日本中国伝統功夫研究会

水を求めて北京市内を彷徨う

 さて、中国へ渡って1日目の朝です。

「とりあえず初日はゆっくり休みなさい」という武館の方達からのご配慮で、長期滞在することになっている武館の近くの旅館で、待機することになりました。

 パニック状態というのでしょうか、海外で一人ぼっちという緊張からか、私は旅館の部屋の中で、何度も何度もトランクを開けて、パスポートやお財布などの貴重品を確かめる行動が止まらなくなり、気がつくと2時間も同じ行動を繰り返していました。

 脱いだばかりの上着が見つからなくなったり…、パスポートを手に取りながら「これは大事なパスポートです」と、声に出して自分に言い聞かせないと、それがパスポートだと認識できなかったり…、とにかく今までになったことのない状態に陥り、これはまずいと思い、日本から持ってきたお茶を淹れて飲むことにしました。

 しかし、その旅館には飲水器が設置しておらず、お茶を飲むには部屋に置いてあった電気ケトルで水道水を沸かして飲料水にしなければなりませんでした。

 テーブルの上に置かれてあった電気ケトルの中を覗いてみると、石灰化した白い物体が大量にこびりついていたので、恐れおののいた私は、仕方なく外にミネラル・ウォーターを買いに行くことにしました。
(北京の水は石灰分が多いのです、因みに当時2004年頃の中国の加湿器は蒸気でなく冷水散布型の物が多く、知らずに一晩稼動しっぱなしで寝てしまった時は、次の朝テレビや家具が白い粉だらけになって、咳が止まらなくなったことがありました)

 「確か路上にはたくさんの小売部(売店)があって、そこに礦泉水(ミネラル・ウォーター)が売っているはずだ!」と大いなる信念を抱いて、私は旅館を出て街へ繰り出しました。

中国の売店(小売部)

 外へ出るとさっそく一件目の『小売部』を発見しました。

 店員さんに向かって私は勇気を振り絞り、

「我要一瓶礦泉水!」
(ウォ ヤオ イー ピン クゥァン チュェン シュイ!)

と、大きな声で話しかけました。

 中国の紙幣の肖像は全て毛沢東ですが、そのとき私は一番大きい紙幣の100元札(ピンク色)しか持っておらず、どの『小売部』に行っても、1瓶1元の水を売るのに、お釣りを99元も用意しなくてはいけないので、店員さんに面倒がられて断られました。

 しかし、それは後からわかったことで、そのとき私はどうして売ってもらえないのか理由がわからず、

(発音かな? 発音が悪いのかな? “クゥァン”の発音が怪しいのかもしれない、“クゥァン”に注意して、次の店では必ず…、クゥァン、クゥァ~ン!)

と、見当違いな努力を3時間近く続け、結局どのお店でも水は売ってもらえず、喉はカラカラ、足はフラフラの状態で旅館に帰ったのです。

-後日談-
 その日、私が『北京・志強武館』の関係者の方々に無断で、旅館を3時間不在にしたことが『日本人留学生・行方不明騒ぎ』に発展したらしく、それから3か月間、武館と武館から100メートル離れた旅館以外には, 外出禁止になってしまいました。結局、目的の水(飲料水)は旅館の受付に売っており、武館にも備え付けの飲水器があり、水は飲み放題だったのです。

 いついかなる場合でも平常心が大切だ!思い知らされた、北京の第一日目でした。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る