日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

恐怖の「タクシー」

中国の春節の飾り  2006年の1月28日、中国に留学してから初めて迎える旧正月の前日、つまり日本で言うところの大晦日の夜、私は自宅のぼろアパートで、まんじりともしない夜を過ごしていました。

 旧正月に入る前の陳家溝太極拳館の年末イベントの際、陳正雷老師より「春節(正月)は日本に帰るのですか?帰らないのであれば、私の家にいらっしゃい、一緒に年越しをしましょう。」とおっしゃって頂いていたので、他の全ての方々からのお招きを断って、自宅でずっと連絡を待っていたのです。

 しかし、待てど暮らせど私の携帯電話は“リン”とも鳴りません。なにやら盛大に始まった日本版『紅白歌合戦』の様な番組を流しているノイズが強過ぎて頭痛のしそうなテレビのブラウン管を眺めていると、あっという間に年は越してしまいました。

 私は急に寂しさが込み上げてきて、夜中に泣きそうになりました。

 (どうしてト文徳老師は私を年越しの晩に呼んで下さらないのだろう?どうして陳正雷老師は連絡を下さらないのだろう?どうして中国の人は挨拶をする度に「何か困った事があったら何時でも言いなさい、力になるから」と言うのに、実際に頼み事をしても放って置かれるのだろう?どうして私はいつも頼まれた事は誠心誠意応えているのに、太極拳館の仲間との友情が深まらないのだろう・・・)

 ・・・

 落ち込んだ感情は、それ自体が呼び水となって過去の悪いイメージを思い起こさせます。そして冷静ではいられなくなり、更に、それらの負の思いの連続は“関連性”を無視して雪だるま式に膨らんでいきます。

 年越しのカウント・ダウンを終えた中国版『紅白歌合戦』は、徐々に新しい年へ向けてのエネルギッシュな装いに変わり始め、司会の話す台詞は中国大陸全土を震撼させるかの如く壮大なポジティブ単語の羅列の波となって響き渡り、それに伴い私の心は見事な反比例の曲線を描いて「ズブズブ」と奈落の底に落ち込んでいったのです。

 後から知った事ですが、中国の伝統的な習慣では大晦日と元旦は家族で過ごすのです。どんなに近しい弟子でも、大晦日の夜に師匠の家に伺う事はしないのです。新年の挨拶は、元旦の翌日、若しくは翌々日に『拝年』と呼ばれる形式で挨拶に伺うのです。(後にも先にも、大晦日に自宅に招いて下さったのは、現在の師である麻林城老師だけでした)

 当時はそれらの習慣は何も知りませんでしたので、突然、連日続いていた朝から晩までの鬼特訓の日々から放り出された様な寂しさで、大晦日、元旦、その翌日、と一向に鳴らない携帯電話を、半分泣きべそをかきながら横目で眺めて過ごしました。

 そして、お正月が明けてから3日目、やっと陳正雷老師よりご連絡を頂きました。

 私は事前に『拝年』の手土産を用意していましたので、さっそく一張羅のジャージに着替え、手土産を抱え、陳正雷老師のご自宅へ向かうべく、外に出てタクシーを探しました。

 4日も一人でいたので、やっと賑やかな場所に行ける、と言うより日常を取り戻せる、と思うと少し心が弾みました。

 その年は、まだ旧正月に放つ爆竹が禁止されていた年でしたので(翌年から解禁されました)、不気味に静まり返った表通りに出ると、ちょうど閑散とした道路を一台のタクシーがこちらへ向かって走って来ました。

 手を挙げてタクシーを止め、車内に乗り込み運転手さんに行き先を告げると、「こんな日に女の子が一人で何しに行くんだい?」と聞かれました。

 私は「老師のご自宅に新年のご挨拶に伺うのです」と答えると、運転手さんは河南省訛りの口調で「実家に帰って家族と過ごすべきだ、正月に女の子が一人で出歩くのは決して良い事とは言えないなぁ」といった内容の事を独り言のように呟きはじめました。

 「君の田舎はどこだい?」

 赤信号で車を停止した時に、いきなり運転手さんが振り返って私にそう聞いてきたので、私は太極拳館の友人から固く忠告されていた通り「日本人」だとは言わず、「広東省です」と答えました。

 「広東省か、おれも行った事あるよ、広東のどこ?」

 (ああ、これは不味い、誤魔化せない!)

 と思った私は、今度は同じ友人から忠告されていた『第二案』を発動しました。

 「いや、実は私は韓国から来たのです、父は広東省出身で母が韓国人なんです」

 そうです、そうなのです、その当時、既に中国にも韓流ブームが訪れていたのです。韓国人と言えば大抵好感を持たれていたのです。間違っても見知らぬ人に「日本人」などとは口走ってはいけなかったのです。

 「へぃ、それじゃあんたは中国人と韓国人のハーフなんだね、そいつは珍しいやい」

 運転手さんは突然好奇心のスイッチが入ったのか、中国と韓国の文化や発展の差について猛烈に喋り始めました。

 もともと私は作り話は大の苦手なのです、作り話をするのは非常に疲れるのです、我ながら思うに“竹を割ったような”性格なのです。私はタクシーの車内に流れ込んでくる排気ガスの臭いと、居た堪れない雰囲気のストレスで胃が痛くなりそうになり、(はやく陳正雷老師のおウチに着かないかなぁ)と、ただ一心に祈るだけでした。

 やがて運転手さんは「いやぁ、でもあんたが中国人と韓国人のハーフで良かったよ、これが日本人だったら話は違うからねぇ」と言い始めました。

 「タラ~リ」

 私は背中に嫌な汗を掻きました。

 「実はね、俺は昔北京でもタクシーを転がしていた事があるんだよ。そん時に、空港ま行ってくれっていう4人連れの客がいたんで乗せてやったら、ちょうど高速道路を走っている時にそいつらが日本人だって事がわかったんで、その場で全員引きずり下ろしてやったよ!」

 (あわわわ・・・)

 恐らくその時の私の顔は真っ青であったでしょう。

 「しかしお姉ちゃん、あんたの中国語には広東の訛りがないねぇ、お父さんは広東人じゃなかったのかい?」

 私は、もうどうしたって、この『中国人と韓国人のハーフ』という苦肉の策を貫くしかなかったので、「私は韓国の学校で中国語を学んだのです、母は中国語が話せないので父は家では韓国語しか話さないのです」と答えました。

 後から中国の友人に聞いた話では「根掘り葉掘り質問してくるタクシーの運転手は失礼だから無視してればいい」との事だったのですが、根が日本人なので、無視するなんてできません。

 私の「一刻も早く陳正雷老師のご自宅に着いて欲しい」という祈りは虚しく、実に長い道のりを延々と走り、その間、運転手さんより、如何に日本人が卑劣かを深々と語られ、時に剥き出しになる反日感情に(今、私が日本人だとバレたら、どんな目に遭わされるのだろう・・・、うう)と想像して、心底恐れおののき、改めて普段接してくれている中国の知人、友人、そして何より陳正雷老師やト文徳老師が自分に良くして下さっているのかが、身に染みて、ありがたく思えました。

 その時の恐怖は今でも忘れられません。しかし戦時中の中国の国民の方々の恐怖に比べたら、私の感じた恐怖など微々たるものだと思います。

 しかし、当時2006年の旧正月を一人中国河南省で過ごしていた私は、一歩太極拳館の外に出たら日本人だという事をひた隠しにしなければならない状況下にあり、更に中国国内でも非常に保守的な伝統武術を学ぶという、普通では考えられない目標を打ち立てて、まるで“おたまじゃくし”が滝を登るかの如く無謀なチャレンジに挑んでいたのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る