日本中国伝統功夫研究会

CCTV-5 『中国中央テレビ体育チャンネル』に出演

 2004年10月中旬、私が『北京・志強武館』で、秀茜先生に混元太極剣のご指導を受けているとき、『CCTV-5 中国中央テレビ体育チャンネル』の番組取材班が来ました。

 事前に何も知らなかった私は(たぶん説明はあったと思うのですが、私が中国語を聞き取れなかったのだと思います)、いつも通り宿泊していた旅館から、朝9時に武館に向かうと、事務所で秀茜先生に呼び止められて、武術服を渡されました。

(なんだろう? どうしてこれを着るんだろう?)

 なんだかよく分からないまま武館の2階の部屋で着替えていると、秀茜先生がやってきて、私に「1階に行くように」とおっしゃいました。

 いろいろと中国語で説明をしてくださったのですが、私はまだ中国に渡って1か月ほどしか経っていなかったので、ほとんど何も聞き取れませんでした。

 「1階に行くように」という言葉だけは理解できたので、初めて着る正装の武術服の中国ボタンを掛けるのに手間取りながら、1階へ降りていくと、知らない外国人とテレビ局と思われる撮影班が既に撮影を始めている様子でした。

横山春光 CCTV-5 『中国中央テレビ体育チャンネル』

[右後ろにいるのが何も知らないまま武館に入ろうとしている私↑]

 武館に入ると、お会いしたことのない先生方が私と同じ服を着ています。

 (なに? なに? なに? なにが起こるの?)

 何も分からないで、まごまごしていると、秀茜先生が「混元24式を私たちと一緒に演武するように」と、おっしゃられました。

 事態は、おそらくテレビ局の番組取材、私が着ているのは先生方と同じ正装。撮影用の大きなカメラ、スタッフ(のように見える人々)、見物人が写真を撮っているカメラのシャッターの音…

 (に、逃げられない…、もう、やるしかない)

横山春光 CCTV-5 『北京・志強武館』の陳項老師と共に

 (どうして私のような初心者が、雲の上のような存在の先生方と一緒に演武をするのだろう…、そうだ、後ろにいる男性の外国人は、おそらく私と同じ学生のようだ。だから大丈夫なんだろう。きっとそうに違いない)

 そう自分に言い聞かせ、震える足でなんとか演武をやり遂げると、ホッとする間もなく、今度はインタビューが始まりました。

 先生方は、中国人なのでもちろん流暢な中国語でインタビューに答えています。当たり前ですが、当たり前のことも、当たり前ではないことも、もうよく分からないくらいパニックになっていました。

 私の嫌な予感は的中して、マイクとカメラが私の方に向いて来ました。

 パシャ、パシャ、というカメラのシャッター音、大勢の目線、近づいてくるマイク。

 (来る、きっと来る)

 (わぁ~、来た~、無理無理無理無理)

横山春光 CCTV-5 『中国中央テレビ体育チャンネル』に出演

[↑この取材のとき、私の年齢は28歳でした]

 結局、私が発した片言の中国語は、

 「我身体特别弱」
 (私、身体、弱い、デス)

 「所以练混元太极拳,我身体越来越好」
 (ダカラ、混元太极拳を練習する、私、身体、どんどん良くなる)

 ……

 その場に居合わせた人は、みんな苦笑いをしていました。

 そして、次に一緒に演武をした男性の外国人の方がインタビューを受けていました。

 その人は、マイケルさんという名前のようでした。

 (きっと上手な中国語で答えるんだろうな~、私だけ中国語が話せないから恥ずかしいな~、申し訳ないな~)

 そう思って遠くから眺めていると、マイケルさんが落ち着いた様子で堂々と話していた言葉は…

 英語…

 英語です、イングリッシュです、English Desu! 中国語ではありません。

 (えーーーっ、それってアリだったの? そんなー、私も日本語でよかったのかなぁ。それとも英語は世界共通語だからアリなのかなぁ?)

 何も分からないまま、私たちの取材は終わり、後半は馮志強(ひょう しきょう)老師がお越しになって、取材班はずっと馮志強老師を取材していました。

 -後日談-
 この取材は数日後に放送されたらしく、このあと数週間もたたないうちに、近くのレストランで昼食を摂っていると、店員の人たちに「あ、あなたテレビに出てたでしょ! 観たよ! 中国語喋れるんだね~」と言われました。2008年の北京オリンピックに向けた特集番組だったそうです。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る