日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌と太極拳の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

『程派八卦掌』~鍛錬方法の紹介~

八卦掌・はっけしょう・横山春光・白蛇伏草

螺旋(らせん)が生み出す動き

 八卦掌の特徴的な動きである「らせん」と「ねじり」の動きは、全身の関節や筋肉を柔軟に使います。経絡を流れる気血の巡りを促し、内臓や血管を健やかに保ち、しなやかな心(精神)と動きを鍛えることができます。

 「らせん」とは方向性を持った円運動のことで、一定の場所に留まることなく常に変化を繰り返す全体的な力です。八卦掌のらせん運動は高度な人体力学でもあり、また心身を高い芸術の域まで培う深い理と実践法を備えています。

未経験でも安心して学べます

 八卦掌第五代正統継承者である麻林城老師より、一子相伝の伝承を受け修行を行っている当会会長の横山春光が指導します。

 八卦掌は太極拳と同じ「内面の気」を鍛える「内家拳」に属します。
 激しい動きや無理な姿勢は行わず、初めは呼吸を整えながらゆっくりと一つ一つの動きに取り組みますので、未経験の成人の方からでも基礎から着実に学ぶことができます。

当会主催『八卦掌クラス』の内容

  1. 「準備運動」
    はじめに八卦掌独特の各関節・筋肉の柔軟運動を行います。この運動から八卦掌独特の動きに馴染んでいきます。

  2. 八卦掌の基本歩型
    「扣歩」(コウ・ブー)と「擺歩」(バイ・ブー)の練習を行います。この二つの歩型が、八卦歩法の基礎となります。

  3. 八卦掌の基本歩法
    趟泥歩(泥の上を歩くような歩法)と、走圏(円を歩く)の練習を行います。集中して歩くことにより全身のバランスを整えます。

  4. 「八大単転掌」八卦掌の基本掌法
    八つの型をとりながら走圏を行います。全身の関節や筋肉の柔軟性を高めます。

  5. 「八大母掌」游身連環掌の套路の基礎となる動き
    「地上に舞い降りた龍」と呼ばれる風格の游身連環掌(套路)の基礎となる動きです。第一掌から第八掌までに分かれ、伸び伸びとした「螺旋運動」が多く含まれています。

  6. 「連環掌」游身連環掌の套路に進むための鍛錬
    八大母掌をさらに発展させた動きです。無数の螺旋運動を繰り返すダイナミックな鍛錬法に取り組みます。

各教室(クラス)案内

 当会では、東京都内にて八卦掌クラスを開催いたしております。
 八卦掌クラスの一覧は下記のページをご覧ください。
 ★【八卦掌クラス】一覧ページ

お問い合わせ

 下記の「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

公式ブログ

日本中国伝統功夫研究会のスタッフが運営するブログです!

教室(クラス)のご案内

日本中国伝統功夫研究会が主催する八卦掌・太極拳教室のご案内です!

資料

中国伝統武術「八卦掌」「太極拳」の学習に役立つ資料

ページのトップへ戻る