日本中国伝統功夫研究会

無形の境地に戸惑う

 2004年11月中旬。

 『北京市・志強武館』にて、陳項(チェン シィアン)老師に混元太極拳48式を学び始めてから、私は毎日迷走の日々を送っていました。

 「これは素晴らしい太極拳だ」と、ひしひしと感じるのですが、陳項老師の型を超えた無形の境地は、どこをどう学べばよいのか、まったく分からないのです。

 陳項老師の行う柔らかく重厚な円運動は、どこからどこまで、といった型の区切りが無く、また動くスピードも陳項老師の内面の気の流れに沿って変化するため、時には速く、時には穏やかに、そしてある時は深く深く丹田に帰っていくようでした。

 どのようにしてその動きを学べば良いのか、当時の私には皆目検討もつきませんでした。

 陳項老師の後方に立って一緒に動けば、初心者の私ですら、その深遠なる混元太極拳の喜びを僅かにですが感じることができます。

 しかし、それは心地よい水流に浮かび、流れのままに身を任せて舞っている木の葉のようなもので、その流れが止まれば心地よい時間も終わってしまいます。

 「どのようにして学べば、陳項老師のあの心地よい気流を生み出すことができるのだろうか?」

 中国語も殆ど聞き取れず、ひたすら何回も教えられた型を繰り返し練習することしかできなかった私は、次第にスランプに陥ってしまいました。

『北京市・志強武館』の陳項老師に混元太極拳を学ぶ横山春光

 例えば、太極拳の基本歩法の「弓歩」「四六歩」「虚歩」ですが、混元太極拳は内面の感覚を非常に重要視しているため、外形への要求がそれほど厳格ではありません。

 陳項老師に質問をして、歩法を修正していただこうとしても、ほんの少ししか直してもらえません。

 手直ししていただいた後も、未熟な私にはそれがどうして正しいのか、体感できません。

 納得のいかない顔をしていると「あとは自分の感覚で立ちなさい」と言われます。

 太極拳を学び始めるまで、子供の頃に習っていた日本舞踊と、実家の近くの川で泳いでいた経験以外は、ほとんど運動経験がなかった私にとって、「内面の感覚」というものが、どのようなものなのか、正直言ってまったく分からなかったのです。

 正確な外形が学びたい、そう強く思いました。

 「つま先を外へ何度開くのか?」
 「腕をどの角度で上げるのか?」
 「どの動きが誤りで、どの動きが正しいのか?」
 「何も分からない初心者の私に、はっきり指し示して欲しい!」

 天下の馮志強老師の得意弟子である陳項老師に対して、大変図々しいお願いだとは分かっていましたが、スランプに陥っていた私は、そう思うことしかできませんでした。

 しかし『北京・志強武館』に通っている多くの学生達が、陳項老師と一対一で混元太極拳の指導を受けている私に、「君が羨ましい」「チャンスがあれば私もぜひ陳項老師に学んでみたい」と入れ替わり立ち替り、語りかけてくるのです。

 皆さんの気持ちを知った私は、申し訳ないやら、情けないやらで、落ち込んでしまいました。

 「私は一体どうすればいいのだろう?」
 「私はそもそも、陳項老師のご指導を受ける能力がないのではないだろうか?」

 すっかりスランプに陥ってしまっていた私は、「気」「内面の感覚」「丹田」といった、目に見えないものを表現する言葉に対して、強い不安と恐怖を感じるようになりました。時には激しい苦痛を感じ、逃亡したいという衝動が起きることもありました。

 中国に渡る直前に住んでいた修行道場でも、目に見えないものを表す言葉で、自分の考えを失いかけたことがあったので、PTSDのフラッシュバックの症状が出ていたのかもしれません。

 しかし、そんな私に、ある日、混元太極拳の最高の境地を目の辺りにし、その素晴らしさによって、全ての迷いが吹っ切れる瞬間が訪れたのです。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る