日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

認識能力が低下する

 2005年12月中旬、陳家溝から鄭州市の太極拳館に戻った私は、また新たな気持ちで太極拳に取り組む決意を固めていました。

 しかし、ちょうどその頃、授業の内容がやっと覚えたばかりの老架一路(太極拳の基礎となる最も伝統的な套路)から新架一路に変わっていたので、私は非常に戸惑いました。

 「どうして毎月毎月、授業の内容が変わるのだろう?」

 太極拳館の授業内容のローテーションが早すぎて、一ヶ月かけてやっと覚えても、また次の月には新しい内容の套路に変わってしまうので、覚えては忘れ、覚えては忘れ、詰め込み詰め込みで、とても頭と体がついていけませんでした。

 基礎も出来てないのに、形ばかりのポーズを覚えなければなりません。

 後から考えたら、不特定多数の生徒さん達を受け入れる為に組まれた授業内容なので、その事をきちんと理解した上で、自分に必要な練習をマイペースでやっていけば良かったのですが、当時の私は、ただ“でくのぼう”の様に言われた事をやっていく事しかできなかったので、徐々に心理的負担が大きくなっていきました。

 下盤(下半身)もまだ出来上がっていないのに、激しい動きの練習も行わなければなりません。

 だんだん、嫌になってきました・・・

 見れば他の生徒の皆さんは、楽しそうに新しい動きを「ああでもない」「こうでもない」と交流しながら練習しています。しかし私はむっつりと黙ったまま、隅の方で基本の型だけを、やる気ナシナシで動いている状態でした。

 なんだか授業の練習内容に意味を感じられないのです。もっと正確に言うと、基礎が出来ていないので、無様な動きをして自信を無くすのが怖くて、動きたくないのです。

 つまらない自分のプライドの為に、誰にともなく心の中で八つ当たりをしました。

 「こんなのが太極拳なのか?まるで少林太極拳みたいじゃないか!?」

 疑心暗鬼で心は一杯になり、かといって教練に質問する事もできず、悶々と打開策も見つからないまま、太極拳館の隅っこで“座敷わらし”の様に蠢いていました。

 その頃からです。単調な日常生活の中で、物事の認知能力が徐々に低下し始めてきました。

河南省鄭州市の野菜市場  まず、いつものように練習を終えて帰り道に野菜市場に寄っても、野菜を野菜として認識できません。

 練習を続けるには・・・、いやもっと根本的な人間の必須行動を述べるならば、まず生命を維持する為には、年がら年中食物を食べなければなりません。

 少なくとも、3日も食べなければ体は参ってしまいます。

 しかし、トマトを見ても、ほうれん草を見ても、饅頭(マントウ)を見ても、何も感じないのです。

 食欲が無いと言うのともまた違い、調理するのが面倒という訳でもなく、トマトをトマトとして認識できないのです。

 しかし朦朧とした意識の片隅には「午後の練習の為に、お昼ご飯をタベナケレバナラナイ」という何者かからの指令があります。

 困った私は、自転車を手押ししながら野菜市場を5回以上ぐるぐると回った後に、ロボットの用に何かを手に取り、老板(店長)に告げられたお代を払い、家に帰ると、取りあえず切って炒めてお皿に盛って食卓の上に置いてみました。

 一口食べると、猛烈な飢餓感が湧き起こり、一気に平らげると、そのままベッドにうつ伏せて寝てしまいました。

 それが最初の兆候でした。

 そんな無理強いを2週間も続けた私は、とうとう最後には何を食べても砂の味しかしなくなり、毎食2口以上喉を通らなくなり、たぶん恐らく『ノイローゼ』という状態になってしまいました。

 「鬱なら経験あるけど、ノイローゼって何?わからない!恐ろしい!」

 こんな最果ての地でノイローゼになって死んでしまったら大変嫌なので、頑張って野菜市場に行きました。

 並んでいるトマトの前で、正にそのトマトの前で、紛れも無くトマトの前で、もはや念仏を唱えるかの如く、大好物の料理の名前を「トマトと卵の炒め物、トマトと卵の炒め物、トマトと卵の炒め物・・・」と無念無想の境地で、拝むように一生懸命に何度も呟いてみました。

 しかし目の前のトマトは頑として、まるで紙に描かれた絵の用に、実に非現実的な物体にしか見えないのです。

 私は諦めて家に帰り、三日三晩寝たきりをする事に決めました。

 もはや残された方法は、最後の生命力の発動に頼るしかありません。

「嗚呼、トマトをトマトと思えた頃は、なんて幸せだったんだろう」

 そんな訳の解からない事を考えながら、一人部屋のベッドの上に四肢を投げ出して、無力に天井を見続けていました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る