日本中国伝統功夫研究会

混元太極剣の試験

 2004年11月下旬。

 秀茜先生に「1か月後にみんなを集めて剣の試験をしますから」と言われてちょうど1か月が経った頃、いつものように私が『北京・志強武館』で混元太極拳の練習をしていると、事務所から出てこられた秀茜先生は私を見つけ「明日の午後5時に授業が終わった後、剣の試験をしますから、準備しておくように」と、簡潔におっしゃって帰って行かれました。

(い、い、いよいよ、試験の日が来てしまった)

と、ただちに緊張状態になった私は、

「でも、剣の試験って一体、どのような内容を試験されるのだろう?」

と、根本的な意図がよくわかっていないまま、翌日の試験のために、疲れを吹き飛ばすように最後の復習に取り組みました。

 それまでの1か月の間、私はただ1つだけ、秀茜先生に授業中に何度も指導されたことを心に置いて、練習をしていました。

「もっと緩急をつけて! 剣は「拳」ではない、剣は「剣」なのよ! 眠たくなるような剣では、いっそのこと捨ててしまいなさい!」

 その中国語の響きを思い出しながら、毎日のように剣を持って「剣と拳の違い」を知ろうと一生懸命練習しました。

 当時、まだ体力がなかった私は、混元太極剣の套路(型)を、最初から最後まで通して練習するだけでも、かなり疲れていました。

 でも、挫けずに何度も繰り返し練習を重ねていると、不思議とある時点から体が自由になる感覚を覚えていました。

 それは、ランナーズハイのような強烈な運動の後に訪れるものではなく、何気ない円の動きを行っているときに、ふっと「私は自由だ」と気づくような、自然な感覚でした。

 しかし、

「練功によって生じる感覚を、意識で追いかけてはいけない」

と、陳項老師に繰り返し諭していただいていた私は、その「感覚」に囚われないよう心掛け、秀茜先生にご指導いただいた動作を行えるようになるために、上半身が放松(リラックス)できるための脚力強化や、剣の勁が途切れないための基本功を、日々練習していました。

 翌日、いよいよ試験の時間が近づいてくると『北京・志強武館』には、太極拳の生徒だけでなく、武館と同じ敷地内にある按摩学校の生徒達も集まって来ました。

 その中には、馮志強老師のお孫さんまで訪れていて、私は「これは相当緊張するに違いない」と不安になったのですが、秀茜先生が武館に入ってこられ、何の前置きもなく試験が始まると、意外にも私はまったく緊張せずに済みました。

 とにかく、私はその1か月間、一生懸命練習したのです。上達していようが、していまいが、それ以上でもないし、それ以下でもないのです。今できることは全てやったのです。

 混元太極剣の独特の円運動の効果なのか、私の心境のせいなのか、清々しい気分で混元太極剣48式の演武を終えると、秀茜先生は大きな拍手をしてくださいました。

「もう一回やったら本当の実力が出せたわね! でもこれで十分、これからもその調子で頑張って精進しなさい!」

と言って、私の肩を組んで激励してくださり、私の試験を見ていた生徒達に向かって、

「横山(ホン シャン)は、1か月でここまでやったのよ!」

と言って、意気揚々と帰って行かれました。

 中国北京へ渡って初めて、太極の門へ向かう長い長い階段を、一段だけ上がれたような気がした私は、

「日本でも、北京でも、色々大変だったけど、やっぱり来て良かったなぁ」

と嬉しくなり、その日だけは明るい気持ちで、一人ぼっちの食堂での夕食も、楽しく食べることができました。

-思い出-

 私が当時、毎日通っていた食堂の近くに、時々姿を現すオッドアイの白猫がいました。
 中国語で猫はマオ(mao)と言います。一般に呼びかける時は、猫咪(マオミー)か、子猫の場合、小猫儿(シャオ マオ)といいます。

『北京市・志強武館』の近くにいたネコ(横山春光の中国武術留学記より)

 この食堂に現れる白猫ちゃんは大人しくて、いつも私の愚痴や弱音を聞き流してくれました(オッドアイの白猫は青い目の側に耳が聞こえないことがあるそうです)
 憶えたての新しい中国語の練習相手をしてくれるのも、いつもこの白猫ちゃんでした。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る