日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

陳家溝の民家を訪ねる

 2005年12月、私は毎日怯えるように太極拳館へ通っていました。

 “反日感情”という問題を初めて意識してから、もう学ぶどころか中国にいる事すら申し訳ないような気がして、日に日に心が萎縮していきました。

 「このままでは、潰れる・・・」

 そう思った私は、夏の国際太極拳合宿で友達になった陳家溝に住んでいる中学生の刘欣(リュウ シン)君のお兄さん(太極拳館の表演隊に所属している)に頼んで、お母様に「陳溝家に訪問したいのです」と伝言して貰いました。

 とにかく数日でもいいから、その場から逃げ出したかったのです。

 ちょうど週末に家に帰る用事があるという刘欣君のお兄さんが、長距離バスに乗って一緒に陳溝家に連れて行ってくれる事になりました。

 太極拳発祥の地である陳溝家へは、以前太極拳留学の候補地として訪れた事はあったのですが、しかし通訳さんや日本の太極拳の師匠と一緒で、半分観光気分だったので、いま一つ印象が薄かったのです。今回は地元の方達と直に触れ合う事ができる良いチャンスになる!と少し期待を持ちました。

 リュウ君のお母様は陳家溝の隣の村で小学校の先生をしているそうで、日本人の私でも快く迎えてくれました。

 底冷えのする陳家溝の民家の客間で、電波の悪いテレビを眺めながら、リュウ君とお兄さんとお母様と私で、色々な話をしをしました。そして話が長くなると、日本と中国の過去の歴史(戦争)の話になりました。

 私の中国語力が及ばないせいか、話の中で「日本人は中国では嫌われるので、生活するのが大変です」というニュアンスの発言をしてしまい、お兄さんの逆鱗に触れ「私達が日本人を嫌っているのではない、日本がきちんと過去の行いに対して謝罪をしないからだ」と強い口調で怒鳴られてしまいました。

 「弟の友人でなければ、寒空に外へ叩き出していた所だ」と言われ、私は初めて自分が被害者の様な気分でいたのが誤りである事に気が付きました。

 詳しく話を聞くと、リュウ君のお家のお爺さんは、以前の戦争で日本兵に殺されてしまったそうです。

 激昂するお兄さんを「まぁまぁ、横山さんはその時代にはまだ生まれていなかったんだから、責めるのは可哀想でしょう」とお母様がなだめて下さり何とか雰囲気は収まったのですが、私は益々(不用意に歴史に関する発言をしてはならない)と自分を戒めました。

 その日はリュウ君のお家で農家の晩御飯を頂き、空いているベッドで寝かせて貰いました。

 しかし、底冷えのするリビングで長時間お話をしていた時に、お母様が注いでくれた“クコの実”を入れたお湯を飲みすぎたせいで、トイレに行きたくて殆ど眠れませんでした。

 陳家溝の民家のトイレ(厠)は、大抵裏庭の畑の隅にレンガで囲った“ただの穴”です。リュウ君の家もそうでしたので、外は真っ暗だし、玄関の門の開け方もわからないし、それより何より恐ろしい程に寒かったので、とても一人で厠へ行く気にはなれませんでした。

 窓から見える透き通るように澄んだ月を時々眺めながら、布団に丸まってどんどん冷えてくる気温の中、ジリジリと朝を待ちました。

 そして翌朝、リュウ君は学校へ行き、トイレを済ませ正常な意識に戻った私は、昨夜の激昂などケロリと忘れたかの様な上機嫌なお兄さんと、そしてお母様と一緒に、陳家溝巡りへ出発しました。

陳家溝  陳一族の先祖代々の墓石や、太極拳の開祖である『陳王廷祖師』を奉った記念館、陳家溝の村の名前の由来となった、現在では水が無くなってしまった溝など、リュウ君のお母様はとても親切に全ての太極拳に纏わる場所を案内して下さいました。

 お陰で私は少し気分が晴れてきたのですが、途中で立ち寄った、陳家溝に沢山ある太極拳学校の中の一つに、校内に「日本兵が攻めてきた時に、何某という達人が打ちのめした云々」という案内板があり、それを無表情で読んでくれたリュウ君のお兄さんの心境を考えると、またまた落ち込んでしまいました。

 しかし、どうやら反日感情はあるけれども、私個人を嫌っている訳ではなさそうなので、あまり気にしない様にしようと思い、素直に案内されるがままに着いて行く事にしたのですが、次に立ち寄ったリュウ君の学校で、私は“本当に!”心からカルチャーショックを受けたのです。

 リュウ君は中学1年生でした。私が学校へ顔を出すと、同級生達は羨望と好奇の眼差しで私の周りに集まり、それはそれは大騒ぎになりました。

 「初めて日本人に会った!サイン頂戴!」

 とねだる男の子がいて、私が「いや、日本でも漢字使うから同じだよ」と言いうと、それでも“どーしても”欲しいと譲らないので、仕方なくタレントでもない私の名前を書いてあげると「なんだ、これ中国語じゃないか、日本語を書いてよ!」とコントの様なやりとりになり、それらの騒ぎが一通り収まると、今度はまたまた日中関係の話題になりました。

 12歳くらいの男の子達が揃って、「お姉ちゃん、日本へ帰らないでずっと中国にいなよ!もうすぐ日本と中国は戦争をするんだよ!僕達はお姉ちゃんが好きだから、お姉ちゃんと戦いたくないから、ずっと中国にいて中国人になって!」と無垢な目で訴えるのです。

 そして女の子達は恥ずかしそうに遠巻きに私を見ながら、「日本人の女の人って優しそうね、家ではずっと跪いて主人を待ってるらしいのよ、髪が黒くて綺麗ね、私達とおんなじね」と、きゃっきゃ、きゃっきゃと見物しています。

 男の子達が余りにも戦争の話をするので「日本はもう戦争はしないよ、大丈夫だよ」と言っても、聞いてくれません。「だめだ、お姉ちゃんは女の人だから政府の事を知らないんだ、絶対に日本に帰っちゃだめだよ、ずっと中国にいてよ」と取り付く島もありません。

 中国の農村では、こんなに小さな子供達でも政府や国家や政治の話をするんだ・・・

 私は改めて自分の留学の意味を考えさせられました。

 そして、帰りにリュウ君のお家にもう一度立ち寄り、お昼ご飯を頂きました。

 リュウ君のお婆ちゃんが「私はこんな女の子の孫が欲しかったんだよ」と言って、特別に炸酱面(ジャージャー面)を作ってくれたのです。

 農村では貴重なお肉と、裏の畑で取れた野菜を入れて作ってくれたジャージャー面は、素朴で美味しくて優しい味でした。

 旦那様を日本兵に殺されたのに、日本人の私を孫の様に思ってくれ、ニコニコしながら私が食べている姿を見ているお婆ちゃんの顔を見て、私は泣いたのです。

 そして、その後の6年間の中国留学生活の中で、私は幾たび反日感情を向けられても、一度も「私はその時代には生まれていませんでした」とは言いませんでした。

 言えませんでした。

 お婆ちゃんのジャージャー面が、それまで自分の問題だけに頭を抱えていた私を変えたのです。

 私の心が、少しずつ変化し始めたのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る