私が抱えている怪我

横山春光の怪我について

私は眼窩底骨折(吹き抜け骨折)と、頚椎脱臼骨折・手術をしたことがあります。

両方とも中国武術の鍛錬中に負った怪我ではありません。

現在は奇跡的に後遺症が軽く、日常生活も中国武術の鍛錬も問題なくできます。

「なぜそんな大怪我をしたのか?」その原因を記録として綴っています。

そして、同じように目に見えない傷を持つ人たちに向けての応援ブログです。

眼窩底骨折(がんかていこっせつ)

眼窩底骨折をした前日の出来事
眼窩底骨折で救急搬送
もう一人の受傷者
加害者による隠ぺい
加害者と受傷者の間で板挟みになる
全治一か月をどう過ごしたか
怪我を隠して「八卦連環掌」の伝承を受ける
見えない傷を持つ辛さ

頸椎脱臼骨折(けいついだっきゅうこっせつ)

過労と罪悪感
怪我をした前日の出来事
目覚めたらICU
医師の宣告
手術までの3日間
手術当日
手術室で目覚める
再びICUへ(頸椎後方固定術の直後)
入院生活
教室に復帰した後の辛さ(応援メッセージあり)