日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

故宮博物院を観光

 ビザの更新の為、一時帰国を控えた2004年12月、やっと北京の朝陽区に部屋を借りた私は、その部屋のあまりの不快さに毎日辟易していました。

 部屋は新築マンションの一室だったのですが、まだ建物自体の工事が全面完了しておらず、朝の9時から「ガリガリガリガリガリッ!!! ドドドドドドドドッ!!!」と部屋の四方八方から振動を伴う爆音が鳴り響くのです。「ああ、こんな有様だから家賃が安くて、保証人無しで借りられたんだろう。」と悟った私は、騒音は我慢する事にしたのですが、水道水の異臭には参りました。

 大きな建物に張り巡らされた新しい水道管を長らく旅しながら私の部屋の水道の蛇口へと流れ着いた水は、原因と結果という大自然の摂理を寸分の狂いも無く私に思い知らせるかの如く、たっぷりとプラスチック(のような化学物臭)&ゴム臭を含んでおり、その水は飲料水にはできないのはもちろん、顔を洗う時や、シャワーを使う時は“苦痛”という二文字以外何も思い浮かびませんでした。

 壁の塗料も何かの物質を発しているらしく、長時間部屋にいると頭痛がするので、堪り兼ねて12月の北京は寒いので窓なんか開けたくないのに、仕方なく窓を開けると外の車の排気ガスが部屋の中に流れ込んでくる有様で、「ああ、もう発狂してしまうかもしれない、発狂したら太極拳が練習できないなぁ、困るなぁ、どうしよう。」と思っていたある日、河南省に住んでいる知り合いの息子さんから電話がかかってきました。

 「喂! 我是“冬東”、週末我去北京。如果你有時間我帯你去故宮吧!」
(もしもし!僕は“トントン”です、週末北京に行くんだけど、もし君時間あったら僕が故宮を案内してあげるよ!)

 トントンとは“小名”で本名は程仁徳といいました。小名とは中国の古い習慣で、子供が小さいときにつけるニックネームです。冬東の意味は、幼い頃のある年の冬、お父さんが日本へ留学に行ったので、冬に東へ旅立った父との絆を守る意味で小名を「冬東」としたそうです。中国語の発音では“ドンドン”なのですが、日本の先輩方は皆さん彼を「トントン」と呼ぶので、私もそう呼んでいました。

 しかし、このトントン、身長180cm以上、推定体重100kgの巨漢で、おまけに仏頂面なので、(えー、2人で故宮行くの、怖いなぁ。)と思ったのですが、トントンのお父さんは私の日本の太極拳の師匠のお弟子さんだったので、今回の故宮観光接待もお父さんの計らいだったらしく、断るに断れず、また部屋にいても発狂しそうなので、思い切って行くことにしました。

 週末、待ち合わせの武館の門に現れたトントンは、絵に描いたような仏頂面でニコリともせず、また故宮に着くまでの道中はその恰幅で人ごみも満員のバスも物ともせず、ピクリとも表情を変えない仁王のような面持ちに、(結構な道のりなのに全然疲れないのかなぁ・・・)と思いきや、突然「もう足が棒のようだ、春光は痩せてるからいいかもしれないけど、僕は体重が重いから余計に疲れるんだよ。」と意外にも弱音を吐き、途中で寄り道をし“狗不理”という名物の小籠包を山ほど注文し、私も負けずに山ほど食べ、2人で喰った喰った、と言いながら故宮へ辿り着きました。

 道中、トントンのネガティブトークが爆発したせいで(万里の長城なんて坂ばかりで疲れるだけだ、黄河なんてただの埃っぽい河だ、パンダなんて寝てばかりで可愛くない、等)、すっかり期待感ゼロになってしまった私は、故宮を見ても「似たような赤い門が沢山あって、似たような字が沢山書いてあって、屋根の上には似たような小動物の飾りが沢山あって、どこもかしこも龍のモチーフばかり。」以外、何の印象もなく、何の感動も覚えられませんでした。

故宮で記念写真  さらっと故宮内を見て廻り、あっという間に見終わってしまい、出口に近づいたにも関わらず何の反応もない私を見たトントンは、さすがに「エンジョイする」という言葉を思い出したらしく、「あっちに記念写真を撮るところがあるから、記念に一枚撮ったら!」と言って、故宮近くの観光者用の小さな写真館に私を案内してくれました。そこは仮装写真館で、私はあまり撮りたくなかったのですが、せっかく私を楽しませようと(たぶん)思っているだろうトントンをがっかりさせてはいけないと、また断るに断れず、店員の女の子にされるがままに衣装を着せられ、おとなしく写真に納まりました。

 「この衣装は昔のお姫様の衣装だよ!」とカメラマンのおじさんに言われた私は、ちょっぴり嬉しくなったので、帰りのバスの中でトントンに写真を見せながら「これは何ていうお姫様の衣装なの?」と聞いてみると、「知らない方がいいよ、そのお姫様は残酷で国民に恨まれていたから。」と言われ、私のかろうじて上りかけていたテンションは、またすっかり下がってしまいました。

 なんだか故宮って全然面白くなかったなぁ、という感想を抱えて引越したばかりのマンションへ帰ると、ドアを開けた瞬間「モワァ~~~!」という壁の塗料の臭いが噴出し、本能的にドアを閉めた私は、「いや、でも帰るところはここしかないのだ。」という事実を思い出し、ドアの背に隠れる体勢でもう一度ドアを開け、多少薄まった塗料臭の隙に部屋に入り荷物を置き、壁を拭くモップを買いに行くべく、極寒の夜の北京の街へ繰り出したのでした。

-後日談-
 その後、別の機会に今度は違う友人と故宮へ行った事があるのですが、その友人は「故宮に来れるなんて一生に一度あるかないかだよ!」と大はしゃぎで、見るもの全てに感動し、故宮のムードに浸り、壁に書かれている一つ一つの字体に「現代人はこういう字は書けない!」と感心し、彫られている数々の彫刻を熱心に見入り、古い通路から吹かれてくる風を何度も何度も最高の笑顔で深呼吸し、最後には遥遠なる中国の歴史に感無量になったのか涙を浮かべており、それはそれは楽しい故宮観光になりました。  その一件で、「同じ道を行くなら、その道を愛してやまない人か、その道の専門家に案内してもらおー。」と心に誓いました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る