日本中国伝統功夫研究会

北京の大気汚染と胃痛

 2004年12月上旬。

 私が中国へ渡った2004年は、2008年北京オリンピックが開催される4年前でした。そして、当時の北京市の大気汚染は凄まじいものでした。

 深刻な日は、昼間でも30メートル先がぼやけて、はっきり見えないほどでした。

北京の大気汚染と胃痛(横山春光の中国武術留学記)

 私が育った九州宮崎の過疎地は、コンビニもないような田舎町(村)で、蛍の里と呼ばれる地域でした。

 そんな田舎育ちの私が18歳で上京した直後は、東京の空気ですら身体が耐えられず、喉が1か月近くも腫れて、水を飲むのも辛かったほど身体症状が出ていました。

 私は、当時の北京のあまりの空気の悪さに(果たしてここで生存できるのだろうか?)と、毎日怯えていました。

 中国へ渡って2か月後には、手の親指の下のふくらんでる部分が「青緑色」になりました。

 按摩学校の生徒の友人に聞くと、「肺」と「胃腸」の調子が悪いのだろうと言われました。

(おぉ、中医学ではそう分析するのか!)

と、思っていると、案の定、『北京・志強武館』で混元太極拳の練習しているときに、突然の胃痛に襲われることが頻繁に起こるようになりました。

 胃痛は、慣れない中華料理や、海外生活によるストレスが原因なのかとも思いましたが、原因はともかく、朝から晩まで際限なく排気ガスを吸わなければならないのが、辛くて辛くて仕方がありませんでした。

 相手が空気だけに、室内外どこにも逃げる場所はなく、特に『北京・志強武館』で「降気洗臓功」を練習するときには、心理的に耐えがたくなり、陳項(チェン シィアン)老師に、

「老師! 空気不好、対身体不好!」
(老師! 空気が悪いです、身体に悪いです!)

と、失礼千万なヒステリーを起こしてしまうことも度々ありました(大変申し訳なかったです)

 お気に入りの白い上着は、1日着ただけで灰色になり、鼻の中は真っ黒になり、毎日髪を洗わないと、夜は髪に染み込んだ排気ガス臭で眠れない状態でした。

 部屋の中にいても何処にいても常に排気ガスの恐怖に怯え、旅館の外の植え込みの薔薇が埃と排気ガスで灰色になっているのを発見したとき、驚愕で叫び出しそうになりました。

 とにかく一口でもいいから清浄な空気が吸いたいと、毎日朦朧とした意識の中で思い続けました。

 しかし、日本から来た太極拳学習訪中団の年配の方々が、

「懐かしい、戦後の日本もこんな感じだった」

と言っていたのを思い出すと、いつも、

「こんなことで挫ける訳にはいかない」

という気持ちになりました。

 それ以外にも、北京市の古い生活様式を残した裏通りで見かける人達が、とても楽しそうな笑顔で生活している様子を見ると、空気に文句を言う自分が悪いような気がしました。

 胡同(細い路地)に干されている裏返しの衣類(表を向けて干すと埃で汚れるため)、日向ぼっこをしながらご近所の仲間達と編み物とお喋りに花を咲かせる女性達、古い木の椅子を何日もかけて楽しそうに修理するお爺ちゃん、毎日ブルース・リーのような格好でサンドバッグを殴りながら、その合間に自転車修理の仕事をするお兄さん。

 みんなみんな、私の目にはとても活き活きと楽しそうに見えました。

 そんな、北京の人々の生活スタイルを、按摩学校の友人はこう語っていました。

「みんなね、生活を楽しんでいるんだよ、中国人はどんな逆境においても生活を楽しむことを忘れないんだ」

 中国語で「熱愛生活」と言うそうです。

「老百姓(庶民)が環境を変えることはできない、適応する以外の方法はない」

「だから、知恵を絞って、工夫をして、日々の生活を楽しもう」

 私は、その言葉を聞いて、良い意味でも悪い意味でも、どちらでもなく、日本と中国の違いを感じました。

 環境に文句ばかりを言っている私、環境に文句を言わないで楽しもうとしている人たち。

 環境は変えられない、けれど前向きに良い行いを続けることはできる。

 私は、そう考えました。

中国でよく見かけるペキニーズ(横山春光の中国武術留学記より)

 北京の路地では、汚れたペキニーズをよく見かけます。

 本当は白い毛なのでしょうが、灰色になっていても愛らしい仕草で人の心を和ませてくれます。

 汚れているにもほどがある(笑)でも、とても可愛い。

 清潔で健全に見える日本で、PTSDになるほどの心の傷を受けた私にとって、どんなに北京の空気汚染が辛くても、微塵も日本に帰りたいとは思えませんでした。

 古代中国人は、この世界を良く観察、分析、統計し、そして自然と向かい合い、心を静めて瞑想することにより、完全なる宇宙という森羅万象の真理を悟りました。

 そして永い年月をかけて体系化し、学問として思想・哲学・実践法など、数々の智慧を私たちの世代まで伝えてきました。

 私は次第に、中国文化に対して敬愛の念を抱くようになったのです。

 つづく

中国武術留学記

中国へ渡ることになった経緯

你好,北京!

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る