日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

極寒の北京へ戻る

 ビザの更新の為の一度目の帰国で過ごした東京での一ヶ月は、記憶があまりありません。新しい靴下やら、シャンプーやら、中国語学習の本などを買った後は、心は90パーセント以上北京へ向かっていたので、毎日“心ここにあらず”といった状態で過ごしていました。

 2月の東京は寒かったと思います。

 でも北京の大型スーパー(家楽福)で買った薄くて軽くて柔らかくて温かいダウンジャケットがあったので、毎日それを着て、北京で感じた情熱の火を感じて過ごしていました。

 そして時間は正確に過ぎて行き、2005年2月18日、私は再び北京へ戻る飛行機に乗ったのです。

 何故か中国行きの飛行機に乗るときは、普通なら大騒ぎの高所恐怖症もあまり顔を出しませんでした。チャレンジして死ぬのなら(飛行機恐怖症のため思考が極端)本望だし後悔もしない、という心理が働いたのかもしれません。

 兎にも角にも、二度目の単独訪中は、北京へ置いてきてしまった太極拳魂へと体が戻っていくようで、北京空港へ到着してロビーに出る頃には、すっかり心の落ち着きを取り戻していました。

 「北京へ戻ったら、いっぱい勉強したい事があるんだ!ああ、本当に戻ってこれた、よかった、またあの太極拳漬けの生活に戻れるんだ!」なんだか素晴らしい夢の続きをまたみれたような幸運な気持ちでいっぱいになり、足取りも軽やかに排気ガス満点の北京空港のタクシー乗り場へ向かうと、そこは威勢のいい中国語が飛び交う喧騒と、グズグズしているといつまで経ってもタクシーに乗れそうにない緊張感が漂っており、自然と私の体内の何かのスイッチが「ガッコン!」という音をたててONになりました。

 うつろだった目は焦点が定まり、力の抜けた背中はシャキンと伸び、蚊の鳴くような声はドスのきいた中国語モードになり、オリャオリャと人を掻き分けタクシー乗り場に向かうと、見事にトランクごと一台のタクシーに飛び込むことができました。運転手さんに北京市の朝陽区にあるマンションの住所を告げると、自信に満ちた私とトランクを乗せ、タクシーは夜の高速道路へと滑り出しました。

 タクシーの窓から見える漆黒の闇の向こうに輝く北京市内の街の光は、何故だか物凄いリアル感がありました。日本で生きた28年間は、苦しさ意外には現実感がなく、いつも何処にいても非現実感に悩まされたのですが、中国にいる時のこのリアル感といったら、「私はもしからしたら農耕民族ではなく騎馬民族だったのかしら?」と自分を疑うほどでした。

 そんな事をぼんやりと考えながら、ふと時計を見ると夜の7時過ぎでした。「家に着く頃にはもう8時を過ぎているだろうなぁ、お腹が空いたなぁ、一旦トランクを部屋に置いたら、近所の“京客隆”(北京に沢山有るスーパー)に買出しに行こう。」などと考え始め、そういう予定を立てると、ますますお腹が空いてきました。「乾麺でも買って、適当に卵とトマトと葱で湯麺でも作って食べよー。」とすっかり北京での日常生活に頭が切り変ってくると、タクシーは住んでいたマンションの向かいの大通りに着きました。

 運転手さんに、100人民元と何枚かの10元札を払い、トランクを降ろそうとタクシーのドアを開け外に出た瞬間・・・

 ・・・

 突然、松田優作さんの“太陽にほえろ!”における名セリフである

 「なんじゃこりゃ~!!」

 が炸裂しました。

 「なんじゃこりゃ~! なんじゃこりゃ~! なんじゃこりゃ~! なんじゃこりゃ~! なんじゃ・・・(中略)」

 それ以外は「おおぉぉぉぅ~!」とか「ひぃぃぃぃぃ!」とかです。

 一体何が起こったのかと言うと、外の気温がとんでもない状態だったのです。寒い、というか痛いというか、それまで私の体が体験した事のある体温と外気温との差のキャパシティを遥かに越えていた・・・、というか、とにかく世界が引っ繰り返っていたのです。氷点下10度を下回っているのではないかという極冷気の破壊力を更に数倍にしている強風が氷刃となって私の薄手のジーパンを弄り、太腿の皮膚に金属的な痛みが走りました。

 それは、南国九州出身の私が生まれて初めて体験する厳しい氷点下の世界でした。

 タクシーを降りた所からマンションの入り口までは200mくらいしかなかったのですが、何の心構えも無く不意をつかれ、また中国北部で暮らす人々の越冬の必需品である防寒下着を着けていなかった(当時はその存在すら知らなかった)為、全身の骨が一気に急速冷凍されるような痛みと衝撃に襲われ、部屋に辿り着いた時には、もう怖くて一歩も外に出られませんでした。

 たとえ頑張って外へ出て怖さを克服できたとしても、松田優作さんの「なんじゃこりゃ~!!」のリフレインにより、スーパーへ行って戻ってくるのは不可能であると判断しました。

 その夜は「お腹空いたよぅ、ひもじいよぅ、ううう。」とメソメソしながら、空港で買った水を飲んで寝ました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る