日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

云龍とト氏八卦鉞(ユエ)

 2007年4月、ト文徳老師のお孫さんであるト云龍は、本当に恋人を連れてト老師の家に帰って来ました。

 そして約束通り、私に武術の基礎を教えてくれるようになったのです。

 たまに仲間が呼びに来たり、恋人にせがまれると、練習を放って遊びに行ってしまうのですが、それでもト老師は不機嫌ながらも内心嬉しそうでした。

 当時、ト老師のご自宅の前でト氏八卦掌の伝授を許されていたのは、私と元軍人の小路の2人だけでしたが、小路は云龍(ユン ロン)には見向きもせず、ひたむきにト老師よりご指導頂いた内容を黙々と練習していました。

 私は心の中で(小路はそんなに頑固にト老師に拘らなくても、ト老師が現役だった頃を知っている云龍から学べる事も沢山あるだろうに)と思いましたが、言うのは止めておきました。きっと彼の性格から考えて、聞き入れはしないだろうと思ったからです。

 云龍はト老師と180度性格が違いました。

 「爺ちゃんは牛だ!牛のような体力で黙々と練習していくんだ。俺は違う、俺は猿だ、猿のような賢さで布団の中で練習するんだよ!」と云龍は言いました。

 「はぁ?なんで布団の中なの?」と私が聞き返すと、「俺、夜遊び好きだろ、だからさぁ、早起きするの苦手なんだよ。でも朝布団の中で寝ぼけながら動きのイメージ・トレーニングするんだ。へへっ、それでも俺の動きは上達するんだからな、人にはそれぞれ合った練習方法があるんだよ!」

 (おおおっ!なんだか良くわからんが、説得力がある!)と、私は思いました。それほど云龍の動きは秀でていて、人を魅了する輝きがあったからです。

ト云龍

 私が数ヶ月間苦戦をして、もう諦めようと思っていたト氏八卦鉞(ユエ)を云龍に見てもらうと、「ガーッ、お前ダサすぎ、ヤバイよその動き、素麺かよ!」と言って私の鉞(ユエ)を奪うと、彼は華麗に舞い始めました。  云龍が動くと、周囲の空気が変わります。公園でも駐車場でも、彼がひとたび動き始めると、人目を引きました。  (ななっ、なんだか凄っく楽しそうだぁ~!いいなぁ~、あんな風に動きたいなぁ~)と、私は子供のようにはしゃいで、「ねぇねぇ、どうやったらそんなにクルクル回せるの、基本功教えて!」と言って、双兵器(武器)の基本である“舞花”という腕と体の使い方を教えて貰いました。  ト老師もご自身の練功をされながら、時々云龍の様子を見て嬉しそうにしておられました。  私が鉞(ユエ)を持ち替えて、基本功なる“舞花”でグルグルと絡まっていると、云龍は「いいか、おまえ太極拳やってるってゆーのに、全然ファンソン出来てないじゃんか、腰とか肩とか、とにかく全身緩んで協調してなきゃ、スムーズに回んねんだよ!」

双兵器(武器)舞花の練習 (ニャンですと!)

「えー、そうなの?だって云龍は私の事いつも素麺って言うじゃん、なのに何で私まだ緩んでないの?」

「アホだなぁ、緩んでるのと素麺ってのは、意味が違げーよ」

(ほえ~)

 なんだか、云龍と練習をしていると、ゴリゴリに固まっていた私の脳みそが、ユルユルと緩んで血の巡りが良くなっていくような気がしました。

 「お前さぁ、たぶん太極拳はそこそこ上手かもしんないけど、なんで爺ちゃんの八卦掌が上達しないかわかる?」

 「えっ?ハッキリはわかんないけど、私、ト老師の八卦掌は子供の頃から筋肉とか運動神経とか、そういうの鍛えてないと出来ないって思ってた」

 「あたり。おまえ基礎の筋力つける事とか、専門のパーツ分けした動きのトレーニングとかやんなくて、套路ばっかやってるから、ちっとも上達しないんだよ」

 「だって私、子供の頃から武術やってきた訳じゃないし・・・」

 「今からでも遅くないじゃん」

 「無理だよ、私、もう31歳だもん」

 「大丈夫じゃん、おまえ童顔で23歳くらいにしか見えねーし」

 「そういう問題なの?」

 「さ~な、やって出来なかったら、そん時に考えればいーじゃん」

 「はぁ」

 私達の会話を聞いて、生真面目な小路の不快指数がジリジリと上がっているのは解っていましたが、私も上達したくて必死だったので、気にしないで云龍と練習メニューについて再検討してみました。

 云龍いわく、私の動きには無駄な“振り”(陳式太極拳で言う“脱節之病”)があるそうで、まずその誤差を徹底的に減らす為に『弓歩冲拳』を一日中やらされました。

 それから、跳躍の高さを出す為の『全力スキップ』やら、蹴りの正確さを培う為の『前面&側面踢腿』やら、壁に手をつけて脚を後ろに跳ね上げる『海老反り』やら、腰を基点に両腕を高速で旋回させる『旋転動作』やら、体内のリズム感を協調させる為の『表現力』やら、何やらかんやら・・・

 しかし、特訓は毎日ではありませんでした。これまた云龍いわく、「3日真剣に練習したら、2日真剣に遊べ!」だそうです。

 そんなこと言われても、ト文徳老師が怖いので、私は遊びませんでしたが、云龍は遊びに出かけていました。

 頑なに練習を続ける私を見て、云龍は「おまえはビョーキか?武術しかやること無いのか?おまえ、ある日イケメンに会ったら、“弓歩について熱く語りませんか?”とか言う気か?」と、からかわれましたが、遊びになんか出かけたらト老師がもの凄く機嫌が悪くなるので、怖くて抜け出せませんでした。

 ある日、云龍は「良いこと考えついちゃったもんね」とニヤニヤしながら私に耳打ちをしました。「今日は体能(走り込みとかスクワットとかの特訓)をやるから、公園に行く!と爺ちゃんに言う、俺が真面目な顔してウォーミング・アップするから、俺が走り出したら、おまえも一緒に走ってついて来い。今日は俺の彼女と友達が公園に来てるから、お前に遊び方を教えてやる!」

 (ええぇ~)

 なんだか、いかがわしい遊びでもするのかと心配になりましたが、言われたとおり公園に走って行くと、云龍は待っていた恋人や仲間達と合流し、子供用の塗り絵広場やら、おじさんが配っている風船やら、色々な工夫をされた運動器具やらで楽しそうに遊びはじめました。

 そうやって、はしゃいでいる時、云龍はいつも“ふっと”絶対に満たされないような寂しい眼をするのです。

 詳しい理由は書けませんが、一番両親に甘えたい時期にト老師に預けられ、武術漬けの幼少時代を過ごした彼は、心のどこかに深い孤独を抱えていました。練習の合間、私と云龍は2人で冗談みたいに「私はお父さんを探してるんだ」「俺はお母さんを探してるんだ」「どこ探したって、もういる訳ないのにね」と、本気だか冗談だか解らない様な話をした事があります。言った瞬間(何でこんなこと普通に喋れるんだろう)と思いました。

 私は「云龍がト老師の後継者になったらいいのに」と、何度か彼に言いましたが、返ってくる言葉はいつも同じでした。「武術をやって何になる?爺ちゃんは、あんなに達人なのに貧乏だ。武館の一つだって建てれやしない!俺はどうやって家族にメシを食わせていくんだ!」

 やんちゃな彼でも、恋人との将来の生活を考えていたのです。

 私は云龍にたくさんの事を教えて貰いました。そして、たくさん笑わせて貰いました。強い両極の感情を持ち合わせ、それを剥き出しにしている彼に、自分と同じ匂いを感じていたかもしれません。

 そして彼が私に与えてくれた、とっておきのキメ技。

ト氏八卦鉞(ユエ)横山春光

 心の奥の孤独は、自分自身でしか解決できないかもしれません。でもいつも真っ直ぐで、がむしゃらな云龍の『キメ技』は、私の心にパワーをくれました。

つづく

ニーハオ、北京!

一度目の帰国

再び北京へ

二度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

三度目の帰国

太極拳発祥の地 -河南省-

八卦掌への道

八度目の帰国

八卦掌への道(中盤)

ページのトップへ戻る