日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

空から魚が降ってくる

 2005年7月8日、成田空港から北京空港を経由して、私の乗った飛行機は太極拳発祥の地である河南省へ無事着陸しました。  河南省の中心部にある鄭州市の空港から外へ出ると、北京市内よりも更に増した排気ガスの臭いがしました。  その臭気に一瞬たじろぎましたが、出迎えてくれた河南省の名通訳である裴さんの笑顔を見ると、あまり気にならなくなりました。  前回の河南省訪問中に、裴さんのお宅にお世話になった時に食べた『鶏頭鍋』(※『河南省の名通訳・裴さん』参照)がトラウマになっていた私は、今回は自分のアパートに住む手続きが終わるまで、旅館に泊まる按排になっていました。  河南省に飛行機が到着したのは夜の7時過ぎでしたので、旅館にたどり着いた頃には、既に9時を回っていました。  苦手な飛行機を乗り継いだ長旅で疲れ果てていた私は、そのままベッドに倒れ込むように寝てしまい、明朝、通訳の裴さんが部屋のドアのノックをする音で目が覚めました。  裴さんに連れられて朝食を摂るべく旅館の食堂へ向かうと、費用節約の為に安い旅館を選んだせいか、まるで「目をつぶって、ただ材料を切って、味の素を塗しただけ・・・」というような朝食が出てきました。  飛行機ボケで無感覚になっていた私は、その朝食らしき物体を自動的に胃に収め、裴さんを見送ると河南省鄭州市の街をブラブラ徘徊しました。

中国河南省鄭州市の街並み  外は・・・

 猛暑でした。

 日傘からどうしてもはみ出してしまう手の甲は、一瞬の内に、数個の小さな水ぶくれができ(汗が出るスピードに皮膚の対応が間に合わない)、体中の全ての細胞がこれまで感じた事のない高温を感じました。

 それでも「これから数日後には、この暑さの中で太極拳の修行をしなければならないのだ!」と虚ろな思考を巡らせた私は、よせばいいのに、そのまま市内を歩き続けました。

 前代未聞の暑さにヨロヨロしながら日傘を両手で握り締め、一歩一歩と歩いていると、何やら日傘の布に「ボトッ」という振動が走ります。

 これは気のせいなどではない!と通り沿いの商店へ入り、日傘の上を見てみると、なんと「小さい魚」がのっかっています。

 「???」

 「なぜ? なぜ? なぜ? 何故お魚が空から降ってくるの?」

 朦朧とした意識の中、定まらない視線で空を眺めてみると、大きな鳥が街路樹の上にざっと確認できただけでも5~6羽留まっていました。更には一本の樹に数個の巣まであります。

 恐らく、鄭州市の近くに河があって、そこから親鳥がヒナ鳥の為に小魚を運んできているのです。

 どうして、あの大きな鳥たちは、わざわざこんな排気ガスの充満している街路樹の枝に巣を作るのだろう?

 解らないことばかりの鄭州市の一日目はこうして終わり、翌日、私は死ぬかと思う程の高熱を出したのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る