日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

鍛錬の日々

 2006年の1月14日、私は中国河南省鄭州市のボロアパートで30歳を迎えました。

 誰も私の誕生日を知りませんでしたし、自分自身もそれどころではなかったので、何も考えずに過酷な鍛錬の一日を過ごして終わりました。

 毎朝、早朝よりト文徳(ぼくぶんとく)老師に「基本功じゃ!基本功が無くては大成せんのじゃ!基本功を積むのじゃ!」と、しごかれていた私は、具体的に何をさせられていたのかと言うと、まず柔韧性(柔軟性)をアップする為に、毎日、来る日も来る日も、早朝と午後の練習の前に、

 走らされていました・・・

 内心(え~!なんで走らされるの?)と思ったのですが、そんな事は言えるはずもなく、素直に走りました。

 早朝は、濃厚な排気ガスが充満する鄭州市の河辺を、そして午後はト老師の自宅前の駐車場を、物凄い勢いで走らされました。

 「ヒーヒー、ゼーゼー、ハーハー」です。

 ト老師曰く、武術の基本はまず体の柔軟性を十分に備える事から始まり、その為にストレッチは必須で、しかしストレッチを行う前には必ず体を十分に温めなければならず、その為にまず走る!と、それは解かるのですが、脳震盪を起こしそうなほど走らされた私の心臓は「死ぬんじゃないか」と思うくらい毎度毎度バクバクと鼓動を打ち鳴らし、追い討ちをかけるかの如く大量に吸った排気ガスで肺が痛くなり、もう何が何だか訳が解からなくなりました。

 走り込みが終わると「ギャー!ギャー!」と悲鳴を上げる程の、ストレッチをさせられます。

 (確か、私は大自然と共鳴する為に太極拳を学びに中国に来たような気が・・・)

 そんな考えを一掃するかの如く、ストレッチが終わると、ト老師の武魂指導が始まります。

 地獄の“腰ねじり八卦掌構え100本”&スクワット→限界まで、です。

 しかも、一本たりとも眼法を失ってはなりません。

 もう、それだけでヘトヘトなのですが、そのメニューでは一時間しか経たないのです。まだタップリ時間が残っているのです。

 基本功の練習を終えると、お湯を飲みながら小休憩します。

 大酒豪のト老師は、たまに「ほほほ、今日は寒いから、ちょっとだけ呑まんかね?」と、休憩中に50度以上ある白酒を私に勧めるのですが、そんなもの呑んで練習したら本当に死んでしまうので、断るのに毎回難儀しました。 (確かに中国北部には、霧と冷気の強い日は、少量のお酒を飲んで湿邪を払う、という古い養生法があると聞いた事があります)

 とにかく、お湯を飲もうが、白酒を呑もうが、私の体力は回復するはずもなく、しかし容赦無く後半の練習は始まるのです。

 ある時、あまりの疲労に堪り兼ねた私は、ト老師に質問をしました。

 「あのぅ、ト老師、八卦掌は内家拳(気を練る武術)ではないのでしょうか?何故こんなに柔軟やら筋力やら鍛えなければならないのでしょうか?気はいつ練るのでしょうか?」

 すると、ト老師は一言

 「気を伝える筋肉が無くて、どうやって力を出すんじゃ」

 (ガーン!)

 それにて、私の中国武術への迷信は全て拭い落とされました。

 どうして、そんな簡単な事に今まで気が付かなかったのでしょう。

 思えば陳式太極拳だって、発祥の地は農村ではないですか。毎日農作業でしっかりと体が出来ている状態から『放松(リラックス)』という要求をしていたのです。まずは基礎体力あってこその『力を抜く状態』という要求なのです。

 無い力は、抜けません。

 (でも、私、虚弱体質だし・・・)と一瞬思いかけて、(やめた!やめた!もう虚弱体質はウンザリだ!私は変わるのだ!)

 誰も私に制限などかけていません。私自身が変わろうと思えば、変われるのです。(変われるのだ!)

 そう思うと、ト老師のしごきも楽しく思えてきました。目の前に本物の武術家がいて、本気で私に指導して下さっているのです。百分の一、いや千分の一も学べないかもしれませんが、とにかく限界まで打ち込んでみようと思いました。

中華武林百杰 ト文徳(ぼく ぶんとく)老師
『剣を持っているのが若き日のト文徳(ぼく ぶんとく)老師』
     『その後ろにいる方が形意拳の達人・沙国政(しゃ こくせい)老師』

 毎日練習が終わると、ト老師は私を家に呼び、色々なお話を聞かせて下さいました。  ト老師のご自宅の壁には、沢山のメダルや勲章、写真が掛けてあり、その中にひときわ目を引く写真があったので、何の写真か伺ってみた所、昔、まだト老師が現役だった頃、かの有名な形意拳の達人・沙国政(しゃ こくせい)老師が、ト老師が最も得意とする六合刀を学びに来られた時に撮影したものだったそうです。  しかし、その頃、沙国政老師は既に非常に有名になられていたので、自ら学ぶ事は立場的に不便であった為、お弟子さんを残して帰られたそうです。  ト老師に武術の基礎を学び始めてから後も、私は毎日太極拳館にきちんと通っていました。  ト老師も、私の太極拳が上達する事を望んで下さいましたし、私自身、心から太極拳を愛していたからです。  毎日、スパルタ鍛錬をこなしていたせいか、太極拳館に通い始めたばかりの頃のコンプレックスは無くなっていました。

2006年 陳家溝太極拳館の年末イベントでテレサ・テンを歌う横山春光  むしろ、太極拳館の仲間が驚くほど、私は急スピードで上達し始めていたのです。

 そして、心身ともに充実感が芽生え始めた矢先、人生は波乱万丈です。思いっきり調子を崩す事になった、中国で初めて過ごす旧正月が訪れたのです。

(※右上の写真は、旧正月に入る前の陳家溝太極拳館の年末イベントで、これから何が起こるかも知らず、のんきに日頃の鍛錬の過酷さを忘れるかの如く、テレサ・テンを中国語で熱唱している姿)

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る