日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

河南中医学院へ入学

 2005年8月下旬。先の太極拳国際太極拳合宿が終ると、主なメンバー達は、同じく河南省で二年に一度行われる通称「年会」と呼ばれる、陳式太極拳家なら一度は出場してみたい!と思う大きな太極拳大会に参加する為に河南省焦作市温県へ向かいました。

 私は武館の受付の人の好意で一緒に連れて行って貰える事になり、それはそれは盛大なセレモニーから開幕される太極拳の聖地で行われる太極拳大会を存分に鑑賞する事ができました。

 開幕式はテレビでも放送され、全日程の中には競技大会だけではなく、ありとあらゆる角度から太極拳に関する文化・哲学を捉えた展示品の紹介もありました。

 この「年会」の開催中、既に私の脳神経は感動の極限を超えていましたので、妙に冷静になりつつあり、万華鏡の様に繰り広げられる太極思想の具現化・非具現化のオンパレードが私の脳神経に与える過度の刺激を「いつか、この大会に出場するんだ!」という具体的な目標で抑え、9月1日の河南中医学院への初授業の準備の為、河南省鄭州市の自宅へ帰りました。

河南中医学院

 私が当初『河南中医学院』で専攻したのは、初級中国語科と按摩科と経絡学科でした。

 一回目の初級中国語科の授業を受けた時、担任の先生に「き、きみは!一体どんな方法で中国語を勉強したんだい?独学で、しかも短期間で、ここまで発音と単語数をマスターした外国人には会った事がない。」と言われました。私は面食らって(そんなバカな)と思ったのですが、自分で思っていたよりハイ・スピードで中国語を習得しつつあったらしく、拍子抜けしたのと同時に、私の専攻した初級中国語科では「時間と学費の無駄になってしまう」と先生に言われ、がっかりしました。

 しかし、中級中国語科は授業時間が大量に多く、とても太極拳を学ぶ時間を捻出できそうになかったので、諦めて暫く初級中国語科に通う事にしました。

 そして経絡学科はと言うと、担任の先生の河南省訛りが強くてサッパリ何を言っているのか解らなかったので、困り果てました。教科書もあるし、黒板に書かれた字を見れば何となく意味は解るのですが、如何せん身体に関わる事です、“何となく”では絶対にいけません。間違って覚えてしまったら大変です。私は2回だけ経絡学科の授業を受けた後、この科の受講を中止しました。

 残りは按摩科です。これは北京に居た頃、武館と隣接していた按摩学校でしょっちゅう授業を見ていたので、大体の見当はついていました。

 しかし、按摩科の先生は私に針灸科に移動するように勧めるのです。“もやし”のような私の姿を見て「按摩は力がいるから女の子は大変だよ、針なら力はいらないから。」と言うのですが、針はどうも性に合わないので、私は断固として按摩科の受講を押し通しました。

 『太極拳は自己按摩である』という拳論を、深く研究したかったのです。

 こうして、週に数回の初級中国語科と按摩科を専攻した私は、残り全ての時間を『陳家溝太極拳館』で太極拳の練習に費やすか、ぼろアパートで独学の中国語学習に費やす日々をスタートさせたのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る