日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

馮志強老師の人格完成への道

 中国の年越しは旧正月(春節)なので、12月31日も1月1日も通常通り武館には人が沢山いました。

 日本にいた時は18歳で上京してからずっと“年末病”(年末に会社が休みになって周囲の人が実家へ帰ってしまうと酷く落ち込んでしまう病)になっていたので、中国の習慣はとても助かりました。

 といっても約1ヵ月後には中国も春節に入り2週間の“放暇”(ファンジィア=長期休み)になり全員帰郷してガランとしてしまうのですが、気分的に「2月はお正月じゃないもん!」という感覚があったので、ただひたすら退屈な以外は、特に日本の年末病のような取り残され感に苛まれることはありませんでした。

 「お正月なのに、いつもと変らず武館に人が一杯いる!」というのが新鮮やら嬉しいやらで、朝っぱらからウキウキしながら珍しく元気に武館で練習していると、外から沢山の人の声がして、台湾から来たらしい太極拳学習団の人たちがドヤドヤと武館に入って来ました。

 陳項老師と事務所の人たちの様子が普段と違うので(どうしたのかな?)と思っていると、なんと続いて馮志強老師がお越しになりました。

 私が滞在していた「北京・志強武館」の創立者である陳式太極拳第18代継承者、また陳式心意混元太極拳の創始者でもある馮志強(ひょう しきょう)老師ですが、武館にいらっしゃることは少なく、私が北京へ渡ってからの4ヶ月の間にも、10回程しかお目にかかることはありませんでした。

 しかし馮老師は私を見かけると、

「横山(ホン シャン)、好好練!(良く練習しなさい)」

「小女孩儿(小さな女の子)、很能堅持!(辛抱強い)」

 と優しい声を掛けてくださり、いつも励ましてくださいました。

 私は当時28歳だったので、全然“小さい女の子”ではなかったのですが、それでも馮老師は「うーむ、でもやはり横山は“小女孩儿”だ」とおっしゃって、「太極拳を良く練習すれば大きくなれる!」と言ってくださいました。(実際にその数年後、本当にちょっと大きくなりました)

 馮志強老師は中国の武術界でも非常に有名な太極拳の大家です。その功夫の深さと人徳の高さは、中国各地何処を訪れても耳にする程です。

 その日も遠くから訪れた学習団の人たちは馮老師にお会いできたことが嬉しくてたまらないといった様子で、馮老師の一言一句も聞き逃すまいと、真剣な眼差しで講義を受けていました。

 私は隅っこで見学していたのですが、休憩時間に学習団からのお土産のコーヒーをお飲みになられていた馮老師が、突然コーヒーカップを手にしたまま、鋭い眼光でこちらを見ると、まるで私をロックオンしたかの如く、ゆっくりと歩きながら近づいて来られたのです。

 「ひょ、ひょ、ひょ、馮老師がこっちへ来る。ど、ど、ど、どうしたんだろう? 私なにか失礼なことをしたんだろうか? え! ここ? もしかして、ここに座ってちゃいけなかったんだろうか? あああ、どうしよう」

 馮老師がまだ私より随分距離のある場所にいらっしゃる時点で、私は蛇に睨まれた蛙どころの話ではなく、ライオンに睨まれた生まれたての小鹿の如く、立ったり座ったりキョロキョロしたりして、オロオロ狼狽していると、依然として鋭い眼光のまま馮老師は厳しい表情で私の方へ向かって歩いて来られました。

 「あああ、きっと私は何か過失を犯したのだ、馮老師は私を叱ってくださるのだ、これはもう素直に叱られよう」

と覚悟を決め、直立不動で馮老師が何かおっしゃるのを待っていると、私の目の前まで歩いて来られた馮老師は、相変わらず鋭い眼光のまま、ゆっくりと右手に持たれていたコーヒーカップから一口コーヒーを飲まれると、突然、左手の親指を立てて、「good !」のサインをすると、とても流暢な日本語で

 「美味しい!」

とおっしゃって、私にもコーヒーを飲むように遠くのポットを指差すと、変らぬ表情のまま、またゆっくりと歩きながら皆さんの所へ戻って行かれました。

 ヘナヘナとその場に座り込んでしまた私は、直ぐにいつもの馮老師のユーモアであったことに気がつき、一人でポツンと見学していた私を、さりげなく気遣ってくださった馮老師の心遣いに、コーヒーを飲む前からもう既に心が温かくなっていました。

 馮老師について武館の皆さんが良く言われる言葉に「細心」と「幽默」というのがあります。「細心(シー シン)」はきめ細やかな心遣いができるという意味で、「幽默(ヨウ モォ)」はユーモアという意味です。

 わずか40年間で世界を変えたという、かの有名な仏教の開祖ブッダも、非常に高度なユーモアのセンスで、その深遠なる仏教の真理をわかりやすく大衆に説いたと言われています。

 馮老師は戦う太極拳「陳式太極拳」を修めた後、更に「養」「静」「内」を発展させた「陳式心意混元太極拳」を創始されましたが、まさにその真意を人格というレベルにまで深め、体現されている老師です。

 元気が無い人がいれば、そっとそばへ行ってツボをゴリゴリと押して「ギャー!」と悲鳴を上げさせて、すっきりとした笑顔にさせてみたり、また気功の練習中に皆の意念が強すぎると感じたら、近くにいるカラスの声を真似て一気に全体の雰囲気を和らげたり、そのユーモアの芸術的なタイミングと強弱は、さすが太極拳の大家であると皆に感じさせてくれるものでした。

 しかしそれは、ただ単に馮老師が生まれつきユーモアが好きだった、ということではなく、太極拳を練習している場で起こりやすい「意念過度」の状態を適度なユーモアで緩和させたり、ともすれば難解過ぎて、私達の太極拳を理解しようとする意欲を断念させそうになる太極拳論を、別の角度から活き活きとわかりやすく私達に説明してくださろうとする、思いやりと指導力の高さ故に成し得る手段であると感じました。

 ですのでユーモアがあるからといって、決して長い時間大笑いする訳ではありませんでした。心地よい緊張と弛緩を繰り返す素晴らしいリズム感で、温かい気場を作り出され、周りの人たちと穏やかに共鳴してゆかれるのです。

 そして、馮志強老師はこうおっしゃっています。

 「太極拳を学ぶとは、人格の完成を目指す道を歩むということである。そしてその道は直線的であってはならない。それは螺旋を描きながら周囲の人間や自然と共に、緩やかな円を描き、旋回しながら、ゆっくりと歩まなければならない」

 まさに偉大な太極拳家の言葉であると、深く影響を受けました。

混元太極志強武館

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る