日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

同志現る

 2006年6月中旬、既に真夏並みの暑さとなっていた中国河南省に舞い戻った私は、まず何はさておき、ト文徳老師のお宅へご挨拶に向かいました。

 「ガン!ガン!ガン!」

  鉄製の扉をノックし

 「ト老師、我来了!」

 と声を張り上げると、ト老師は「好、好、(よし、よし)」と言って扉を開けて下さいました。

 私はまず、しっかりとト老師の眼を見てから、電話一本で逃げるように帰国してしまったお詫びをし、「今後はしっかり気持ちを新たに精進します!」と宣言しました。それから、日本から抱えてきたお土産をお渡しして(中国の師弟関係では、学費より“心意”と云って御土産が重要なのです)、続いてご家族のご健康をお伺いしました(これも礼節として大切です)

 ト老師は戻ってきた私を見て、とても喜んで下さり、またいつもの口調で「ホホホ、帰国してしっかり皆に中国で学んだ事を伝えてきたかね?まだまだ修行が足らぬ事がわかったじゃろう、中国での生活は苦しい、しかし少林寺で修行してる子供達に比べたら、お前さんはまだ恵まれておる、住む家も清潔で環境も整っておる、しっかり精進するのじゃ!」

 と励まして下さいました。

 私は少林寺の子供達と自分(30歳)の体力の差を比べる前に、ト老師に見捨てられなくて済んだ事が嬉しくて、心の中でホッと一安心しました。

 ト文徳老師のご自宅はいつも節電のため薄暗く、壁に掛けてある賞状やメダルだけが重々しく輝いています。

2006年6月 ト文徳老師のご自宅にて(横山春光)

 「旅の疲れもあるじゃろうから、2日間休んで練功に来なさい」と、ト老師がおっしゃって下さったので、私はひとまず自宅に帰ると何もする事がなかったので、太極拳館へ向いました。

 館内に入って行くと、何やら、ざわざわと人だかりができています。

 「横山さん、見て見て!ほら、あれ、外国人だよ!」

 (え?どこどこ、へぇ~、珍しい、外国人が来たんだ!)

 (でも、私も一応外国人なんだけどなぁ~)と思いながら、人垣を掻き分けて覗いて見ると、30代くらいの大人しそうな男性が太極拳館の片隅に佇んでいました。

 聞くと韓国人だそうで、よく見てみると確かに韓国ドラマに出てくる男性のようなパーマ(“たのきんトリオ”のトシちゃん風)をかけた方でした。

 どうやら中国語が殆ど話せないらしく、一人寡黙に太極拳の練習に取り組んでいましたが、その太極拳がとても上手だった事に私は驚きました。

 中国人の太極拳の風格とは少し違った、奥ゆかしさのある不思議な風格の拳なのです。私はとても新鮮なものを感じ、興味を惹かれました。

 おそらく、私が帰国している間に太極拳館に留学に来たのでしょう、周囲の学生の反応から見ても、まだ半月も経っていない筈です。

 ジロジロと周りの学生に見られながら、一人寡黙に練習している姿を見ていると、何だか人事とは思えなくなってきました。

 私もまったく中国語を話せない状態から中国に来たので、どんな単語を使えば会話が通じるのかは心得ています。簡単な単語と身振り手振りで話しかけてみると、その方はパッと表情が明るくなり、嬉しそうに片言の中国語で

 「ワタシノ、トモダチ、キョウ、オナカ、イタイ、ヤスンデイル、アシタ、ココニ、クル、ソノ、トモダチ、ニホンゴ、ハナセル」

 と、私に会わせたいような様子をしていました。

 翌日現れたその方の友達は、とても人柄の良さそうな感じの方で、日本語も流暢とまではいきませんでしたが、通常のコミュニケーションを図るには問題のない日本語能力を持っている方でした。

 聞くと、太極拳館との手続きやら、食事やら、日常用品の調達やら、中国語が解らないのでとても困っているらしく、私と会えた事でとても嬉しい、と言ってくれました。

 その日から、私は2人の面倒係、と言うより親友の様に親しく交流を深めるようになりました。

 日本語も中国語も話せないのは「ジュアン」という名前の方で、地元韓国で太極拳の教練を勤めている実力派でした。もう一人は「ヘソ」という名前の方で、韓国のファンタジー作家でした。ヘソ君は、さすが作家と唸らせる程、私との日本語会話の中で、日に日に日本語力を上げていきました。

 この2人の友人のお陰で、私は新しい角度から自分の状況を把握する事ができました。

 会話と会話の“間”、距離感、礼儀作法、心遣い、言葉は不自由でも、韓国人と日本人の交流は非常に快適なものだったのです。

 私は何のストレスも無く、韓国の友人2人と色々な話をしました。

 最初、私は韓国と日本の文化がきっと似ているんだ、だから気が合うんだ!と単純に思っていました。しかし交流を深めるにつれ、それだけではない事に気がつきました。

 太極拳教練のジュアン君は仏教を信仰しており母親は漢方医、ファンタジー作家のヘソ君は愛読書が『金剛経』だと言うのです。

 2人とも、人生のある時期に絶望の淵まで追い詰められた事があったそうで、そこから心の平安を求め、仏教の思想や、太極の思想を学び始めたと言うのです。

 日本で仏教やら太極思想やらの言葉を使うと、とかく敏感な反応を受ける事になりますが、私達の会話ではサラリと澄み切った青空の話でもしているような爽やかなものでした。

 私は、生まれて初めて“同志”と呼べる友に出会えた事を知り、歓喜で胸が一杯になりました。

 しかし、2人が中国に滞在できるのは、3ヵ月間だけでした。

 たった3ヵ月・・・

 せっかく出会えた同志と共に過ごせる時間のあまりの短さに、胸がキュっと締め付けられる思いがしました。

 「でも、せっかく縁あって同じ場で鍛錬する事ができるんだ!精一杯切磋琢磨しよう!」そう自分を叱り飛ばして、いつもの様に早朝のト老師の特訓を終え太極拳館へ向うと、入り口の告知板に新しいニュースが貼り出されていました。

 『第二届中国陳家溝国際太極功夫精英賽』

 太極拳の本場、河南省で行われる伝統陳式太極拳の大会です。

 私とジュアン君は、この大会に出場する事を決意し、ヘソ君は私達のサポート役を買って出てくれたのです。

 この大会が終了すると、ジュアン君とヘソ君は韓国へ帰ってしまいます。

 しかし、私達は何も言わず、この『大会』という名のもとに、つかのまの“以武会友”の時を過ごす事を誓いあったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る