日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

優しい卢春先生

 2004年9月22日、北京へ到着し二日目の朝、いよいよ太極拳の学習をスタートすべく、朝食をすませた私はトコトコと旅館から歩いて30秒の『北京・志強武館』(陳式心意混元太極拳の創始者である馮志強老師が創設した太極拳武館)へ向かいました。

北京市・志強武館(陳式心意混元太極拳)  この武館は馮志強老師のお弟子さんが開校した按摩学校と同じ敷地内に建てられており、中にはたくさんの学生達が毎日中医学や按摩を学んでいました。 後にみんなと仲良くなり、よく按摩の実技授業を見学させてもらったりしたのですが、学生時代登校拒否になってしまい友達ができなかった私にとって、初めて同級生と楽しく過ごす日々を送れた、幸せな思い出の場所となりました。

 そして記念すべき太極拳学習の一日目に、私の専属教練として来てくださった先生は、卢春(ろ しゅん)先生という本業は鍼灸師の先生でした。

 男性の先生ですが、とても紳士的な雰囲気の先生だったので、少し安心したのですが、授業が始まってみると、広い武館に私とその先生だけ、そして卢春先生の素晴らしい北京語のイントネーション・・・、北京の男性の発音は巻き舌が強く少しこもった発音をするので、当時の私には「うぉん・うぉん・うぉん」としか聞こえず、何をお話しになっていらっしゃるのか?それはもう綺麗さっぱりチンプンカンプンでした。

 現地の中国語は、訪中前に数百回に及ぶほど繰り返し聴いた中国語のCDと、発音やイントネーションが全然違うように聞こえるのです。

 パニックになってオロオロして何一つ中国語を理解しない私を見た卢春先生は、「これは無理だ」と判断したのか、突然「イングリッシュ」と呟いたかと思うと、

 「ストマック! リラ~ックス」

 「ディス・イズ・レバー! ソフト・ブレース」

と体のあちこちを指差しながら、英単語で説明をされ始めました。

 何となく意味はわかるようなものの、それでは何かがとても台無しになってしまうとパニックながらに感じた私は、

「老師、我要学習漢語、請您用漢語」
(先生、私は中国語を学ばなければならないので、どうか中国語を使ってお話をしてください)

とまったく流暢ではない中国語でお願いをすると、卢春先生は直ぐに理解して下さり、その後はずっと中国語で話しかけて下さいました。

 どうやら中国語を聞き取ることはできなくても、自分の意思を中国語で伝えることは可能なようなのです。しかし私は授業を受けに来ている訳ですから、先生のお話を聞き取れない事にはまったく学びになりません。

 こうして広い広い武館の中で、優しい卢春先生と、ひたすら頭を下げながら「対不起(ごめんなさい)」「听不懂(聴いてもわかりません)」を連呼する私の、すったもんだの太極拳学習が始まったのです。

-後日談-
 この卢春先生には始めの7日間だけ太極拳を指導して頂いたのですが、結局7日間を通して中国語がわからなかったので、殆ど太極拳の内容は何も学べませんでした。ただ、最後の日に、毎日毎日何一つ中国語が聞き取れない苦しさと、申し訳なさと、海外で一人ぼっちという不安から疲労困憊になって授業中にポロポロと涙をこぼしてしまった私を見て、卢春先生は目を真っ赤にして一緒に泣いてくれました。  それからの残りの授業時間は太極拳の指導はもうやめて、私が始終首からぶら下げているミニ・ノートに、たくさんのたくさんの、私が生活する為に必要な中国語を絵入りで書いてくださいました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る