日本中国伝統功夫研究会

馮志強老師の紹介VCDに出演

 2004年10月下旬、中国へ渡って約1か月後。

 この頃は、毎日のようにイベントが発生していました。

 つい数日前に、通っていた『北京・志強武館』で『CCTV-5 中国中央テレビ体育チャンネル』の番組に「おまけ出演」「CCTV-5の番組に出演」を参照)をしたと思ったら、今度は別の撮影に立ち会うことになりました。

 この撮影のことも、私は事前に何も知りませんでした。たぶん武館の事務局の人から何かしらの説明はあったと思うのですが、やはり私が中国語を聞き取れなかったのだと思います。

 毎日が驚きの連続でした。

 その日、いつものように朝ご飯を済ませたあと『北京・志強武館』に向かうと、館内はたくさんの人々で賑わっていました。

 (武館に人がたくさん集まっているときは、必ず何かが起きる…)

 中国へ渡って、まだ約1か月ほどでしたが、武館通いに慣れ始めていた私は(今日もきっと何か大変なことが起こるに違いない)と予感しました。

 その予感は的中し、私は日本の訪中学習団の方々を背に、馮志強(ひょう しきょう)老師に、混元太極拳のご指導を受けている様子を撮影されることになりました。

馮志強老師の紹介VCDに出演(横山春光)

 (あわわわわわ、また大変なことになってしまった。これは何の撮影なんだろう?)

 私は、それはそれは緊張して、緊張の極度にまで至って、混元太極拳の最初の動作の「無極起式(むきょくきしき)」の後の「金剛搗碓(こんごうとうたい)」で、既に倒れそうでした。

 もちろん、私は『北京・志強武館』に通っている訳ですから、それまで馮志強老師には何度もお会いしたことはありました。ご指導を受けたこともありました。

 しかし、馮志強老師は中国伝統武術界の中でも非常に有名な老師で、その名を知らない武術家はいないというほど有名な老師です。

 (私の未熟な動作が映像化されて、多くの愛好者の方々の目に触れてしまったらどうしよう。こんなにヒョロヒョロで、大変申し訳ない…)

 いつも私たちに安心感を与えてくださる、優しい雰囲気の馮志強老師が、その日は大変厳粛なご表情でいらしたので、私はやはり武術家とは優しさだけではないのだ、ということを知りました。

 -後日談-
 当時、私は28歳でした。中国人女性の結婚適齢期は一般的に20代前半だったので、28歳を過ぎて結婚もしないで太極拳の修行をしている私は、とても不思議な存在だったらしく、賛否両論、いろいろな噂が流れていました。
 しかし、馮志強老師や、その後武縁に恵まれて教えをいただいた老師方は、いつも私の求学心を理解してくださり、応援してくださいました。
 たとえ人生にどんなことがあっても「誰にも奪えないもの」、それは「求学心」だと私は思います。
 そして、このときの撮影ですが、馮志強老師の紹介VCDに収録されていました。何年も後に偶然入手したVCDを観ていたら、自分が映っていたのでびっくりしました。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る