日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

葛藤と迷走

 中国大陸の季節の変化は強烈です。

 日本のように緩やかに四季の変化を楽しむ余裕はありません。2005年5月、寒かった冬が過ぎ去り、公園には春の陽気が訪れ、本当に桃源郷のように見事に剪定された桃の木が一斉に花を咲かせたと思いきや、あっというまに散ってしまい、北京市に差し込む正午の太陽は既に初夏の熱気を帯びていました。

 気温の変化の速度というよりも、目に見えないスケールの大きさというのか、中国大陸の季節の変わり目は、まるで天と地が「ゴゴゴゴゴッ」という音を立てて動いているような、巨大な潜在的流動を感じるのです。

 おだやかな夏への移行を予想していた私のペースは完全に狂っていまい、突然忙しくなった武館のリズムに心を掻き乱されていました。

 この時期、私は地に足が着かなくなっていました。

 遅々として進歩しない中国語、一向に進展しない太極拳学習、毎日毎日全神経を集中して中国語を理解しようとしている為、精神的にクタクタになり、焦りと疲労が溜まっていきました。

 ある時、武館で陳項老師に太極拳の新しい型を習っていた最中に、なかなか憶えられない事に焦った私は、いつも通学中のバス内で無意識に耳にしていた「△$Э〆!」(禁止用語)という言葉を、意味も分からず連発していました。

 その言葉は中国において最も言ってはいけない言葉(脏话=下品な言葉)で、英語に例えると「・・・」(書けません)、とにかく、女の子が言うのなんてもってのほかであり、しかも神聖な武館内で授業中に“その”言葉を老師に向かって発したのは、恐らく私が最初で最後であろうという程とんでもない言葉であり、しかも私は連発していたのであり、その言葉が聞こえた途端、陳項老師は顔を真っ赤にして走って来られて「横山!不能这么说!」(横山!そんな言葉を使ってはいけない!)と慌てて注意されたのであり、しかし私は言われている意味が分からなかったのであり、とにかく最悪だったのであります。

北京志強武館の入り口  どんなにお行儀良くしていようと思っても、どんなに中国人の真似をしようと思っても、やはり私は“从頭到尾”外国人なのです。日常生活には、きれいな言葉も、そうでない言葉も、混沌としています。その区別もつかないまま、本能は無意識的に感じたものをインプットしてしまうのです。

 自分に身に付いた中国語に自信をなくした私は、本の中の言葉なら安全であろうと、用事は紙に書いて伝える事にしました。しかし、一晩かけて書き上げた中国語の文章も、相手に渡すとただ一瞥されて「何書いてるか分からないよ、口で説明しなさい。」と言われ、口で説明しようと思っても上手く説明できず、困惑され、用事は伝えられず、毎日毎日、自分の状況がどうなっているのか把握できませんでした。

 唯一、楽しみであった太極拳の授業も、予定が良くわからなくなってしまいました。

 もう既に「陳式心意混元太極拳48式」「混元太極剣」「混元太極刀」の型は習い終わっていたので、老師方も中国語の分からない私にそれ以上指導する事ができなかったのだろうと思います。

 それでも私は他にどこにも行く所がないので武館に行きます。行けば練習します、たまに老師がいらっしゃれば太極拳を教わります、教われば授業料がかかります、しかし授業のスケジュールが不確定になったその頃、授業料が一体どれくらいかかっているのか、誰に聞いても分からなくなりました。

 毎月月末に授業料を払うのですが、とうとう「今月の授業料をいくら払うかは、あなたの自由でいいですよ。」と言われてしまいました。

 「いくらでもいい」と言われても、いくら払えばいいのかわかりません。考えても考えても、わかりません。

 今思えば、武館の方々の思いやりだったのかもしれませんが、中国の常識や秩序がわからない私には、どうしたら良いのか分からない苦しさしかありませんでした。

 「授業料がいくらなのか分からない。」と頭を抱える私、「いくらでもいい。」と言い続ける武館側、結局双方分かり合えぬまま、私は手帳を見直し、そこに書き留めてあった不完全な記録から練習時間を足し算して、恐る恐る事務所に払いに行くと、力尽きてその日から家に引きこもってしまいました。

 そして、約8ヶ月間に及ぶ「北京・志強武館」での自分自身について何日も考え続けました。また以前のように陳項老師や秀茜先生に太極拳を学びたいと思いました、しかし状況は変化したのです、北京にきてからずーっと頭にかかっていた靄を晴らそうと、必死に考えました。

 自分が中国語を喋れないまま北京へ来てしまった事、自分が自分自身の身の安全に責任を取れない事、北京市内にマンションを借りて週に数日武館へ通うやりかた、自分の立場、武館の立場、先生方の立場、そして太極拳。

 何日も考え続け、途中陳項老師の自宅まで訪ね、しかしやはり言葉の壁から意思の疎通ができず、今後の授業のスケジュールの問題も解決せず、仕方なく自宅に戻り、何日も何日も考え続けました。

 それ自体、考える事自体が必要だったのかもしれません。

 私はただ単に映画の世界のようなものを求めて中国へ来たのか?一体何が欲しいというのか?

 この問いは、それからずっと後、現在の師となる八卦掌第五代継承者 麻林城(ま りんじょう)老師に出会えるまで続きました。

 そして、その時、私の出した答えは、太極拳の発祥の地である河南省へ渡り、全ての太極拳のルーツとなった陳式太極拳を学ぶ事だったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る