日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

北京市内へお出かけ

 秀茜先生の混元太極剣の特訓が一旦終了した私は、武館と歩いてわずか30秒程しか離れていない旅館との往復の日々に神経が限界に達しており、外出禁止の言いつけ(「水を求めて市内を彷徨う」を参照)を破って、按摩学校の生徒にお願いをして、北京市内へ観光に出かけました。

 「你想去哪玩儿?」(どこに遊びに行きたいの?)

と友人に聞かれた私は、すぐに

 「我想去书店!」(本屋さんに行きたい!)

と答えました。

 市内バスに乗って、北京で有名なショッピング街の王府井へ向かうと、毎日武館で太極拳の練習ばかりしている日々とはまるで違う華やかな雰囲気に心が弾み、嬉しくて嬉しくて踊りだしそうになりました。

北京市・王府井  “新華書店”へたどり着いた私は友人に薦められ、まずは児童書コーナーへ向かいました。

 子供向けの『水滸伝』や『西遊記』などの本は当時の私にはまだ難しく、とても読めそうになかったので、奥にある絵本のコーナーへ向かうと『100万回生きたねこ』という絵本を見つけました。私はとても猫が好きだったので、友人に中国語の解説をしてもらいながら読んでみることにしました。

 かなり有名な絵本だというのは後から知ったのですが、このとき私は初めて読んだので、ラストで感極まってしまい「グスグス」と泣いてしまうと、隣で一生懸命に解説をしてくれていた友人は大変驚いて「泣かないで、泣かないで、泣くと体に悪い!」と言って慌てて私を本屋から連れ出してしまいました。

北京市・天安門広場・人民大会堂  私はもう少し絵本の中のねこの気持ちに浸っていたかったのですが、友人に急き立てたれ王府井からまたバスに乗り、今度は天安門広場の西側にある“人民大会堂”へ向かいました。

 途中で“糖葫蘆”(タンフールゥ)という山査子(サンザシ)版りんご飴のような中国伝統のお菓子と中国の国旗の小旗を買い与えられ、初めて食べる甘くて酸っぱい糖葫蘆の味の物珍しさと、可愛い旗と記念写真を撮ったことで、私はすっかり気分が良くなりました。

 その姿を見た友人は安心したのか任務終了とばかりに「さぁ、外は空気が悪いから、体に良くないから、はやく武館に帰って休んだほうがいい」と言って、まだ午後の2時だというのにバスに乗って武館に戻ることになりました。

 つかの間の気分転換を過ごし旅館へ戻った私は、着替えを済ませ、のんびり休憩しようとベッドに横になると「ガンガンガンガン!ホンシャン(横山)!ザイマ?(いるの?)」というけたたましいノックの音と呼び声が聞こえてきました。

 驚いてベッドから飛び起き、慌ててジャージに着替え直しドアを開けると、そこには太極拳武館の事務員の女性が目を輝かせて立っており「陳項老師が武館に来たよ!」と言って、私に急いで老師に会うように言付け、武館へ戻って行きました。

 何事かと思い急いで武館へ行くと、館内には西日が差し込んでいるだけで誰もいません。(何か私、また聞き間違えたのかなぁ?)とキョロキョロしていると、外から話し声が聞こえ、ドアが開き、強面の熊の様な歩き方の男の人と、そのお弟子さんのような男性2人が武館へ入ってきました。

 この強面の熊の様な歩き方の老師が、後に私に初めて「天人合一」の境地を目の当たりに見せて下さった陳項(チェン シャン)老師だったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る