日本中国伝統功夫研究会

董海川(とうかいせん)祖師

[資料提供] 八卦掌第五代継承者 麻林城老師

八卦掌開祖 董海川(とうかいせん)祖師
八卦掌開祖

清嘉慶元年-1796年-1882年

 河北省文安県朱家務に生まれ、幼少より武術を学ぶ。

 青年時代すでに高い武功を持ち、各地の高名な師を訪ね有名な山や川を渡り中国全土を旅する。

 董海川は、師を求める旅の途中で、江蘇と安徽の間の深山の密林の中で、異人に遭遇し卓越した高度な武功を授かったと伝えられている。

 苦習数年の後、左旋右転・千変万化の技撃の術に、道家の修練術を結び付けた独創的な武術を編み出した。これが現在の「八卦掌」である。

 この頃、董海川は非常に高い功夫を持っていたが、未だ人に見せる事はなかった。

 修練を終え山を下りた董海川は清朝の睿王府に長年勤める事となった。そしてある深夜、練功を行っている姿をうっかり王府の管理人の全凱亭に発見される。それを耳にした王府院を警備する総主任(名:沙回回)は、董海川に腕試しを申し出るが、まったく手も足もでなかった。彼の奥深く計り知れない高い武功を知った沙回回は、彼に師事し八卦掌を学ぶ。

 その後、八卦掌は広く世に知れ渡り、各門・各派と数えきれないほどの武術の達人が腕試しに訪れたが、誰一人として董海川に勝つ者はいなかった。

 その強さは清朝末期に北京城の武術界に八卦掌の名を刻み込む事となり、形意拳・太極拳と並び、中国の三大内家功夫の一つとなった。

【有名な弟子】
 程廷華、尹福、梁振甫、劉風春、宋永年、魏吉、馬維祺、史立卿、樊鳳勇、など。

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「スタッフブログ」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る