PTSD症状から求めた「天人合一」という境地

北京での混元太極拳の修業(横山春光)

 2004年11月。

 「如果你愿意,下星期六,你到公園咱们一块練功吧」
 (もしあなたがよければ、土曜日に公園に来なさい。私の仲間達と一緒に練習をしましょう)

 いつもの様に、『北京・志強武館』で2時間の授業を終え、帰り支度のため靴を履き替えている時、陳項老師は中国語があまり分からない私に、簡単な言葉でゆっくりと話しかけてくださいました。

 (公園? なんだろう? どうやって行くのだろう?)

 極度の方向音痴な私は、陳項老師のご好意に喜ぶべき瞬間に、どうやって公園に辿り着けるだろうか?ということが心配になっていました。

 それから数分間、陳項老師が伝えてくださる公園への行き方や、待ち合わせの時間や、緊急連絡のための陳項老師の電話番号をノートに控えているうちに、だんだん嬉しさが込み上げてきて、やっと「老師、我想去! 謝謝!」(先生、私はとても行きたいです。ありがとうございます)という言葉が出てきました。

 (陳項老師のプライベートな練習会へ参加できるなんて、なんて光栄な事なんだろう! やっとここを出て外へ出かけられる!)

と、踊りだしそうな胸の高鳴りを押さえ、約束の土曜日までの数日間、狭い旅館の中をウロウロ、ウロウロ、まるで動物園の檻の中の熊さんの様に過ごしました。

 当日、最寄の地下鉄の出口に早々に到着した私は、とても緊張して、辺りをきょろきょろ見渡していました。

 しばらくすると、公園を囲む柵沿いに、陳項老師とお弟子さんのアメリカ人(マイケルさんという方)が歩いてこられるのが見えました。

 私はまだ中国語がそんなに聞き取れなかったので、お二人が何をお話しているのかは解からなかったのですが、陳項老師とマイケルさんと一緒に公園の中をゆっくり歩いていると、それだけで緊張がほぐれ、楽しくて嬉しくて、自然と顔がニコニコしてきました。

 辿り着いた練習場所は、木立の中の平地で、明らかに普通の場所とは雰囲気が違うような気がしました。
(中国の公園内には、どこも幾つかの練功スポットがあります。毎日ほうきで落ち葉やチリを掃いている練功者もいらっしゃり、聖域のような清とした空気が漂っています)

 その日から、私は毎週土曜日に陳項老師と数人の仲間の皆さんと一緒に、公園で混元太極拳の練習を行うようになりました。

 公園にいる時の陳項老師は、武館にいる時よりほんの少しリラックスしているように見えました。土を踏んで、たくさんの木と共に呼吸をするのが気持ちよいのだと思いました。

 すっかり公園での練習が気に入ってしまった私は、毎回練習に来ているマイケルさんの中国語も、気分が良いせいか少しずつ聞き取れるようになり、スランプもいつの間にか忘れかけていました。

 そして、その日、陳項老師は太極刀を持ってきておられました。

 マイケルさんと短く言葉を交わした後、陳項老師は少し広い場所に移動され、いつものように静かに「降気洗臓功」を行った後、陳式心意混元太極刀の套路を始められました。

 私は、ただ何気なく見ていました。

 短く刈られた頭で、飾らない服装で、いつも笑みを湛えていて、深い声を持つ陳項老師が太極刀を空気に滑らせていくのを、私は、ただ見ていました。

 そして、その時、背景が消えました。その境地が私の目の前に突然現れたのです。

 見えているのに見えない、聞こえているのに聞こえない、動いているのに動いていない、そこにあるのに、ない。

 それは、私がずっとずっと先に、いつか中国で体験するのだろう、と思っていた「天人合一」の境地でした。

 私は、ただ、ただ、「ああ」という声にならない音を漏らしながら、自分のそれまでの人生の中でおそらく一番美しかった涙を流し、歓喜のように笑いました。

 完全に自然と一体となっている「生命」が、そこに体現者として現れたのです。

 不思議に、3年前の崖っぷちの自分に訪れた、ある境地とどこか似ているような気がしました。

 当時私は、東京でweb関係の仕事をしていました。

 そして、一人暮らしの小さなアパートで、毎晩のように不眠症と不安に苦しんでいました。

 原因はずっと後になって分かったのですが、幼児期の体験からくるPTSD症状だったそうです。

 母子家庭だった私は、母親が毎晩仕事で家にいないので、3歳の頃から1歳の弟の世話をしていたそうです。

 毎晩、弟を寝かしつけたら一人ぼっちです。

 母親は、今夜は帰ってこないかもしれない。

 私の心の中には、ずっとこの不安がありました。

 帰ってこなかったら、私と弟は生きて行かれないかもしれない。

 漠然と毎晩そう思っていました。

 様子を見に来てくれる親戚も、大人もいませんでした。

 泣きたくても、不安でも、どうすることもできない。

 誰も助けに来てくれない。

 深夜を過ぎて絶望する頃に、母親はお酒に酔って帰ってきて、私が寝ていないのを見て怒鳴っていました。

 弟を守らなければいけない、大人は誰も助けてくれない。

 本来なら愛情を受けて育つ時期に、私は責任と不信という感情を学びました。

 それでも死なずに生きていた25歳のあの頃、心の闇と向き合い、苦しみ抜いて少しずつ自分を放棄して行った日々、その時に知った何かにつながる音、安心できる世界、そしてそれを証明するために学び始めた太極拳。

 日本から遠く離れた中国北京の小さな公園で、私はまたあの小さな部屋で見つけた境地を発見したような気がしました。

 私には、それだけで十分でした。温かい、豊かな世界が、ある。

 太極拳を学び続けていれば、きっともっと高い境地に至れる。

 そして痺れる様な感動を全身で受け取りながら、ふと感じたのです。

 「この動きは何だろう? 太極拳とは少し違うような気がする」

 その時は、それが何なのか分かりませんでした。

 空中を滑るような刀、水中を泳ぐ魚のような滑らかな身法、温かい空間に包まれた法則と自由の躍動。

 ずっと後に知ったのは、それは陳項老師が習得していた八卦掌の動きの片鱗だったのです。

つづく

★日本中国伝統功夫研究会『公式サイト』はこちら

★日本中国伝統功夫研究会 会長『横山春光のプロフィール』はこちら