日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

陳家溝太極拳館での日々

 2005年9月、河南省鄭州市に渡り早くも2ヶ月が経った頃、毎日『太極拳祭り』のように賑やかだった太極拳館は、夏休みを利用して訪れていた外国人や学生達が皆去ってしまったせいか、急に静かになりました。

 そして、「ああ、これが通常の太極拳館の雰囲気なのだな」と感じる程、授業内容は安定してきました。

 私は太極拳館に長期留学している唯一の外国人だったので、一般の地元の学生と、専門的に太極拳教練養成を受けている『表演隊』チームとの間で、教練が話す殆ど聞き取れない河南省訛りに毎日頭痛がしながら、必死に授業の雰囲気に慣れようと努力していました。

 そして、あっという間に、それは見事に、スランプになりました。

河南省鄭州市 陳家溝太極拳館
 (館内では授業中の写真撮影は禁止の為、上写真は休憩中の自主練習の風景)

 まず、北京では笑顔で挨拶をすると相手も笑顔で返してくれるのですが、河南省でそれをやると「なに意味もなく作り笑いをしているのだ」といった風に嫌な顔をされます。

 仕方がないので諦めて無言でいると、「もっと皆と打ち解ける努力をしないと、太極拳なんて学べないぞ!」と言われます。

 しかし、そんな事より何より苦しかったのは、今まで習ってきた太極拳との練習方法の違いです。

 「体を養うのが太極拳、疲れたら休む、無理をしない、柔らかくゆっくり動く。」

 それまでは、日本でも北京でもそういう風に習ってきたのですが、太極拳の源流『陳式太極拳』は、元々陳一族が村を守る為に創始した武術性の高い太極拳ですので、身体能力に対する要求が桁外れに高いのです。

 中国武術界には「学拳容易、改拳難。」という言葉があります。その意味は「一から武術を学ぶのは易しいが、既に学んだ武術を改めるのは難しい。」という意味です。

 私は、それまで積み上げてきた僅か4年の太極拳歴だけを心の頼りに、一人単身で河南省まで来たものですから、自己防衛本能が、過去のそれを離そうとしません。

 頭では、「一から基本から学ぶのだ、その為に来たのだ、北京で迷ったあの頃を思い出せ、ここには私が渇望した系統立った基礎習得法があるではないか!」と心に言い聞かせるのですが、周りの人達と自分との、あまりの体力の差に惨めな気分に押し潰されそうになって、体が素直に動いてくれません。

 そして、その時はじめて北京では「お客様」扱いされていた事に気が付いたのです。日本にいる太極拳の師匠である山口禅師の弟子であるという身分で北京にいたのです。

 河南省では、その身分は通用しませんでした。私は“ただの”日本人留学生だったのです。

 もやしの様な自分の体、太極拳の型を覚えるどころか、一つの型を行っても、筋力不足でまともに立っている事すらできません。

 練習中、始終頭の中にあるのは、ただ6文字「あしがいたい」です。それ以外、何も頭に入りません。

 毎日ベッドから起き上がれない程の太腿の筋肉痛と、今にも破裂せんばかりの膝痛のせいで、夜は微熱を出し不眠症になり、ただ眠れないのは勿体ないからと、明け方4時から中国語の勉強をし、心は拒絶しているのだけれど、体だけは毎日太極拳館に行って練習する、という生活を送りました。

 それまでは、ちょっとした哲学者気取りで、体と心の修練の為にと学んでいた太極拳ですが、本場の地に訪れて「太極拳は本来武術である」という事実を否が応でも受け入れなければならない環境におかれてしまい、ビシバシと体育会系の心構えでやらざるを得なくなってしまったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る