日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

何度も風邪を引く

 2005年の2月、生まれて初めて冬の北京の洗礼を受けた私は、志強武館の事務所のおばさんのアドバイスを聞き“保暖内衣”を買いました。

 保暖内衣とは、分厚い上下の肌着で値段はピンからキリまでありますが、安いものを買うと保温効果と伸縮性と肌触りがイマイチなので、不舒服(ブゥ シューフ)、つまり気持ち良くありません。

 中国でお買い物をするには、“ものを見る力”と“交渉力”を身につけなければ、たとえお財布に人民元がたくさん入っていても、必要なものを買えません。それは「ケチケチ値切る」という感覚ではなく、生活の楽しみ、リズムでもあるのです。

 もちろん当時の私はそれらの能力は皆無でしたので、いつもお買い物は失敗していました。中国人の友人と一緒に買いに行けば、いいものを選んでもらえるのですが、なんだかそれでは、いつまでたっても外国人のままなので、失敗しても何度も自分で再チャレンジしました。

 私が買った最初の保暖内衣は、安物だったので、硬くて締め付けがきつく、着て練習すると苦しくて、太極拳の繊細な動きがまったく感じられなかったので、大失敗でした。

 二度目に買ったものは、ビヨンビヨンで、全然温かく無く、混元太極拳24式の練習を終える前に、ズボンの股上が太腿のまんなかまでズリ落ちてしまいました。

 三度目に買ったものは、まあ何とかそれなりに練習できたので、一応納得することにして、武館に通って太極拳に専念する事にしました。

 しかし、それではまだ甘かったのです。

 中国北部の練功家は、冬期の練功着の選び方が非常に上手です。温かくて通気性もあって動きやすい重ね着の方法を知っています。

 南国宮崎出身の私は、何も知りません。

 「たくさん着れば温かい」という概念しか持ち合わせていなかったので、保暖内衣の上に、シャツやら、ざっくりと編まれたセーターやら、薄手のジャンパーやらを着て、仕上げにお気に入りの水色の分厚いジャケットで身を包み、武館に行って練習をしていました。

 そして、脱いだり着たりして体温を調節する、という手段を知らなかった私は、せっかく苦労して着たのだし、脱いだら寒いので、その格好でずっと練習していました。

 温かい保暖内衣とジャンパーとジャケットで、私は毎回たっぷり汗をかきました。

 そして、夕方5時になると、汗も引かぬまま練習を終え、北風吹きすさぶ門外へ出て、武館から15分もかけて北京市の地下鉄「国貿駅」の出口にあるバス停まで歩き、延々と帰る為のバスを待っていました。

武館からの帰り道  北風の強い日は、空上のスモッグは全部吹き飛ばされて、綺麗な月が寒そうに夜空で輝いていました。

 混み合うバス停の人ごみの中で、私の汗は氷水のように冷え、薄手の太極拳シューズを履いていた足は、凍えて感覚が無くなりました。

 小さい頃から滅多に風邪を引かなかった私は、「寒いと風邪を引く」というのは迷信だと思っていたのです。だって寒くったって風邪なんか引いた事なかったんですもん・・・

 そんな智恵の無い行動を3日も犯していたら、見事に風邪を引いて熱を出しました。

 一週間寝込んで、ちょっと良くなって、また武館に行って練習をすると、再び風邪をぶり返しました。

 何度か繰り返してしまう内に流石に懲りた私は、真剣に衣服の調節について研究をしました。つまりは、練習が終わったら、底の厚い靴に履き替え、服は棉の素材の服を重ね着するのではなく、肝心なのは良い羽毛をたっぷり使っている柔らかめのナイロン生地のダウンジャケットを着れば良いのです。それも腰丈ではなく(短いと腰から冷風が進入する為)太腿丈のダウンジャケットです。長すぎると足を開けません、太腿丈なら着たまま単鞭もできます、内にギュウギュウに重ね着をしなくても温かいし、何より動きやすいから疲れません。

 わかったのは良いのですが、データ通りの服を見つける目利きがありません。また、赤や黄色やピンクやオレンジの原色チャイナ・カラーの服たちに心がめげてしまい、何色も選べぬまま疲れ果ててデパートを去る事も度々でした。

 そこで私は、素直に、あきらめました!

 気が付けばもう直ぐ4月になろうとしていたし、いつか春はやってくるだろうし、来年の冬までには色々な知識もついて、素晴らしい冬の練功服も選べるようになっているだろうし!という前向きな希望を持って、その年の冬は諦める事にしました。

 週に数回武館に訪れる陳項(チェンシィアン)老師は、いつも青白い顔の私を見ると、「また冷えたんだろう、胃を温めなさい」とおっしゃって、「“温胃舒”という漢方薬を薬局へ行って買いなさい、一箱一週間分だから、五箱買いなさい、漢方薬だから副作用はないから。」といつも勧めてくれました。

 この私の中国留学一度目となる越冬は、風邪と胃痛との合間に太極拳の練習をする、という単調なものでした。

 排気ガスが強くて、市街地にある武館に行けない時は、家で火鍋(ホゥオ グオ = 中国式鍋)を自分で作って食べて寝るか、日差しのある日中に陳項老師の家の近くの公園でボーっと気功の練習をするか、さもなくば、ひたすら家でベッドに横になり、シックハウスによる鬱状態のまま何日も過ごすか、そのいずれかでした。

 虚ろな意識で、早く春が来て、暖かくなって、武館も賑やかになって、また陳項老師とマイケルさんと、名前はわからないけど優しそうな仲間のみんなと一緒に公園で練習がしたい、と思って過ごしました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る