日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

五禽戯(ごきんぎ)の創始者 神医「華佗」(かだ)の紹介

五禽戯の創始者 	神医「華佗」(かだ)の紹介

 華佗(かだ)(西暦紀元145-208年)

 字(あざな)を元化(げんか)といい、中国安徽省亳州市に生まれる。中国後漢時代(三国初期)の有名な医薬学家で、内科、外科、婦人科、小児科、針灸科などに精通していました。

 当時、中国は到るところで戦場と化しており、また洪水や干ばつ、疫病に見舞われ、多くの人々が苦しい日々を過ごしていました。

 その光景に心を痛めた華佗は、地位を求めず各地を駆け回り病人の治療にあたっていました。名誉を得ようとせず、全精力を漢方薬の研究と医学の向上に注いでいた華佗は、その人柄と卓越した医術から「神医」とも称されていました。

 また華佗は高度な外科手術の技術を持っており、特に外科手術おいて初めて"麻沸散"という薬を用い全身麻酔の外科手術を行ったことから、「外科医学の鼻祖」と称されています。

 幼い頃より熱心に勉強し、後に医学と養生学をよく学んだ華佗は、各地を巡り有名な医師を訪問しその医術を学び、また民間の治療法なども収集し、豊かな経験と知識を修めていました。  岐黄と数経に精通し、先人より導引吐納術と養生思想を学び、これを深く研究し、全面的に導引の特徴と作用をまとめ、中医理論の『黄帝内径』 の陰陽五行説によって人体の臓腑、経絡、血気の活動規則を結び付け、多様で異なっている動物の活動の姿と習慣を観察し、虎(猛)、鹿(敏)、熊(穏)、猿(智)、鳥(和)の内在する性格の特徴を元に、"五禽戯"の養生法を創造しました。

 華佗の性格は大らかで気骨があり、名利や朝廷の力に屈せず、一人の民間の医師として、自らの医学の知識と技術を費やして、多くの人々の病と苦悩を癒していました。さらに当時の記録によると、華佗は五十歳近くになるのに、その容貌は青年のようであったと記されています。

 晩年、華佗は三国志で有名な曹操に強制的に召喚され、朝廷専属の医師として働いていました。当時曹操は「頭風」という病に犯されており、慢性的な頭痛に悩まされていました。華佗は曹操に外科手術を勧めましたが、疑心の強かった曹操はその言葉を信じず、暗殺を企てていると疑ったため、怒った華佗は実家へ帰り朝廷に帰ることを拒絶したため、曹操に捕らえられ、無念の中、獄中で最期をむかえました。

資料

当会会員用学習資料

ページのトップへ戻る