日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

寒さとの戦い

北京市のマンション  前日の夜に北京に戻った翌朝、お腹ペコペコで寝たにも関らず飛行機に乗った疲れもあってかグッスリと眠っていた私は、何ともいえない、まるで中国大陸全土が醸し出しているかのようなパワーに包まれて目を覚ましました。

 カーテンを開けると、帰国する前に窓に張っていた窗花(チュアン ホゥア)がまだ新しいままで、朝陽を複雑で美しい中国古典図案に切り抜いて、私の顔に影を映しました。

 外を見ると昨夜の強風は嘘のように穏やかで、マンション下の小さな食堂が立ち並ぶ通りでは、もう沢山の人々が仕事を始めていました。

 あちこちの門口(メンコウ、中国語で入り口の意味)の脇では、油条(中国の揚げパン)や馄饨(ワンタン)を作る鍋から白い湯気が立ち上っており、それを見た私は急に昨夜の空腹を思い出しました。

 「不行!我必須得吃那个馄饨!」
 (ダメだ!絶対あのワンタンを食べに行かなきゃ!)

 とばかりに勢いをつけ、ベッドの横に開いたまま置きっぱなしにしていたトランクの中から衣類を引きずり出し、ズボンを2枚穿き、セーターを着込み、一番分厚い上着を着ると、階段を駆け下り、部屋の窓から見えたワンタンを茹でるお店を目がけてマンションの外へ飛び出しました。

 外は痺れるほど寒かったのですが、空腹と鍋の湯気に取り憑かれていた為かあまり気にならず、ズンズンと歩いて食堂へ辿り着きました。

 「老板!来一碗馄饨!」
 (店長!ワンタン1つ下さい!)

 と大きな声で注文し、薄暗い店内の空いていた油だらけのテーブルと椅子に座りました。

 あっという間に私の馄饨は出来上がり、目の前に置かれた瞬間、その半透明の美しいワンタンの姿に、思わず手を合わせて拝みたくなりました。

 しかしそんな事をしたら外国人だとバレてしまうので、そう思っただけで実際に拝みはせず、右手に箸、左手にはレンゲを持ち、そーっとワンタンを食べ始めました。

 本当はレンゲだけでワンタンを食べるのですが、熱々のスープに浸っているワンタンは非常に熱いので、どうしても箸で掴んでフーフーして食べないと口を火傷してしまうのです。

 ・・・

 とても美味しいワンタンを平らげ、満足した私は店員さんに3元を払い食堂の外に出ました。

 ・・・

 パーパパ、パーパパ、パーパパパッ、パッパーパパ、パーパパ、パーパパパッ・・・

 通りに沈んでいる冷気を感じた時、昨夜の松田優作さん(※前章「極寒の北京へ戻る 」参照)に代り、今度は不朽の名作映画『ロッキー』のシルベスター・スタローンさんが『ロッキーのテーマ曲』と共に私の心の中に現れました。

 早朝の吐く息の白い灰色の街で、ストイックにトレーニングするロッキー・バルボアと同じようなシチュエーションに自分がいるような気分になってしまったのです。(人は孤独な時、無意識に有名な人物に自分を重ねるものです)

 突然走り出したくなった私は、大通りを目指して小走りに走り始めました。

 しかし、大通りに出ると排気ガスが凄かったので、諦めてマンションの方へUターンし、まだ何も手のつけられていない廃墟のような集合住宅地の庭園内を走りました。

 大きな庭の中には、夏になったら水が張られる予定の空池や、それをとりまくウォーキングコース、そしてまだ芝生の植えられていない緑地予定スペースには資材が置かれており、庭園内に土ぼこりを立てていました。

 私は当然ロッキーのようには格好良く走れず、引きずるようなランニングフォームでしたが、頭の中では「チャチャーンチャーン、チャチャーンチャーン・・・」とロッキーのテーマ曲が鳴り続け、感極まって涙まで流れ出し、あの映画のロッキーがフィラデルフィア美術館前庭の階段を駆け上がった後にガッツポーズをとるような達成感を感じるまで走り続けようと思ったのですが、ワンタンを食べたすぐ後に走ってしまったので横腹が痛くなり、「あいたたたっ」とヨロヨロしながら、すごすごと部屋に戻りました。

 ベッドに暫く横になっているとお腹の痛みが引いたので、陳項(チェン シィァン)老師に電話を掛け、昨夜北京に戻った事を報告しました。

 「現在公園里太冷、你可以去武館練拳」
 (今公園内はとても寒いから、君は武館に行って練習しなさい)

 かろうじてそれだけ聞き取れたので、陳項老師にお礼を言って電話を切ると、午後は武館に行く事にしました。

 春まで公園で練習できないんだなぁ、と少し残念に思ったのですが、武館内は温かいだろうし鏡もあるので、それはそれでいい練習になるかもしれないと気を取り直し、昼も混んでいる中国のバスに乗って武館へ向かいました。

 武館の門を入ると、旧正月が終わったばかりのせいか、いつも賑やかな庭内はひっそりとしずまり、もしかして誰もいないんじゃないかと不安になった私は急ぎ足で事務所へ向かいドアを叩くと、中から「請進!」(お入り下さい!)という声が聞こえたのでホッとしました。

 「自主練習にきました」と事務員さんに告げると、「今日は武館には誰も来ないから一人で練習しなさい」と言うので、「わかりました、ありがとうございます」と言って事務所のドアを閉めようとすると、「あああ!一人だから暖房は点けちゃダメよ!」という声が聞こえてきました。

 それはそうだよなぁ、武館は広いし、私一人だけの為に暖房をフル稼動させたら勿体ないもんなぁ、と納得し、武館のドアを開け一礼し入室すると、中は“冷凍庫”の様にしっかりと冷えきっていました。

 また出てきそうになった松田優作さんの「なんじゃこりゃ~」を何とか堪え、厳粛な気持ちで準備運動を行ってみたのですが、寒さで一向に関節は緩みません。仕方ないので混元太極拳の套路を行ったのですが、当時まだ虚弱だった私は、動けば動くほど体が冷えてきて、手がかじかんで手首まで凍りついて動かせなくなってきたので、耐えられなくなり動くのをやめ、どうしたらいいか、冬眠しそうな頭で一生懸命考えました。

 「そうだ!走れば温かくなるかも!」

 と思いついた私は、誰もいない広い武館の中をグルグル走り始めました。

 10週も走ると何とか体の感覚が戻り、15週走ると手首も温まってスムーズに動かせるようになってきました。

 「この隙に!」とばかりに太極拳の練習を始めたのですが、やっぱり套路を2回も通すと体が冷えてきます。

 冷えたら走る、温まったら太極拳をやる、そしてまた冷えたら走る、といった具合で練習をしていたのですが、走った直後に太極拳を行うので、始終心臓がバクバクしたままです。鼓動が通常に戻ると体も冷えます。「これは、間違っているのではないだろうか?」と思ったのですが、それ以外に方法がないので、ひたすら走る→太極拳→走る→太極拳を続けました。

 午後5時近くなり、閉館の知らせを告げようと武館を覗きに来た事務員のおばさんは、そんな私の姿を見ると、「あなた何やってるの!何でそんなに走ってるの!」と驚いた様子で大きな声で話しかけてきたので、私は「太極拳をやってると寒くて体が冷えるんです」と伝えると、おばさんは服の上から私の腕を摘み、「保暖の下着を着てないでしょ、だから寒いのよ、そこら辺のスーパーでも売ってるから、今日帰りに買って帰りなさい」と私が理解できる中国語で教えてくれました。

 この時、私は初めて「保暖内衣」(バオ ヌゥアン ネイ イー)たる冬の必需品の存在を知ったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る