日本橋天丼 金子屋 吉祥寺店の穴子天丼

金子屋吉祥寺店「穴子丼」

天丼が食べたいときがある

「日本橋天丼 金子屋 吉祥寺店」は、2014年に吉祥寺通り沿いの東急百貨店近くにオープンして以来、コロナ禍を乗り越えて現在も吉祥寺で不動の人気を誇る天丼専門店です。オープン当初は2階だけでしたが、2017年には1階に「天ぷらめし」もオープン(現在はお休み中)、昼どきには店頭でお弁当やテイクアウトの見本が積まれており、昼食のお店を探して彷徨う通行人の空腹に強く訴えてきます。

金子屋さんはピーク時には行列ができるので、空腹時に天丼が食べたくてたまらなくて並んでいるのに、待ちきれずに列を離れなければならないときには、断腸の思いで「いったい何の修行だろう」と思ってしまいますが、デスクワークで脳が疲れていると感じるとき、練習が終わった後にガッツリ食べたいときなど、どうしても天丼(天ぷらではなく、天丼)が食べたくなる時には混雑具合を想定したうえで覚悟して並ぶのがお勧めです。

メニューは「天丼」が松竹梅の3種類のみの潔さ。かき揚げ丼すらありません。
上の写真は、やや奮発して「松(穴子)」を注文したものですが、穴子の天ぷらだけでも豪華なのに海老や半熟卵もちゃんと入っています。テイクアウトでは衛生上の理由から半熟卵の天ぷらが入っていないので、やはり並んででもフルスペックの天丼を食べたいところです。

どんぶりの直径の2倍はあろうかという大きな穴子天はサクサクふわふわ。おそらくここでしか食べられない半熟卵の天ぷら。海老天2本が脇役という豪華さはもちろん、ベタつかないご飯に天丼のたれも適度な甘さで、疲れた脳に破壊的な多幸感をもたらしてくれます。サラリーマンだけでなく、おそらく近所の年配の方、部活帰りの高校生、家族連れで賑わうのには理由があるのでしょう。

なお、テーブルの「がりごぼう」も秘かなお勧めで、黒七味?の「醍醐味」は振りかけた方が香りが引き立ちます。そして食後は混雑していなければ、お茶を飲みながら余韻に浸って贅沢な気分を満喫できます。

天丼は高級なイメージがありますが(確かに穴子天丼はランチや練習後としては若干予算オーバー感はある)、隠れ家的な店内で注文から完食まで天丼のことで頭がいっぱいになるこの満足感は、「吉祥寺で天丼が食べたいな」と思った時は並んででも食べる価値のあるお店だと思います。

ギャラリー

お店情報

店 名日本橋天丼 金子屋 吉祥寺店
ジャンル天丼 ※1階は「天ぷらめし」
所 在 地東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-17-2F(吉祥寺通り沿いの東急百貨店近く)
アクセス吉祥寺駅徒歩約5分
URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13173834/ ※食べログ

※記事の内容は執筆時のものです

この記事を書いた人

日本中国伝統功夫研究会代表。八卦掌・太極拳・五禽戯を指導しています。50代の企業法務マン。シニアの生き方としての「カンフーライフ」を模索している。

目次