日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

引きこもり状態

 北京へ渡り3ヶ月が経ち、留学生活に少し慣れてきた頃、とあるきっかけから一週間ほど旅館に引きこもり状態になってしまった事がありました。

 原因は、武館で一番仲が良く、色々と世話をしてくれていた友人が、「幼馴染の結婚式があるから、暫く地方へ行ってくるね。」とだけ簡単に言い残して、突然いなくなってしまった事でした。

 当時の連絡手段はPHS電話だったのですが、地方へ出てしまうとPHS電話は使えません。行く先も、いつ戻るかも、何も言い残さないで行ってしまった友人の行動がまったく理解できず、いなくなってから2日もすると、突然何もかも無気力状態になってしまいました。

 海外へ出て、わからない事の連続で、色々な事を一生懸命理解しようと努力していた反動で、心が疲れてしまったのかもしれません。

 友人が去ってしまい、いつ戻ってくるのかも分からない喪失感から、夢中だった太極拳にも興味が持てなくなり、食欲もなくなり、徐々に起き上がる気力も無くなり、毎日ベッドで横になって水だけ飲んでいるような状態が一週間程続いた頃、とつぜんPHS電話が鳴り、友人から「北京に戻ったよ!」という報告がありました。

 島国の日本人からすると、何日もかけて出かける事は大旅行に匹敵する(と思う)のですが、大陸の中国人からすると「ちょっとそこまで」感覚らしいのです。

 いや、しかしそれにしても、あまりにも落ち込み方が激しすぎるんじゃないかしら、と思った私は、また持病の不安症が出たのではないかと思い、思うとまた余計不安になり、いてもたってもいられなくなったので、思い切って服を着替えて顔を洗って武館に向かいました。

 武館へ現れた憔悴しきった私を見た友人は、

「你怎么搞的!怎么这个样子、我走的时候不是好好儿的吗!」
(どうしたのその姿!私が出かける時はあんなに元気だったのに!)

 と言うとヨロヨロしている私の肩をつかみ、食堂へ連れて行き、呆然とする私に春雨の入った白菜と豆腐の鍋を注文してくれました。

 おとなしく食べている私を見つめていた友人は、静かに私に言いました、

「我不知道你以前在日本过的什么日子。可是你要想开一点吧」
(君が日本でどんな生活を送ってきたか知らないけれど、もう、ふっきってしまおうよ。)

 思いがけず心の奥に触れられた気がして胸が熱くなった私は、鍋の湯気と涙で「ウァウァ」といった(恐らく)とてもみっともない顔になり、それを見た友人は「泣かないで、泣かないで!」と慌てて、滑稽な表情をして私を笑わせようとしてくれました。

 それから長い時間、その食堂で友人は子供時代の話を聞かせてくれました。子供の頃、夏は実家のスイカ畑の見張りを毎晩番犬と一緒にしていた事、ある日スイカ泥棒を見つけて追い払った事、小さな見張り小屋で蚊に刺されながら月と犬と一緒に寝た事。秋には毎日畑で出来たトウモロコシを食べた事、私は中国語があまりわからなかったので、友人は身振り手振り、表情まで加えて、私が理解できるまで丁寧に何度も何度も笑顔を絶やさず話しかけてくれました。

北京動物園で白孔雀と一緒に  そして翌日は朝から武館に小籠包を大量に持ってきて、私に無理やり食べさせると「動物園に行こう!」と行って仲間数人と北京動物園へ連れて行ってくれました。

 引きこもり明けのヨロヨロの私は、動物園に行くまでのバスの中で酔ってしまい、また動物園の動物達も半分はノイローゼ状態にあり、それを見た私は思いっきり感情移入してしまい最悪の気分になったのですが、途中で白い孔雀を見かけた時、その姿があまりに美しかったので、足を止めて見とれてしまいました。

 この日見た白孔雀の美しさは、一生忘れられません。

 帰りのバスの中で友人達は「きっと太極拳は君の心と体を健康にしてくれるよ。」と励ましてくれました。

 この後も、私は何度も何度も中国で引きこもりになったり、鬱状態になったり、強迫観念症になったりして、すったもんだの日々を送りましたが、その分、元気に太極拳を練習できる時は至極の喜びを感じました。水のように静かで、風のように軽やかで、鞭のようにしなやかな時は、生きる喜びを全身で感じました。

 両親に愛される時間を持てなかった私が、唯一何かに包まれている事を感じられる時間が、太極拳をしている時だったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る