日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

震える足

 2005年1月10日の朝、私は早朝4時30分に起床し、ビザの更新をする為の帰国の準備をしていました。

 これが1度目の帰国でした。

 そして、私の心は不安と戸惑いで一杯でした。

 日本に帰るのが怖くて怖くてたまらないのです。

 日本に帰れば一瞬の内に夢が醒めてしまい、もう2度と中国へ戻れなくなるのではないか?日本のシビアな現実が私の夢を一笑し、またあの鋼鉄と鉛のような“常識”という価値観に呑み込まれてしまうのではないか?そうなった時の自分は何も抵抗するすべを持っていない、と知っていた私は、まるでこれから悪い夢でも見に行くかのような暗い気持ちで荷造りをしていました。

 当時、私には日本で連絡を取れる人は殆どいませんでした。OL時代の友人は、私が27歳の頃何もかも捨てて太極拳を学ぶ為にお寺に入った事で絶縁状態となっており、また数少ない知り合いにも「中国留学継続を反対されるのが怖かった」という理由から疎遠にしていたので、日本に帰ってもビザの更新をする以外、何もする事はないのです。

 連絡を取りたい人もいない事もなかったのですが、連絡をして何を話そうかと考えても頭が真っ白で何も思い浮かんできませんでした。

 まだ何者でもない、これから何処へ行くかも分からない自分。荷造りを終え北京空港(北京首都国際机場)へ向かうタクシーの中で、グルグルグルグルと無限ループの思考の落とし穴に落ちかけようとしていた時、何だか心の中に具体的な恐怖の塊がゴロリと転がっている事にやっと気が付きました。

 「あああ、そうか、私、高所恐怖症だったんだ!」

 いくら日本に帰るのが怖いからといって全身妙な汗をかく程でもなかろうに、と思い始めていた頃だったので、「そうかこの“とんでもなく”イヤな感じは飛行機に乗らなければならないからだったのか!」と妙に納得し、「なーんだ、そっか、そっか、じゃ全然何でもないじゃん!」と、一瞬気持ちが晴れそうになったのですが、すぐさま「全然平気じゃなーいっ!!」という事に気が付き、「なぜあの鉄の塊(飛行機)が空を飛ぶ事ができるのか、という科学的かつ物理的な原理の確認と、人間が機械に乗って空上を飛行するという倫理的観点について等、一連の関係事項の徹底調査を一度ちゃんとしておけばよかった。」という後悔を始めだし、同時に「後悔役立たず」という名言を残した実家の弟は元気にしているのかしら?といった事を思い出したりしながら、タクシーに運ばれ無抵抗に北京空港に着いてしまいました。

 そんな雑多な思考を他所に、搭乗してから約3時間であっけなく飛行機は成田空港へ到着しました。

 空港から都内へ向かう為に乗ったリムジンバスの窓から見た4ヶ月ぶりの東京の景色は、とても繊細で柔らかでした。

 ビルの輪郭は細く控えめで、街の色彩は淡く洗練されており、清浄な空気と微笑を絶やさない人々が話す日本語は、東京から約2100km離れた北京をより恋しく感じさせました。

 「つらい・・・」

 この大きな東京で、一人ぼっちのような気がしました。

 帰国したら食べるのを楽しみにしていた大好物の天婦羅うどんも、全然美味しく感じませんでした。

 北京にいた時は、どんな逆境だって自然に底力が湧いてきて乗り越えられたのに、東京に帰ってくると足元から力が抜け出ていくような無力感を感じました。

 では、私は中国で一生を送ろうか・・・、そう思ってみても、それも違うような気がします。日本人が中国へ行って、まるでそっくりそのまま中国人になってしまって、それで何の意味があるのでしょうか?私は1976年に日本で生まれ、2004年までの28年間を日本で生きたのです。それまでに起こった色々な出来事、それまでに見てきた色々な風景、それら全てが今の私の体の中で息づいているのです。純粋な日本人である私が、純粋に中国の太極思想を求め中国へ渡ったのです。それは何故か、何がそうさせたのか、そして何故いま私の足は日本の地を踏みこんなにも震えているのか?

 いつか、いつか、その答えを見つけたい。そして日本に帰ってきて、止まった時計を動かしたい、生きたい。

 その為に今この時の、ただちっぽけな生きることに震える一人の自分をしっかり憶えておこう、そう思いました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る