毎晩ほとんど眠れませんでした。 しかし、食事は毎食きちんと食べました。 食べれば回復するんだ! そう信じて、必死に食べました。 そして... 続きを読む

再びICUへ(頸椎後方固定術の直後)

2013年8月28日、午後未明。 頸椎脱臼骨折の後方固定術という手術を受けた後、私は再びICUに運ばれました。 手術から目覚めた直後は、寒さと痛みと、それでもなんとか手を動かして、髪を剃られてしまっているはずの後頭部を触り、自慢の黒髪がツルツルに剃られていたショックで、過去の自分はもう死んでしまって... 続きを読む

手術当日(頸椎後方固定術)

2013年8月28日、午前7時30分頃。 私は手術を直前にして、気絶しそうなほどの恐怖を感じていました。 前代表は、私が横になっていた一般病棟のベッドの側に立っていて、同じく恐怖で茫然としていました。 執刀医と数名の医師が、私を手術室に運ぶために訪れたとき、私の感情はすでに停止していました。 後から... 続きを読む

手術までの3日間

2013年8月の夏。 私は頸椎脱臼骨折で救急搬送された東京都内のM病院のICUの中で、天井の不気味な染みをただ眺めながら、他の患者さん達のうめき声を聞いていました。 (事態が呑み込めない…) (家に帰りたい…) (八卦掌と太極拳のクラスに戻りたい…) 自分が命にかかわる大怪我をして、手術をするという... 続きを読む

渋谷の地下迷路「ダンジョン」で迷子になりました

渋谷の東横線の地下迷路(横山春光)

今日は、「四ツ谷・陳式太極拳教室」に体験受講の方がお越しになる予定だったのですが、急用で日程変更になったという連絡が入ったので、教室に行く前に私用を済ませようと外出したら、例の渋谷の東横線(地下迷路)で迷子になりました。 数年前は渋谷から東横線に乗り換えるのは、とてもスムーズでしたよね。 池袋駅も複... 続きを読む