日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

若き猛虎たち(陳一族の血)

 2006年8月上旬、太極拳大会を2週間後に控えた私たちは、各自それぞれ自分のエントリーした種目の套路の仕上げにかかっていました。

 私は毎日の練習メニューを大会出場の為に調整する必要があったので、早朝のト文徳老師のしごきを一時停止して貰い、毎日午前中は太極拳館で太極拳の基本功に力を入れ、昼食後は少し休み、午後2時~3時までの一時間『伝統陳式太極拳 競賽套路(五十六式)』を太極拳館の教練である鄭冬霞(ジェン・ドンシィア)教練に個人指導して頂き、それが終わると急いで自転車に乗ってト文徳老師のご自宅へ向かい、『伝統陳式太極単剣』の手ほどきを受けていました。

 ト文徳老師曰く、

 「わしゃ、太極拳は嫌いじゃ」

 だそうです。

 「若い頃、陳式太極拳をやってみたが、どうも動きが遅すぎて、イライラして、性に合わん!」

 だそうです。

  しかし、陳式太極単剣(つるぎ)は何故かお気に召していたようで、

 「陳式の剣(つるぎ)は良いぞ、戦う剣じゃ!戦剣じゃ!」

 とおっしゃって、ご指導はノリノリでした。

 それまで、私は太極剣(つるぎ)も太極拳も同じ気分で練習していたのですが、ト文徳老師に「武器と套路は別物じゃ、套路は内に含む、武器は相手にとどかければならんのじゃ!」

 と言われ、目から鱗が落ちました。

 突く!切り上げる!切り下ろす!叩っ切る!払い切る!滑り切る!柄で殴る!振り向きざまにもう一切り!

 それまで優美だと思っていた太極剣(つるぎ)が、ト文徳老師のお陰で“オラオラ”モードの戦剣に変身しました。

 一方、同じ時間、ヘソ兄さんは寮でお仕事の小説の執筆活動をし、ジュアン兄さんは太極拳館で表演隊(陳家溝から選び抜かれた若者たちで編成されている太極拳の専門教練になる為の養成を受けているチーム)と一緒に、『推手』の特訓をしていました。

 この特訓は凄まじいものでした・・・

 ハードな走り込みや減量、ウェイト・トレーニング程度のものなら、もはや私は驚かなくなっていました。何に驚いたのかと言うと、いつもはお洒落で遊び好きの表演隊の男の子たちの“豹変”ぶりです。

 表演隊は、実力+ルックスで選考されているらしく、全員十代の男の子チームは、さながら日本で言うジャーニーズ軍団の様でした。

 良い言い方ではありませんが、いつもは何となくプライドが高くて、服装や髪型などにこだわっている(まぁ、十代とはそういう年頃かもしれませんが)男の子達が、推手になると“物凄い殺気”を出して豹変するのです。

陳式太極推手

 ジュアン兄さんなど、ある日、推手で表演隊の体の細い男の子と組んで、Tシャツで顎を擦って流血したと言っていました。

 (Tシャツで擦って流血って、どんだけ擦ったの・・・)

 と私は思いましたが、実際に練習現場を見て納得しました。

 表演隊の男の子達の推手は、テクニックとか、パワーとか、そういう評論めいたものを一切言わせない圧倒的な気迫があり、それは間違いなく陳一族の末裔そのものでした。

 純粋な戦う眼、呼吸、そして、練習の合間の静けさ。

 計り知れない太極拳の歴史の氷山の一角を見た様な気がしました。

 太極拳の発祥の地、陳家溝は農村です。非常に貧しく、私が通っていた陳家溝太極拳館の創立者である陳正雷老師など、幼い頃、剣の練習をするにも、剣そのものが無かったので、木の枝を拾ってきて仲間と練習をしていたそうです。

 物資も医療も乏しい農村で、一族の残した太極拳という技を継承し続けてきたのです。

 血です、血、すなわち命、伝承とは命を介して伝えられていくものだと、肌で感じました。

 大会の一週間前、ジュアン兄さんはエントリーしていた『推手』を突然辞退しました。「套路のみの出場に絞る」とだけ短く言って、後は何も言いませんでした。もともとジュアン兄さんは推手を学ぶ為に河南省に来たのですが、男として自分の年齢と方向性、そして大会においての推手の意味の違いを見極めたのでしょう。私は潔い選択だと思いました。

 そういう私は、相変わらず鄭冬霞教練に『伝統陳式太極拳 競賽套路(五十六式)』を、そしてト文徳老師より『伝統陳式太極単剣』をご指導頂いていましたが、やはり大会の一週間前、ト文徳老師に練習が終わった後、こう言われました。

 「よいか、この一週間、決して風邪を引いてはならぬぞ、そして夜間は外に出てもいかん、鄭州の道は舗装が良く整備されておらん、万が一ガラスでも踏んだら一大事じゃ、そして3日前から練習時間を半分に減らして十分に休むのじゃ、良いか、わかったかね?」

 (ふむふむ)

 私は良くわかったので「わかりました!」と返事をしました。

 続けて、ト老師

 「それから、もう一つ、よいか、絶対に“エレベーター”に乗ってはいかんぞ!」

 (えぇぇ、それはよく解らないなぁ、エレベーター?停電で閉じ込められるとか?)

 私がキョトンとした顔をしていると、ト老師は遠い眼をしながら語り始めました。

 「ワシがまだ現役時代じゃった頃の話じゃ。ワシは河南省チームの代表として、よく地方の大きな武術大会に出向しておった。ある大会の時じゃ、ワシは団長だったので、当然団員の管理をせねばならんかった。無事に大会の宿泊施設に入って皆で食事を済ませ、部屋に戻る時の事じゃ、大きなホテルじゃったのでエレベーターに乗ったんじゃ、ちょいと人数が多かった、無理をして乗った一人がエレベーターのドアに指を挟んで爪を割ってしまったんじゃ!」

 そこまで言い終えると、ト老師は遠い眼から急に近い眼に変わり、地団太を踏み始めました。

 「嗚呼、あれは良い選手じゃった、爪を割ったのは『推手』の名人じゃった、優勝間違いなし!と前評判の高かった、脂の乗り切った一番いい時期の選手だったんじゃ、良く考えてみぃ、套路は爪を割っても大して差し支えないが、しかし推手の選手が爪を割ったら致命傷じゃ~!」

 と、ト老師はまるで昨日の出来事のように悔しそうなご様子で地団太を踏み続けています。

 「わしゃ、今でもその事を思い出すと口惜しい、口惜しいんじゃ!」

 御年90歳とは思えぬ頑丈な膝で、“ドスンドスン”と地団太を踏んでいます。

 (あわわわ、ト老師、そんなに興奮したら、また血圧が、血圧が・・・)

 私は内心焦りましたが、ト老師を止められる人間など、この世には存在しないと思っていたので、(ト老師はそんなにご自分のお弟子さんや選手の事を大切に考えていたのだなぁ)と感激する事にしました。

 この時期の私の練習内容を“一般的な”客観的視点で見ると、非常にバランスの悪い状態だったかもしれません。

 片や内面の感覚を重視する太極拳、片や筋肉を鍛えるト文徳老師のしごき。

 友人と言えば、精神的な平安を求めて共に精進する韓国の同志たち、そして戦う血を秘めた陳一族の末裔である若き猛虎(表演隊)たち。

 まったく正反対の練習を同時に行って、滅茶苦茶だったかもしれません。

 実際に、色々な人から「そんな練習をしていたら、結局全部中途半端で終わっちゃうよ」と言われていました。

 しかし、いま思い返せば、どちらかに偏ることなく自由に「体を動かす」という経験をした、貴重な時期でもありました。

 思いっきり好奇心に任せてチャレンジして、汗を流して、挫折して、泣いて、笑って、食べて、眠って。

 登校拒否児になる前の、本来の“やんちゃ”だった自分を取り戻せた、大切な時間だったのです。

 そして、この時期があったからこそ、中国伝統武術を幅広く観る事ができ、延いては現在の師である麻林城老師との出会いに繋がっていったのです。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る