日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

寒空にパジャマで徘徊

 2005年11月末、全身麻痺の日から自分の太極拳の練習方法に行き詰っていた私は、太極拳館へ行っても毎日心の中は疑心暗鬼でいっぱいで、とても無心に練習に取り組む気になれませんでした。

 恐らく“とーっても”暗い顔をして太極拳館に佇んでいる私を見かねた熟年の男性生徒が、「横山さん、ちょっとおいで」と言って声をかけてくれました。

 「君の為を思って言うのだけれど、あんまり長期でここに居ないほうがいいよ。それより日本に帰って自分の国の慣れた環境でしっかり練習して、年に1~2回ここの太極拳館に来て、陳正雷老師に直接個人レッスンして貰ったほうが、よっぽど上達するよ。大きい声では言えないけど、日本人は中国では嫌われるし、教練も人目があるから君に親切に指導する事はできないだろうよ。」

 ガーン・・・

 私は諸にショックを受けました。もう太極拳の練習どころか息をしているのも申し訳なくなり、その日は授業が終わると逃げるように家に帰りました。

 そう、私は、正にその時まで中国における反日感情というものを知らなかったのです。

 都会の北京では皆が親切にしてくれたので、むしろ日本人は好かれている位に思っていたのです。

 目の前が真っ暗になった私は、けれども夏の太極拳大会(年会)の感動や、数人ですが親しくしてくれている中国人の知り合い、そして何と言ったって後ろには何の道も残されていない己の状況を思い出し、なんとか留学を継続しようと頭の中を無理やりポジティブにしようとしました。

 そしてある夜、3時頃に目を覚ましてしまった私は、もの凄く暗い気分になったので、布団の中で一時間ほど悶々とした後に、好きな映画のVCDを観る事にしました。

 その映画は、その年に流行したジャッキー・チェンと韓国の女優さんキム・ヒソンが演じる『THE MYTH 神話』という武侠(+ちょっとSF)映画でした。

 心境が心境だけに、ラストシーンで必要以上に大感動をして号泣した私は、なんとかアドレナリンを分泌する事ができ、久しぶりに食欲というものを感じたので、興奮した気分のまま空っぽの台所を勢いよく素通りし、パジャマに上着を羽織った格好で(中国では皆さんそうしているので)、アパートの団地の入り口にあるお店に「鶏卵餅」(具の無いお好み焼きのような朝食)と豆乳を買いに行こうと、アパートのドアから一歩外に出ました。

 出た瞬間、

 「哎哟!我的天呢!」  (アイヨ!ウォ ダ ティエン ナ!)→オーマイゴッド!の意

 私は、寒空にパジャマに上着という姿で、アパートの鍵を持たずにドアを閉めてしまったのです。中国の一般住居のドアはホテルのドアのように閉めると自動的に鍵が掛かって、鍵を持っていないと開かないのです。

中国河南省鄭州市の朝の風景  ちょっと団地の入り口まで朝食を買いに行くだけのつもりだったので、頭はボサボサだし、薄着だし、携帯電話も持ってないし、お金も数元しか握っていなかったので、大声を出して泣きたい気分になりました。ドアには取っ手すら無いですし、おまけに二重ドアの二つともしっかり閉めてしまったので、考える余地も無く、完全に密室状態です。

 近所の太極拳館には寮があるのですが、そこに行って表演隊の男の子達に助けを求める気にもなれません。

 「このままでは凍え死んでしまう・・・」と悟った私は、意を決しアパートの階段を降り、団地入り口に常時いる靴修理のおじさんに、身振り手振りで状況を説明し、なけなしの数元で鍵開け職人に電話を掛けて貰いました。

 人間、命が掛かれば大抵の事はクリアできるものです。

 30分部屋の前で寒さに凍えながら職人を待つと、不機嫌そうな大男の鍵開け職人が道具箱を持って訪れました。

 その大男は「本当にここの住人か?なぜ家族がいないんだ?なぜ君みたいな女の子がこんな所に一人暮らしでいるんだ?」と訝しがって色々と質問をしてきましたが、私は日本人だとバレるのが怖かったので、無愛想なふりをして、早く鍵を開けてくれないかと、焦って嫌な汗をかきました。

 5分ほどで鍵は無事に開き、質問に答えられない居心地の悪さから、大慌てで部屋の中に入り、お財布からお金を取り出して大男の鍵開け職人に料金を払おうと思った瞬間、

 ・・・

 私はまた鍵を持ち忘れてドアを閉めてしまったのです。

 大男は更にもまして訝しげな顔になり、私の事を見る目があからさまに怪しい者を見る目になり、私は更に大量の嫌な汗をかき、筆舌に尽くしがたい雰囲気の中、もう一度鍵を開けてもらう事になりました。

 2回目は倍以上の時間が掛かり、大男は寒さと苛立ちからか「通常の2倍の料金を頂かねばならん」と言い出し、無事2度目の鍵開けに成功し2倍の料金を払い終え、大男にお礼を述べて見送った私は、部屋に戻ると力尽きてベッドに倒れ伏してしまいました。

 せっかく映画を観て分泌したアドレナリンもすっかり消えうせてしまい、かといって部屋に居ても気持ちは更にどんどん落ちてしまいそうでしたので、私はそれから頑張って太極拳館へ行ったのです。

 その頃の私は練習をする以外、他には何も無かったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る