日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

河南省の名通訳・裴さん

 2005年5月末、「北京・志強武館」での滞在を断念し、河南省へ太極拳の源流“陳式太極拳”を学びに行く事を決意してから一ヵ月後、日本の知人より、河南省の名通訳である裴建国(ペイジィエングオ)さんを紹介して頂き、太極拳の本場河南省鄭州市にある河南中医学院へ長期留学をする手続きの為(太極拳館では長期ビザがおりない為)、視察訪問の計画を立てていました。

 やっと河南省へ向かう日取りが決まった時、滅多に連絡を取らない母から、祖父(母親の父)が危篤状態なので即刻帰国して欲しい、という知らせが入りました。

 急な知らせに動揺していると、間もなく祖父は亡くなったという電話が入り、「お葬式には出なくていいから、今度帰省した時にお墓参りをすればいいから、頑張って太極拳を続けなさい。」と母に言われ、呆然としたまま河南省行きの火車(=列車)の切符を買いに行きました。

 祖父との思い出は殆どありませんでしたが、亡くなったと聞いて、行きの列車内ではずっと悲しくて泣いてしまいました。

 河南省の中心部にある鄭州火車站(=鄭州駅)へは、夜行寝台列車で向かいます(現在は5時間で到着する新幹線があります)。夜10時30分に北京駅を出発すると、翌朝の7時頃には鄭州駅に到着します。

 この時は祖父の事を想い悲しくて眠れませんでしたが、私は普段は寝台列車が好きです。よく眠れるからです。狭くて薄暗くて人の気配がするので、なんだか落ち着いたような気分になるからかもれません。それに古い列車に乗って見知らぬ土地へ行くのは、まるで『銀河鉄道999』に乗っているような、小さい頃からの夢が叶った気分にもなるからです。

 複雑な心境の私を乗せて、列車は時刻どおり朝の7時少し前に鄭州駅へ着きました。

 出迎えてくれたのは、河南省の伝説の通訳、“裴(ハイ)さん”こと裴建国さんです。(裴さんは旅行会社の通訳さんで、もともと日本から河南省の少林寺に少林拳を学びに来た学習団を主に担当していたそうです。)

 裴さんの何が伝説かと言うと枚挙に遑がありませんが、私が知る限り一番傑作であったのが、先の知人が陳式太極拳四天王の一人である、陳家溝の王西安老師に指導を受けている際、王老師が「これは関節技から抜け出る動きである。」とおっしゃったのを、裴さんは知人へ、

「ハイ!ここは解脱ですよ、解脱してください、ハイ、解脱なんです、さぁ、ここで、今、ハイ、解脱!解脱してください!」

 と通訳したそうです。中国語で“抜け出す”事を『解脱』と言うので、裴さんは間違ってはいなかったのですが、受けた知人は「今ここで解脱してだなんて」と思わず、「裴さん、日本語の解脱って意味知ってますか?」と聞いてしまったそうです。

 (※しかし裴さんは素晴らしい通訳です。日本人より難しい日本語を沢山知っています、そして日本人の心を深く理解しています。多くの人たちは一度裴さんに会ったら大好きになります、破顔の笑みを二度と忘れられなくなります。それは、裴さんの人柄と、裴さん自身が通訳の仕事が大好きで、色々な人たちと出会う事が大好きだからです。)

中国河南省・龍門石窟にて  この時の訪問では、裴さんと一緒に河南中医学院への入学の手続きに必要な書類の調査をして、あとは河南省の名所を一通り案内して貰いました。

 少林寺、龍門石窟、開封市の龍亭と鉄塔、などなど。ちょっぴり方言の混じった裴さんの中国語の観光案内は、当時の私にはまったく理解できなかったのですが、時折日本語も混ぜてくれるので、北京とはまた違う、古い歴史を持つ河南省の醍醐味を僅かでも感じる事ができました。

 この数日間は裴さんの自宅に泊めて頂いたのですが、ちょうど裴さんのご両親も田舎からいらしていて、ある晩、家族全員大好物だという鶏料理をご馳走してくれました。

 その料理は、鍋の蓋を開けてびっくり『鶏頭鍋』でした。

 目が半開きになった鶏さんたちの頭が“びっしり”入っています。

 頭、のみ、です。

 頭、オンリ

ーです。  その頭を、裴さんの娘さんがお箸で一個取ってくれて、私の持っていたお茶碗の白いホカホカと湯気の立つご飯の上にのせてくれました。

 ど、ど、ど、どうやって食べたらいいのでしょう?

 「食べれないです」というと失礼にあたると考えた私は、なるべく自然な素振りを装い、横目でみなさんが食べている様子を伺い、どうやらトサカから噛み付く様ですので、同じようにやってみる事にしました。

 相変わらすご飯の上の鶏頭は半眼で私を見つめています。私は半ば放心状態でトサカに噛み付きました。

 しかし、箸を持つ手元が狂ったのか、トサカを大幅に越え、頭に噛み付いてしまいました。

 じっくりと煮込んだ頭蓋骨はハラリと砕け、中には何か柔らかいものが入っていました。

 (中略)

 形容し難いですので、要点だけ申しますと、鶏頭を食する際、最も眩暈がした部位は「耳」でした。

 くるくるとコイル状になった耳の器官を・・・、いや、やっぱり書くのはやめます。

 なるべく“何でもないフリ”をして一気に食べてしまったのが運のつき、「あら気に入ったのね!」と、今度は裴さんの奥さんが、新たな鶏頭をお箸で掴んで、またもや私のお茶碗の白いご飯の上にのせてくれました。

 視覚的に衝撃を受ける→早くその衝撃を解消しようとする→平らげる→追加される

 上手に断る中国語を知らなかった私は、計5個も食べてしまいました。

・・・

 さて、話は戻ります。

 今後の計画としては、河南中医学院へ入学し、長期ビザを取得し、経絡学と按摩を学びながら、近くにある陳式太極拳四天王の一人である陳正雷老師の開かれている『陳家溝太極拳館』へ通う事になっていました。

 この訪問で、唯一不安に思った事(鶏頭は例外として)、

 それは、河南省訛りがまったく聞き取れない事でした。

 散々苦労してやっと少し身に付いた中国語では、まったく歯の立たない“河南省訛り”。

 また一から方言を学ばなければならないのか・・・、そんな不安も胸をよぎりましたが、濃密で裾野の広い、そして何百年もその土地に根付いている太極拳の本場の雰囲気を肌で感じた私は、一気に世界が広がったような気がして、北京での挫折はすっかり忘れてしまい、また性懲りも無く手放しに期待に胸を膨らませてしまったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る