日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

冬物を買いに

 北京へ渡り2ヶ月が経ち、日本から持っていった小さな手帳の日付が11月を迎えた頃、秋物の服しか持っていってなかった私は、武館で会う人会う人に「你穿的太少了、多穿点衣服、要不会感冒的」(そんなに薄着をして、もっと沢山着なさい、でないと風邪を引いてしまうよ)と注意をされていました。

 一度武館の事務員の方に、市内にある“秀水街”という大きな商店街へ連れて行って貰ったのですが、売っている服が殆ど外国人向けのお土産用の服だったので、結局一着も買えずに帰ってきてしまったのです。

 事あるごとに薄着を注意され、しまいにはお説教までされてしまい、また実際に寒くなってきて耐えられなくなった私は、意を決して武館から歩いて30分程の所にある筈の大型スーパーマーケットに服を買いに行く事にしました。

 その日、夕方5時に練習を終え、旅館へは戻らずにそのまま大通りへ出ると、空は無機質にどんよりと重く、帰宅ラッシュの北京中心部の道路は100メートル先が排気ガスで灰色にぼやけており、鼻を突く濃い排気ガス臭が漂っていました。(2008年の北京オリンピック後は、北京の空は青くなりました。)

 その光景の不気味さと、自分が方向音痴な事を思い出した私は、一瞬恐怖で足がすくんでしまったのですが、冬物の服はいつか買わなければならないし、武館の人達もとても忙しそうなので、行くしかない!と気持ちを奮い立たせて出発しました。

 「诶、春光!你去哪儿了?」
 (おーい、春光!どこに行くの?)

 トボトボと不安そうに歩いていたのが目立ったのか、歩き出して5分と経たない内に、按摩学校を終えた生徒の一人に後ろから発見され声をかけられました。

 「我要去买衣服・・・」
 (服を買いに行こうと思って・・・)

 突然声をかけられてビックリしたのと、相手が山東省訛りのある、それも陳項老師について太極拳を習っている王君だと知り、また勝手に外出したのが武館の人にバレてしまう、と心配した私は、その場で言葉が出なくなりモゴモゴしていると、王君は「我帯你去!」(僕が連れて行ってあげるよ!)といって、乗っていたボロボロの自転車の後ろに私に乗るように言いました。

 それは武館で噂になっている程の骨董品級の自転車で、二人乗りなんてしようものなら何が起こるかわからないような状態だったのですが、断るにも何と言っていいのか中国語がわからず、また断ったら王君を傷つけてしまうのではないかと思った私は、おとなしく自転車の後ろに乗り、物凄い勢いで後ろから追い越して行く車と、ガタガタと凄い音を立てて走る自転車に震え上がりながら、なんとか大型スーパーマーケット「家楽福」に辿り着きました。

北京市内の大型スーパーマーケット「家楽福」  初めて中国の大型スーパーの中に入って、まず驚いたのが、食用油の棚でした。樽といってもいいような大きさの容器に入った黄色い液体が、広大な敷地一面に陳列されていました。「トウモロコシの油」「大豆の油」「落花生の油」「見たことのない油」が沢山並んでいました。

 山東省訛りの王君は天真爛漫な性格の男の子で、外国人で言葉があまり分からない私をまったく気にせず、じゃんじゃん自分の買い物をしていました。

 私にスーパーの中を案内してくれているのか、ずっと喋りっ放しの王君は、返事ができない私を物ともせず連れまわし、必要なものを籠に入れ、レジへ行って会計をすますと、次は衣類売り場の3階へ連れて行ってくれました。

 大量の衣類を目の前に、私が迷っていると王君は、「もう疲れたから早く買って帰ろう」と言って、有無を言わせず私に一着のダウン・ジャケットを渡し、レジへ連れて行きました。

 何はともあれ、これで旅館へ帰れると思った私は、おとなしくレジでお金を払い、一人で帰れるから大丈夫!と強力に身振り手振りで王君に伝えるも、結局またガタガタ自転車に乗せられ、武館の入り口まで運ばれていきました。

 入り口で自転車を止めた王君は、突然「下吧!」と私に自転車を降りるように言うと「我有事、去一趟武館。」(僕は用事があるから一度武館へ寄ってくる)と言って振り返りもせず自転車をこいで武館へ入っていってしまいました。

 相手に親切にして貰ったらお礼を言ったり、帰り際にはちゃんと挨拶をする習慣しか知らなかった当時の私は、(あ、あ、あ、挨拶をしていない、お礼も言ってない、王君はきっと直ぐに用事を終えて、武館から出てきて、私に何か言って帰るのだろう。)と判断し、暗くなりビュービューと北風の吹き始めた武館の門で王君を待ちました。

 しかし、待てど暮らせど王君は一向に武館から出てきません。

 練習疲れと、買い物疲れと、晩御飯を食べていなかった私は、寒さと疲労で座り込んでしまいましたが、それでも「お礼を言わなければ、失礼な人だと思われてしまう。」という100パーセント日本人の感覚が、そのまま帰ることを許さず、結局一時間近く待ち続けました。

 そして、とうとう武館から出てきた王君は、哀れな私を見つけると、

 「你干什么?快回去休息吧!」
 (なにやってんの?早く帰って休みなよ!)

 と言うと、また自転車を止めもせず、走り去ってしまったのです・・・。

 ずっと後に知ったのは、中国では普段の生活の中で滅多に「謝謝」や「再見」は言わないのです。そして「こんにちは」にあたる「ニーハオ」すら言いません。

 この様な小さな勘違いから大きな勘違いまでを繰り返し、私は少しずつ中国人の感覚を学んでいったのです。

 異文化を学ぶのに、まず何が正しいとか、何が間違い、とかを自分の価値観で考えては学べませんでした。目で見て、耳で聞いて、心で感じて、一生懸命真似をして、そうして何かが見えてきて、少しずつ身に付いてゆく。

 その学習方法は常に正しかったという事を、後の留学生活の数え切れない挫折の中で、何度も何度も思い知らされました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る