日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌と太極拳の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

私の学んだ八卦掌と太極拳(会長 横山春光)

程派八卦掌

八卦掌の開祖董海川祖師の銅像の前で(横山春光)

 今から約200年前、中国河北省において董海川(とう かいせん)祖師が太極拳と同じ内家拳である八卦掌を創始しました。

 私が中国へ留学し太極拳を学んでいる頃、縁あって当時90歳になられる中華武林百傑の卜文德(ぼく ぶんとく)老師に八卦掌を2年間学ぶ機会がありました。卜文德老師の八卦掌はト氏八卦掌と呼ばれ、その風格は少林門の力強い動きに、八卦掌独特の高速回転が含まれ、そして太極拳とは異なるしなやかな身法がありました。私はこの八卦掌にすっかり魅了され、是非とも正統な八卦掌を学びたいという思いから、多くの資料を集め、八卦掌を学べる武館や、指導を行っている老師はいないかと知人に尋ね、実際に数人の老師の元へ赴き教えを請い、そして最後に程派八卦掌にたどり着きました。

 程派八卦掌とは、董海川祖師の得意弟子であった八卦掌第二代継承者である程廷華(ていていか)太師の伝えた八卦掌を指し、その風格は地上に舞い降りた龍の如く雄大で美しく、言葉では表現することのできない森羅万象の神聖さを帯びていました。

 千変万化する八卦掌の螺旋の動き、それは当時太極拳を5年間学んでいた私には大変魅力的な動きでした。

 また女性特有のしなやかな体の動きに適していることも大きな可能性を感じる一つであり、特に探し集めた映像資料の中にあった麻林城(まりんじょう)老師(本会名誉会長)の演武は、当時毎日毎晩のように何度も繰り返し見入ってしまうほどの感動を覚えるものでした。

八卦掌第五代継承者 麻林城老師

 しかし、当時の麻林城老師は非常に保守的で、多くの情報を公開していなかった為、インターネットを通じ連絡先を探してもまったく情報が得られず、また手元にあった資料の出版社に尋ねても連絡先がわからなかったことから、「この老師に教えを請うことはできないかもしれない」と諦めかけていた頃、ようやく中国人の武術仲間から麻林城老師の生徒だという人の連絡先がわかったという情報が入りました。

 私は早速その生徒に電話を掛け、麻林城老師は何処にいらっしゃるのかと尋ねた所、北京の郊外にある武館で中国中央テレビ局の《武林大会》という番組に依頼を受け出場選手の訓練にあたっているということを教えてもらったので、直接お会いして話だけでも聞いていただけないかと懇願しました。

 なんとか麻林城老師にお会いできる機会を得た私は、当時住んでいた太極拳の発祥地である河南省から北京へ向かう寝台列車の切符を買い、翌々日には北京郊外の武館を探し、麻林城老師との初対面を果たすことができました。

 麻林城老師は、お忙しい中突然訪れた私のような外国人にも礼を尽くしてくださり、邪魔にせず穏やかに対応してくれましたが、しかしその時は教えを請うことはできませんでした。

 麻林城老師は私に向かって、「日を改めて来るように」と言ってくださり、また訓練に戻って行かれました。

 河南省へ戻った私は、本当に麻林城老師の八卦掌を学ぶ心の準備が出来ているのか、何度も何度も自分に問いかけました。

 麻林城老師はは武館を開いておらず、八卦掌を学ぶには大部分の時間、自分一人だけで練功に取り組まなければなりません。それがどれだけ孤独で耐え続けることが難しいか、3年間の留学生活で痛いほどわかっていた私は容易には決心がつかず、半年間考えた末、「やはりどうしても諦められない、どうしても麻林城老師の八卦掌を学びたい!」と決意し、一切合切の準備を整えて再び北京にいらっしゃる麻林城老師の元へ向かいました。

 半年後訪れた私を、麻林城老師は厳格な面持ちで迎えてくださいました。私の為に一週間という時間を与えてくださり、氷点下の12月の空の下、ご自宅近くの公園で初めて八卦掌を指導を受けることができました。

 私はそれまで、「短い留学期間で如何に多くのことを学ぶか」ということに囚われて、焦りと疲労から思うように練功を進めることができなかったのですが、その日、麻林城老師の指導法の“系統性”と“科学性”、そして“拳理”の奥深さに触れ、正に開眼の衝撃に打たれました。

華麗な動きで千変万化する八卦掌(横山春光)

 華麗な動きで千変万化する八卦掌は、映像を見るだけではその動きの一部分ですら把握することはできません。しかし正しい練功方法で基礎からしっかりと学んでゆけば、一見難しそうに見える動きでも一つずつ体が順応してゆき、自然に動けるようになります。八卦掌 練習風景(横山春光)そして、そのしなやかな八卦掌の螺旋の動きは、足腰を鍛えるだけではなく、全身の経絡の流れを促し、潜在的な能力を目覚めさせ、自然の運動法則と一体となり、その特殊な練功方法は高度な精神修養でもあると言えます。

 疲労と消耗にしかならない闇雲の運動ではなく、「心身を養う練功」を積むことができるのです。

 以前の私は、長時間立ち仕事をしていたり、長い距離を歩いたりすると貧血気味になる体質だったのですが、八卦掌独特の歩法の練功では、2時間以上歩き続けていても殆ど疲労を感じることは無く、心(精神)を集中(入静)しながら、恵み豊かな自然の力を感じることができます。

北京・董海川祖師のお墓参り(横山春光)

 中国伝統武術界は、代々伝えられてきた厳格な礼節やしきたりがあり、そして独特の『口伝』『体伝』『心伝』『神伝』を用い、師と弟子との一子相伝の真剣な伝授法をとる厳しい世界ですが、その厳しいしきたりの中で、私はたくさんの大切なことを学びました。

 厳しさの中には、師に対しての敬いや、仲間に対しての思いやりの心があります。そして生命を慈しみ、人生に勇敢に立ち向かって行く意義を学ぶことができます。

 現代に生まれた一人の女性として、なぜ中国伝統武術を学ぶのかと問われたら、私は「それは、中国伝統武術とは、中国の偉大な先人達の遺した精神と身体の高度な鍛錬方法であり、天地と共に生きる秘訣であるから」と答えます。

 それが私の学んだ伝統八卦掌です。

陳式太極拳

太極拳発祥の地・中国河南省温県陳家溝(横山春光)

 太極拳発祥の地、中国河南省温県陳家溝。ここから全ての太極拳の源流である陳式太極拳が生まれました。

 小さな農村ですが、子供からお年寄りまで、たくさんの人達が太極拳を鍛錬しています。また各家ごとによって独自の伝え方をしているといわれており、各家ごとに少しずつその風格が異なります。

 私が学んだのがこの陳式太極拳です。その風格は一般的に普及している太極拳とは大きく異なり、太極拳の特長的なゆっくりとした柔らかな動きだけではなく、爆発的な発勁や、脚で強く地面を打ちつける(震脚)動作があります。

太極拳発祥の地・中国河南省温県陳家溝(横山春光)

 仕事のストレスで体調を壊していた頃に太極拳を学び始めた私は、「そんなに激しい動きは自分には合わないのではないか・・・」、と不安に感じた時期もありましたが、雄大な黄河のほとりで生まれた陳式太極拳の心身のリラックス法と、独自の螺旋運動によって全身のバランスを協調してゆく動きは、練功を行っていると非常に心地良く、体質も2年ほどで大きく改善され、数年後には虚弱体質だった子供の頃よりも活力の有る毎日を過ごせるようになってゆきました。

 深い放松(リラックス状態)で『入静』という状態を保ち練功を行うことから「動く禅」とも呼ばれる太極拳ですが、練功を行っていく中で、少しずつその本質を体得していく事ができます。

 また練功中だけではなく、普段の生活の中にある、緊張と弛緩、運動と休息、開と合、息を吸い、そして吐く、といった動きの中からも陰陽のバランスを整え、中庸の道を志すことで、自然本来の生命力を感じていくことができます。

 「自然の本質そのものと一体となる」=「天人合一」、それが太極拳を含む中国伝統思想が目指す最高境地です。

 この太極拳もいくつかの流派に分かれ、現代では陳式、楊式、呉式、武式、孫式と代表的な五派があります。

 その全ての流派の源流である『陳式太極拳』の発祥の地・陳家溝の村には、太極拳の創始者である陳王廷(ちん おうてい)祖師を奉った記念館があります。

太極拳の開祖陳王廷(ちん おうてい)祖師の銅像の前で(横山春光)

 館内には沢山の貴重な資料や画が展示しており、毎日のように中国各地、また海外から多くの太極拳愛好者達が太極拳のルーツをたどり訪れています。

陳式太極拳発祥の地・陳家溝にて(横山春光)  私が留学し太極拳を学んだのは、この陳家溝が生んだ陳式太極拳四天王の一人である陳正雷老師の開いた、中国河南省鄭州市にある『陳家溝太極拳館』です。

太極拳発祥の地・中国河南省温県陳家溝(横山春光)

 ここで、一般の太極拳愛好者から、専門に太極拳教練になる為の訓練を行う若者たち、また海外から太極拳を学びに来る外国人など、たくさんの拳友たちと共に学ぶ機会に恵まれ、そして多くの教練の指導法を体験したことから、私の太極拳人生は大変豊かなものになり、また太極拳の将来に向かっての可能性を知ることができました。

 しかし素晴らしい太極拳の学びの初期には、数え切れないほどの困難もありました。

 懐かしく思い出せるのは、学習初期の頃、何故か時々体のあちこちが痛くなることがありました。筋肉痛の痛みとは少し違いそれほど辛くはなかったのですが、これは長年の運動不足や体調不良により鈍くなってしまった経絡の滞り(未病)が刺激され、それによって生まれた痛みだったそうです。最初はびっくりしたのですが練功を続けていくうちに痛みは徐々に軽くなっていき、それと共に太極拳の心地よさを感じられるようになっていきました。

 中医学には「痛則不通、通則不痛」(気が滞れば痛み、通れば痛まず)という言葉があります。この「痛い」という感覚は体からのサインであり、そのサインを自分がどう受け取るか?というのが大切になります。疲労しているのに体の症状を無視して仕事を続けていれば、いつしか痛みは麻痺して私達にサインを送らなくなってしまいます。無理をして仕事をしていた頃の私の状態がそうでした。仕事のプレッシャーから、食べなくても寝なくても寒くても暑くても、何も感じなくなっていたのです。

 太極拳を学び始めてからは、普段の生活でもだんだん呼吸が整ってきて、長い時間緊張をしていても以前のように眩暈がするようなことはなくなりました。肌の血色もよくなり、外出するときもノーメイクで日焼け止めも塗らずに過ごせています。自分では気づかなかったのですが身長が2センチ近くも伸びていたようで、久しぶりに友人に会うと「本当に変わったね、後姿が別人みたい」と言われます。

 約300年前に中国河南省陳家溝で生まれた太極拳の理と実践法が、現代社会でも十分に活かせるのです。それが私の学んだ太極拳です。

公式ブログ

日本中国伝統功夫研究会のスタッフが運営するブログです!

教室(クラス)のご案内

日本中国伝統功夫研究会が主催する八卦掌・太極拳教室のご案内です!

資料

中国伝統武術「八卦掌」「太極拳」の学習に役立つ資料

ページのトップへ戻る