『北京・志強武館』陳項老師の太極拳

 2004年10月、西日の差す武館の入り口から陳項(チェン・シィアン)老師がゆっくりと歩きながら入ってくるのを見た時、私は何故かその場から逃げ出したい、と感じました。

 熊のような歩き方・・・、(なんだか怖そう)

 坊主頭・・・、(なんだか怖そう)

 ビートたけしさんの様な風貌・・・、(なんだか怖そう)

 後ろにいる二人の強面の男の人達・・・、(明らかに怖そう)

 とにかく理由はわからないのですが、怖そうなのです。

 怖い怖いと思っているものだから、陳項老師が私に向かって片手を挙げて「ニーハオ! ニーハオ!」と声をかけて下さった時、「老師、您好、初次見面!(先生、はじめまして!)」と挨拶をするつもりが、「あああ、ど、どうも、あの」と情けない日本語の挨拶をしてしまいました。

 「好、好」(よろしい、よろしい)

 と簡単に挨拶をして下さった陳項老師に見つめられて、どうしてよいのかわからず、もじもじと立っていると、事務所の職員のおばさんが意気揚々と武館へ飛び込んできて、「横山さん、陳項老師は素晴らしい老師だから、ぜひあなたの太極拳の練習を見てもらいなさい!」と熱烈にアピールをしてくれました。

(と、と、と、とんでもない)と思った私は、「できません、できません」と体をバタバタさせて狼狽していると、陳項老師は「咱们一块練」(みんなで一緒に練習しましょう)と仰って、お連れの男性二人と私をご自身の後ろに立つように指示しました。

 陳項老師は、数回ほど“降気洗臓功”を行うと、静かに動かなくなりました。

 あまりにも長い時間動かれないので、どうなさったのかと思い陳項老師の背中を見つめると、ふと体から目に見えない静寂が放たれ、現実感を伴わない柔らかさとスピードで動き始めたのです。

 その後は、もう私は自分の体がまるで無くなったかのように、陳項老師の動きを追いかけました。

 柔らかく重く、そして途切れることのない円運動に、まるで催眠術にでもかけられたように吸い込まれた数分間の後、最後の金剛搗碓を終え、長い長い収功を行った陳項老師は静かに振り返り私を見ました。

 「あなたは、この24式の型はもう学び終えているんだね、では明日から48式を学びましょう」と私に語り掛けた陳項老師は、突然「ははははは」と大きな声で笑ったかと思うと、お連れの男性二人を連れて、武館を出て行かれました。

 陳項老師の常人を超えた人格もさることながら、僅かの時間我を忘れさせられた体験に、(何だったのだろうか、さっきの時間と空間は?)と思い返してみると、陳項老師が「この24式はもう学び終えているんだね」と仰ったことを思い出し、(え! あれが私が最初に学んで今まで2年間練習してきた混元太極拳24式だったのか!?)と愕然としました。

 まったく別の型だと感じたのです。というよりも、ついさっき陳項老師と一緒に動いたはずなのに、何一つ型が記憶に残っていないのです。型ではなく何か別の理由から生まれてきているよな動き。それは人それぞれ
武館への通り道 の風格の違い、といったものではなく、根本的な何かが違うような気がしました。

「あれは一体何だったのだろう?」「陳項老師は一体何を行っていたのだろう?」私は静かな興奮を覚え、そして呆然としたまま旅館へ戻ったのです。

-後日談-
 後に、私が人生を通じて追求したいと決心した八卦掌との最初の出会いが、この陳項老師の不思議な動きの中に見たものでした。
 太極拳に八卦掌や形意拳などの独特の身法や歩法を加えた陳項老師の混元太極拳は、型を超え、天地の気の流れと一体となり、当時の私にはその一部分ですら容易に学べるものではありませんでしたが、中国太極拳留学の初期に、このような高度な境地に至った素晴らしい太極拳家に出会い、数ヶ月間教えを受けることが出来た体験は、後の私の学びにおいて確固たる指針となったのです。

つづく

★日本中国伝統功夫研究会『公式サイト』はこちら

★日本中国伝統功夫研究会 会長『横山春光のプロフィール』はこちら