日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

陳式太極拳四天王 陳正雷老師

 中国の学校の一学期は、日本とは違い9月1日から始まります。

 2005年9月からの河南中医学院へ留学する為の下準備(本当の目的は太極拳だったのですが、ビザを取得する為に河南中医学院に入学する必要があったのです)その下準備の最終日である2005年5月の下旬、陳式太極拳四天王の一人である陳正雷(チン セイライ)老師が開校している河南省鄭州市の『陳家溝太極拳館』を訪問しました。

 陳正雷老師の太極拳の映像は日本でもビデオで拝見した事がありましたので、実際にお会いできると思うと胸が高鳴りました。

 当時、陳正雷老師は非常にお忙しいスケジュールであり、殆どの期間を海外で過ごされ太極拳の指導にあたっており、年に四ヶ月ほどしか中国国内に滞在していないとの事でした。

 日本の太極拳の師に書いて頂いた、私を陳正雷老師に紹介する為の『紹介状』を大事にバッグに収め、通訳のハイさんと一緒に『陳家溝太極拳館』のフロントを訪ねると、陳正雷老師のいらっしゃるお部屋へ通して頂き、緊張しながら部屋へ入室すると、それはそれは立派なデスクとソファーと壁に掛けられている書の掛け軸に圧倒されました。そしてデスクの椅子からゆっくりと立ち上がられた陳正雷老師は、優しい笑顔で私達を迎えて下さいました。

『陳家溝太極拳館』陳正雷老師との記念写真  「本物の武術家は一見普通の人に見える」という話を聞いた事がありましたが、陳正雷老師も非常に温和な雰囲気の老師で、お話をされるその声のトーンも優しく包み込むような響きでした。

 『陳家溝太極拳館』には新館(シングゥアン)と、老館(ラオグゥアン)とがあり、その時、私が訪れていたのは事務所のある新館でした。一通り館内を案内して下さった陳正雷老師は、私の太極拳学習への志しを日本の太極拳の師に書いて頂いた紹介状をお読みになられると、私に老館へ通うように、とご指示をされました。

 老館では女性の鄭冬霞(テイ トウカ)教練が主に指導をされているという事で、私は少し安心しました。

 太極拳学習の長期的な計画についての具体的な話し合いは順調に進み、陳家溝太極拳館を去る間際に、ちょうど午後3時から始まる一般クラスが行われていたので見学をさせて頂く事になったのですが、その時、私は北京の太極拳館とはまったく雰囲気の異なる厳格なムードに圧倒されたのです。

 まず、全身の関節を解す準備運動から始まり、続いて四種類の基本の円運動“纏絲勁”を行います。その後、陳式太極拳老架一路(74式)を30分以上かけて2回行うのですが、老若男女、初心者からベテランまで様々な人たちが同時に行う30分間の集中の世界は、見ているだけでも大きな感動を覚える太極拳への道程を感じました。それから休憩を挟んで、教練が生徒の方々に細かな分解動作の指導をされるのですが、つま先の位置、肘の軌道、股関節の角度、そして、それらの意味を説明しながら各動作を数センチ単位で指導されていきます。

 「これだ!」

 私に今必要な練習は「これだ!」と直観しました。

 そこには確立された系統性と300年以上もその土地に根付いてきた豊富な経験がありました。

 なにも分からず、中国語も喋れず、ただただ中国へ行けば太極拳を学べるであろう、そんな甘い考えで飛び込んだ『北京・志強武館』。無形の境地に至った老師について学ぶ難しさと、迷いと、言葉の壁。それらの挫折が、今、私をこの地に導いてくれたのだろう、そう思いました。

 ここでなら、焦らずじっくり基礎から系統的に学べる。

 そう確信しました。

 数日前に亡くなった祖父、私を生んでくれた母、そして高校卒業と同時にバッグ一つで家を飛び出したあの頃の気持ち、置いてゆく弟への寂しさ、弱者を容赦しない東京の街、理由の分からない不安と孤独と恐怖感、病んでいく心と体、それを止められない自分、自分をいじめ続けた自分自身。

 人間が本当に幸せになる為には、どれだけ多くの事を学ばなければならないのだろう。

 そう思いました。

 しかし、いつも最後の最後には輝く光がありました。愚かな私が気づかない所で、色々な人たちが私に色々な事を教えてくれていました。

 前へ進もう。

 河南省留学へ向けての全ての段取りを終え、帰国する為に一旦北京へ戻る夜行列車の中で、そう思いました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る