日本中国伝統功夫研究会

私たちの会は八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を学ぶ会です

前へ
次へ

最新情報

2017/07/31
全クラスを閉講し、レンタルスタジオを利用した教室運営を終了しました。

当会について

  • 麻林城老師と横山春光

  •  当会は「日本中国伝統功夫研究会」といいます。中国伝統八卦掌 第五代 正統継承者(程派第四代)である麻林城名誉会長より、一子相伝の伝承を受けた横山春光が会長となり、2008年1月11日に発足しました。中国伝統八卦掌の鍛錬を通じ「天人合一」の境地を目指し、中国の伝統思想・文化・心身の鍛錬方法を日本に伝え、八卦掌の普及活動と後継者の育成を目的としています。

中国伝統武学 程派八卦掌

  • 程派八卦掌

  •  八卦掌は開祖である董海川祖師が清の時代に創始し、約200年の歴史があると伝えられています。その董海川祖師の得意弟子である程廷華の八卦掌の風格は(後に程派八卦掌と呼ばれる)地に舞い降りた龍の如く華麗で、繊細な身法と独特の歩法を備えていました。その独特の歩法から生まれる螺旋の動きは、経絡の流れ促し、内臓の機能を整え、より高度な精神状態を保つ効果があります。

学習資料

ページのトップへ戻る