プロローグ『未知の土地、中国大陸へ』

忘れもしない2004年9月20日午後3時、成田空港から北京空港へ向かう飛行機は予定より1時間遅れで飛び立ちました。

生まれて初めての単独出国、それも中国、さらには太極拳を学ぶ為の長期留学・・・、本当なら不安で一杯のはずなのですが、私の胸はむしろ期待と希望で一杯でした。

18歳で実家の宮崎県からカバン一つで上京、当時志していた音楽活動の夢だけを抱え、無限の可能性を湛えているかのような東京の街へ飛び込んだあの日から10年、理想と現実、挫折と逃避、妥協と葛藤、絶望と希望、夢を描いて上京した若者の誰もが経験する人生の第一試練を経験した後、私は生まれて初めて感じた大いなる確信と共に、中国大陸に飛び込みました。

と、志はいつも立派な私ですが、肝心の準備や計画性がいつもままなりません。

「もうやると決めたのだから、それは何があったってやるのだから、下調べをして問題が出てきたって、どうせ決心は変わらないのだから」

「だから下調べなんてしない」

↓「そんな時間があったらこれから訪れる未知の感動に心を弾ませていたい」

という、18歳で上京して大挫折した教訓をまったく学習していない無鉄砲な気性のまま、飛行機に乗り込んでいたのです。

かろうじて準備していたものは、

1、出発前の一ヶ月間で必死に頭に詰め込んだ中国語
2、携帯用の日中辞書
3、首から提げたお手製のミニノート
(ありったけの必要そうな中国語と、思いつく限りの緊急連絡先を記入)

あとは着替えやら、中国の先生方へのお土産やら、日本の知人に頂いた鮎の真空パック(非常食)やらです。

当時、まだスマホはありません。中国国内に入ったら、通じるのは公衆電話から国際電話カードを使ってかける通話だけです。

当然、Google mapもある訳ないので、もう何を考えても無駄な時代でした。

出発前日まで「ポカン」としたまま、これからやろうとしている一大事に実感が湧かなかった私は、心のどこかで感じている強い確信と、何だかもうちょっとちゃんと準備するべきだったかなぁ、という反省を感じ、まな板の上の鯉のような気分で機内での3時間を過ごしました。

-後日談-
私は高所恐怖症で飛行機は大の苦手だったのですが、後から思い出すとこの日はまったく恐怖を感じていませんでした。

つづく

★日本中国伝統功夫研究会『公式サイト』はこちら

★日本中国伝統功夫研究会 会長『横山春光のプロフィール』はこちら